楽島(たのしま)備忘録4

< 八千代バス >

バスに乗ったら乗ったで「与那覇節」炸裂。

ぼーっとさせてくれないチコちゃんでした。

s-20190505 #1_190422_0058.jpg

ゆっくり車窓からの景色を見る暇も無し。

笑いこけてばかりの宮古の案内人でした。

全国でも屈指のバスガイドさんでしょう。

明らかに年季が入っていましたね。

さて、ステーキの後のお口直しはここです。

 

< 来間大橋から来間島 >

s-0C0A3039.jpg

 

個人的にお勧めスポットをご紹介しますね。

それは来間大橋を渡る手前から始まります。

 

s-0C0A3037.jpg

 

太陽の光の加減で様々な色に変化する海。

橋の上から眺める海の色は言葉を失います。

ていうか、はっきり言葉は出て来ます。

「うわぁ!〜メチャきれい!」

 

s-0C0A3038.jpg

 

この大橋も車で渡ればあっという間。

レンタサイクルがおススメでしょうね。

その際には帽子が必須でしょう。

紫外線が半端ではありません。

 

s-0C0A3047.jpg

 

小さな島、来間島の展望スポットです。

大海原が一望できる観光客が少ない場所。

隠れスポットにしておきましょう。

 

s-0C0A3042.jpg

 

開通するまでは下の船着き場が島の玄関?

船やフェリーで行き来したのでしょう。

下に降りてこの島の海を写して見ました。

 

s-0C0A2733.jpg

 

浜に降りるとこんな感じ。

静かな島の波止場でした。

この静寂さが自分にはたまりません。

 

s-0C0A2701.jpg

 

便利さと引き換えに観光地の仲間入り。

レンタカーやバスの周遊コースですからね。

橋で島の暮らしも一変したのでしょう。

 

s-0C0A2711.jpg

 

対岸の右がさっき見た「前浜ビーチ」

正面の建物がっ!

あの「宮古島 東急ホテル&リゾーツ」

何せ呼び名も、リゾーツ

予算があるご夫婦や奮発する新婚旅行?

宮古を代表する老舗の高級リゾートホテル。

プライベートビーチを見てみたいですね。

 

s-0C0A2721.jpg

 

いつまでもぼんやり見ていたいこの眺め。

この島も期待を裏切らない綺麗な海でした。

観光の周遊コースに入るのが分かりますね。

(とまあ、晴れるとこんな感じです)

 

〜お客様っ!〜

ぼーっと見てないでバスに乗った乗った!

戻らないとあのチコちゃんに叱られます。

楽島(たのしま)備忘録3

< 前原ビーチ >

いきなり!ステーキ!かぁ〜?

最初に美味しいもん食ったら後がっ、、

旅の始まりにこの場所はないだろう!

ゲストをお連れするのに初日か最終日か。

行程を組むのにずいぶん迷いましたね。

 

s-IMG_2919.jpg

 

沖縄で一番美しいともいわれる前原ビーチ。

エメラルド色の海とパウダーサンドの浜辺。

これを見て何も反応がない方は不感症人生。

素足で海に出て行けない人も控えめな人生。

瞬時に声を上げて笑顔になって欲しい場所。

素直に「あぁ生きててよかった〜!・・・」

何度来てもときめきの人生を感じられます。

 

s-IMG_2922.jpg

 

向こうには海水浴やマリンレジャーの浜辺。

トライアスロン宮古島大会のスタート場所。

ビーチバレーの全国大会も開催されますね。

日焼け覚悟で存分楽しめる宮古の楽園です。

 

s-0C0A3181.jpg

 

s-0C0A3148.jpg

 

s-0C0A3217.jpg

 

s-0C0A3204-2.jpg

 

s-0C0A3169.jpg

 

s-0C0A3157.jpg

 

s-0C0A3158.jpg

 

s-0C0A3146-1.jpg

 

s-0C0A3204-1.jpg

 

波音にもとても癒される〜若返り浜〜

若い人には「映え」ポイントでしょうね。

(陽射したっぷりな日はこんな感じです)

 

s-0C0A3129.jpg

 

〜お客様っ!〜

s-20190505 #1_190422_0058.jpg

次は来間大橋を渡り来間島を目指しま〜す!

早や早や!バスに乗った!乗った!

楽島(たのしま)備忘録2

< 宮古空港 >

んみゃーち! 宮古島へ〜

離島へのしま旅で最初の高揚感は機内から。

美ら海と島が見えるところから始まります。

宮古島の空の玄関口は「宮古空港」へ着陸。

ゆっくり空港を写すことは無いでしょうね。

出迎えてくれるのは「まもる&まるこ」

地元の著名陶芸作家の「貝殻シーサー」

〜やっと宮古島に着きました!〜

自分にはがいちばんに実感しますね。

 

s-IMG_1330.jpg

 

s-IMG_1335.jpg

 

s-IMG_1326-1.jpg

 

s-IMG_1324.jpg

 

s-IMG_1293.jpg

 

s-IMG_1318.jpg

 

s-IMG_1321.jpg

 

s-0C0A3031.jpg

羽田から直線で1,800キロの空の旅。

全員元気で宮古空港に無事到着です。

(天気が良かったらこんな感じです)

楽島(たのしま)備忘録1

 

< 南の楽島(たのしま)備忘録1 >

s-IMG_2708.jpg

 

s-IMG_2714.jpg

 

s-IMG_2718.jpg

 

< 車内で良い子にお留守番 >

昨夜、特別休暇を終えて無事帰島しました。

今朝は愛おしくも無念が込み上げる車の中。

これだけは決して忘れてはいけない相方。

女性の方だとコンタクトかお顔の変身用品?

旅のお供の女房を車に置き去りにしました!

個人旅行では考えられないミスでしたね。

 

「予備のバッテリー3個・充電オーケー!」

「交換レンズ2本・オーケー!」

「予備のSDカード64GB・オーケー!」

「それでも専用充電器・オーケー!」

「レンズブラシ・クリーナー・オーケー!」

「旅のお守り袋・オーケー!」

「しじみにんにく「極み」・オーケー!」

「入れ歯安定剤・オーケー!」

ちょっと気合いが入り過ぎたよう。

財布と携帯電話だけが命の綱でしたね。

 

非武装の自分は観光先では只々「徘徊老人」

大事な旅に忘れるとはカメラマン失格です。

楽しみにされていた皆様申し訳ありません。

とはいっても何ら期待した人はいないはず。

それでも自分の気が収まらないので強引に、

訪れた場所を過去の画像で随時掲載します。

ライブ画像ではないですがお許しください。

お客様っ! 「あ〜!この場所だ!」と、

懐かしく思い出して戴ければ幸いですね。

 

< あの時のまま >

s-IMG_7826.jpg

引き返そうにももう戻れない「あの日の朝」

すべてこのカメラバッグに入っていました。

〜 備忘録 〜

備忘録とは、忘れたときの用意に、

用件などを書き留めておく帳面、メモ。

働き方改革を

< お知らせ >

この度の「働き方改革」推進のため、

少しの間投稿を休止させて戴きます。

帰島しましたらまた再開いたします。

どうか宜しくお願いします。

 

s-IMG_5621.jpg

定期健康診断

< 定期検査 >

今年も健康診断の季節がやって来ました。

車だったら一年点検のご案内でしょうか。

社内でもぽつぽつと抜けてクリニックへ。

異常が見つかれば真摯に受け止め直ぐ修理。

ぐるっと回って貰い異常が無いか点検です。

あまり気持ちの良い点検ではありませんが。

〜胃カメラorバリューム〜あなたはどっち。

s-IMG_7514.jpg

 

s-IMG_7522.jpg

 

s-IMG_7525.jpg

 

s-IMG_7525-1.jpg

 

s-IMG_7530.jpg

 

s-IMG_7532.jpg

 

s-IMG_7535.jpg

 

s-IMG_7538.jpg

 

s-IMG_7538-1.jpg

 

s-IMG_7539.jpg

どこも異常なし。

さあ、ぼちぼち「いかこい!」

片側交互通行

< 斐伊川ライブ映像 >

老朽化した橋の改修で当分は片側交互通行。

余りにも待ち時間が長いので車窓より撮影。

多少でもいらいらとした感情も収まります。

s-IMG_7623.jpg

こんなにまじまじと眺めるのは久し振り。

学生の頃は自転車で渡ったものです。

 

s-IMG_7621.jpg

それにしてもやけに待たされます。

「対向車がこへんにね〜」

何事にも辛抱とタイミングが大事ですね。

春の野

< のどけし春の朝 >

s-DSC_1411.jpg

のどけし春の野の朝。

それにしても何て長閑なんだろう。

田舎暮らしならではの心地よい春の体感。

今朝は失礼ながら携帯画像での投稿です。

長閑けしやと言う言葉しか浮かびません。

 

s-DSC_1412.jpg

〜ひばりの声高く鳴く野の春〜

本物が飛び入りで画面に写りこみました。

今週に入って暖かな日差しが続きますね。

飛行機雲

< 見上げる空に飛行機雲 >

s-IMG_5236.jpg

国際線の旅客機でしょうね。

見上げる夕空に一筋の飛行機雲。

夕焼けに旅情をそそられる光景でした。

 

s-IMG_5237.jpg

 

s-IMG_5238.jpg

四月も慌ただしく過ぎ今日で折り返し。

今週は会社の行事で忙しい一週間です。

改元に向かいまもなくカウントダウン。

また新しい一週間が始まりましたね。

夕暮れのヘビーメタル

< Heavy Metal >

s-IMG_6794.jpg

日常的に木の温もりで生業とする仕事柄、

こんな金属の質感に心が動く時があります。

それは木にはないメタリックな格好良さ。

電気が走ったような照り返しを捉えました。

今の若者が叫ぶ「カッケー!」でしょうか。

 

 < ヘビメタ白書をもう一度 >

s-IMG_6791.jpg

ヘビメタバンドをしていたぼくの青春時代。

スポットライトを浴び格好付けた自分の影

事もあろうかふさふさロン毛の長髪でした。

今は額縁を掲げる令和おじさんといい勝負。

あの時代にもう一度戻って見たいですね。