清水の舞台から

  • 2016.12.10 Saturday
  • 11:41

 

 

< 清水の舞台から >

三重塔を後にして根本堂からの眺め。

清水の舞台からは飛び降りる勇気はありません。

雨に煙る山々を記録。途中で名物「清水羊羹」

店番の可愛いおばあちゃん。お元気で何より。

嫁いで来てからぼくの歳までの営業生活でしょう。

お土産に買って帰りました。

 

s-IMG_9671.jpg

 

s-IMG_9681.jpg

 

s-IMG_9679.jpg

 

s-IMG_9685.jpg

 

s-IMG_9672.jpg

 

s-IMG_9695.jpg

 

s-IMG_9690.jpg

 

s-IMG_9687.jpg

 

 

 

 

赤い誘惑

  • 2016.12.09 Friday
  • 11:30

 

 

< 赤い誘惑 >

秋を惜しみながら初冬の清水公園散歩。

千四百年の歴史に浸りながら赤の誘惑。

建造物と紅葉をコラボしての撮影です。

根本堂、三重塔、蓮乗院、精進料理の宿。

 

s-IMG_9669.jpg

 

s-IMG_9670.jpg

 

s-IMG_9673.jpg

 

s-IMG_9674.jpg

 

s-IMG_9675.jpg

 

s-IMG_9684.jpg

 

s-IMG_9682.jpg

 

s-IMG_9688.jpg

 

s-IMG_9694.jpg

 

 

 

 

紅葉と青い池

  • 2016.12.08 Thursday
  • 10:33

 

 

< Blue Pond >

雨の清水寺はお参りの人影もまばら。

広い境内は静寂に包まれていました。

その中でもひと際パワーを感じた場所。

それは妙に青く映る小さな池。

背景に紅葉を配し神秘的な情景でした。

 

s-IMG_9664.jpg

 

s-IMG_9663.jpg

 

s-IMG_9668.jpg

 

s-IMG_9665.jpg

 

s-IMG_9666.jpg

 

 

「安来 清水寺」

用明天皇二年、尊隆上人によって開かれた。

当時この山は一滴の水も出なかったが、

一週間 祈願したところ水が湧出し、

しかもその水が雨期にも濁ることなく、

乾期にも枯れることなく常に清い水を湛えたところから清い水の出る寺、

「清水寺」と命名されたと伝えられる。

 

 

 

 

 

紅葉舞う清水寺参道

  • 2016.12.07 Wednesday
  • 10:07

 

 

< 紅葉舞う清水寺参道 >

雨に混じりひらひらと舞うもみじの落葉。

燃え尽き命を終えたもみじの葉が傘に。

透明のビニール傘を通して絵になる情景でした。

雨に濡れた石段が続くここはもみじ谷。

「明暗」をテーマに傘を差して撮影しました。

 

s-IMG_9651.jpg

 

s-IMG_9653.jpg

 

s-IMG_9652.jpg

 

s-IMG_9654.jpg

 

s-IMG_9656.jpg

 

s-IMG_9655.jpg

 

s-IMG_9658.jpg

 

s-IMG_9657.jpg

 

s-IMG_9659.jpg

 

 

 

 

 

雨の清水寺

  • 2016.12.06 Tuesday
  • 12:56

 

 

< 雨の清水寺 >

12月に入り初めての休日。

安来の清水寺にこの一年のお礼参り。

雨の境内をゆっくりと巡って見ました。

数々のパワースポットでしばし心の充電。

参拝を終えたら身も心も軽くなりました。

 

s-IMG_9662.jpg

 

s-IMG_9660.jpg

 

s-IMG_9661.jpg

 

s-IMG_9686.jpg

 

s-IMG_9680.jpg

 

s-IMG_9676.jpg

紅葉のピークは過ぎていましたが名残りの紅葉。

思いもよらないご褒美にしばらく撮影に没頭。

雨に煙る清水寺も中々の風情がありました。

これからしばらく撮影した画像を掲載しますね。

 

 

 

 

 

 

 

建築ラッシュ

  • 2016.12.05 Monday
  • 12:59

 

 

12月5日(月) 大安

s-DSC_0279.jpg

雨上がりの朝を迎えた出雲地方。

今月はまだ寒気の流れ込みがありません。

このまま年の瀬に入って欲しいですね。

甘い!、甘い!って聞こえてきそうですが。

この時間、気温も10度と何とか二桁台。

日射しが暖かく感じました。

今朝は横着してスマホでの撮影です。

また一週間の始まり、頑張って参りましょう。

 

 

s-DSC_0267.jpg

今日は「大安吉日」、

あちらこちらで上棟の予定があります。

おかげさまで秋の需要が冬にも繋がっています。

大安、友引と繰り返される上棟日。

今月は26日の友引が最終でしょうか。

有難いことに建築ラッシュで年越しとなりそうですね。

 

 

s-DSC_0266.jpg

その足で会社の裏の畑に回って見ました。

朝日に輝いていて思わずカメラを向けました。

子供の頃、

こいつで友達に意地悪して(されて)いました。

今でも首筋がコソバシ(くすぐったく)なります。

そして思わずゾンゾ(鳥肌が立つ)がつきますね。

これを持ってぼっちゃげやこ(追いかけっこ)。

やられたら後ろに廻って倍返し。

登下校時の戦いの小道具でしたね。

これも子供の頃の懐かしい思い出。

 

 

 

 

 

 

 

冬の光芒

  • 2016.12.04 Sunday
  • 06:29

 

 

< 冬の光芒 >

s-IMG_9601.jpg

 

s-IMG_9594.jpg

久し振りに夕日ハンターに出動指令。

11月はほとんど出番がありませんでした。

12月、師走に入った冬の光芒です。

この時期と思えない穏やかな一日でしたね。

 

 

 

 

 

夢のお買い物

  • 2016.12.03 Saturday
  • 09:02

 

 

< 年末ジャンボ >

s-IMG_9616.jpg

「億万長者 いまや身近な存在に。」という新聞記事を目にしました。

それならば121万所帯の仲間入り

株をやらない自分にはもうこの道しかありません。

 

s-IMG_9640.jpg

ことし最後のだめし!!年末ジャンボ10億円

想えば今年も毎回夢のお買い物をしました。

これが最後これが最後と結果は全戦全敗。

 

 

< 星に誓いを >

s-IMG_9635.jpg

仕事仕舞いに西の空。

「当たりますように・・・」ではありません。

「今回は必ず当てます!」誓いを立てました。

皆様も「夢のお買い物」お忘れのないように。

 

 

 

 

 

今年の納め市

  • 2016.12.02 Friday
  • 09:04

 

 

 

< 12月2日 >

s-IMG_9624.jpg

今朝はちょっと奥行きを感じたいつもの風景。

朝一番でカメラを持ち出しました。

そこには何故か孫が大好きな建設重機。

 

s-IMG_9626.jpg

いつもの「君の名は。」のモデル。

もうJKさんの登校時間です。

撮影側から言わせれば重機が景観を壊してしまいます。

こんな朝の平和な情景で今日もまた始まります。

 

今日12月2日は自分にとっては特別な日。

母の命日でした。この日を忘れたら叱られますね。

 

そして会社では明日が「納め市」

今年のイベントもこれが最後になります。

 

12月3日(土)午後1時せり売り開始

< 納め市 >

s-IMG_3123.jpg

 

s-IMG_9552_1.jpg

たくさんの買い方様のご来場をお待ちしています。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

明日に架ける虹

  • 2016.12.01 Thursday
  • 12:42

 

< 明日に架ける虹 >

今日からいよいよ師走。12月に入りました。

出雲地方の今朝の気温は14度。

師走のスタートにしては暖かな朝でした。

今月はまたまた慌ただしく過ぎるでしょうね。

忘年会やクリスマスやドリームジャンボ。

楽しみなことが盛り沢山。元気で頑張りましょう。

 

 

s-IMG_0430.jpg

 

s-IMG_0447.jpg

12月のスタート画像は 「Over The Rainbow」

すごく幸せな運気も上がる気になります。

歌えないのでメロデーだけを口ずさみながら写しました。

 

明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water )

When you're weary, feeling small
When tears are in your eyes,
I will dry them all

君が疲れ果て、途方にくれて
涙さえ浮かべていたら
ボクがその涙を拭いてあげる

I'm on your side
When times get rough
And friends just can't be found
Like a bridge over troubled water
I will lay me down
Like a bridge over troubled water
I will lay me down

ボクは、いつも君のそばにいるから
辛いとき、友達も見つからない時
ボクが橋となって
激流の中に立ち尽くす
君を救い出してあげるよ
 

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM