首里城、涙そうそう

早朝のテレビのニュースで炎上する首里城。

目を疑うばかりの大火災の上空映像でした。

沖縄県を代表する大切な歴史遺産の建築群。

これまで幾度も撮影した世界遺産「首里城」

かけがえのない心の拠り所を失った今、

沖縄県民の皆様の喪失感は計り知れません。

いつの日か復元される事を願うばかりです。

こんな日に不謹慎ながら記録画像で思いを馳せます。

 

< 麗しき首里城 >

s-IMG_7793.jpg

 

s-IMG_7794.jpg

 

s-IMG_7795.jpg

 

s-IMG_7799.jpg

 

s-IMG_7800.jpg

 

s-IMG_7807.jpg

 

s-IMG_7808.jpg

 

s-IMG_7805.jpg

 

s-IMG_7810.jpg

 

s-IMG_7804.jpg

澄み渡る青空に良く映える朱色の首里城。

麗しき荘厳な首里城正殿の在りし日の姿。

只々、今は残念でなりません。

 

涙そうそう、、、

十月最後の画像は悲しい画像になりました。

今月も沢山のご訪問ありがとうございます。

浜辺の軽トラ

< 軽トラのある情景 >

s-IMG_1314.jpg

 

s-IMG_1315.jpg

ハイサイ!シーサー

< シーサーの浜 >

s-IMG_1114.jpg

 

s-IMG_1114-1.jpg

 

s-IMG_1122.jpg

夏休み

< 休日は頑張らない >

s-IMG_5732.jpg

子供も大人もみんな夏休みです。

頑張らなくても良いお休みが始まりました。

 

「何もしなくてもいい自分の時間」

これこそ自由で贅沢な時間ですね。

暑中お見舞い申し上げます

< 暑中お見舞い >

s-IMG_1109.jpg

連日暑い日が続いています

くれぐれも ご自愛のほどお祈り申し上げます

               令和元年 盛夏

 

早いもので七月も今日で終わりますね。

梅雨明けからあっという間でした。

今月もおかげさまで元気で投稿できました。

ご覧下さりありがとうございました。

七月の最後はやはり「夏の島旅」の画像で。

皆様にも夏の良い思い出が残りますように。

 

< 盛夏 >

s-IMG_1119.jpg

 

s-IMG_1245.jpg

 

s-IMG_1291.jpg

 

s-IMG_1115.jpg

 

s-IMG_1313.jpg

 

s-IMG_1308.jpg

 

さよなら オーシャン

< Kouri Ocean View >

s-IMG_0849.jpg

 

新元号に改まって初めての古宇利島。

天気に恵まれ良い思い出が記録できました。

様々な色に変化する古宇利オーシャン。

後ろ髪引かれる思いは「令和」でも一緒。

さよならオーシャン、夏「KOURI」の海。

 

s-IMG_0839.jpg

 

s-IMG_0846.jpg

古宇利〜映え〜

< KOURI PHOTOGENIC >

s-IMG_0783.jpg

 

遅めのランチの後のスナップ撮影。

すでに予備のバッテリーの残量も少な目。

最後の残りまでシャッターを切りました。

古宇利映えしそうな場面を少しだけ記録。

外国人の子供の仕草が印象的でしたね。

 

s-IMG_0868.jpg

 

s-IMG_0871.jpg

 

s-IMG_1008.jpg

 

s-IMG_1005-1.jpg

 

s-IMG_1004.jpg

 

s-IMG_1006.jpg

 

s-IMG_1010.jpg

古宇利のシマメシ

< RICE BOWL FACTORY >

s-IMG_1011.jpg

 

炎天下の撮影で体力を消耗しました。

時刻もとっくにお昼を回り一時半。

何処でもいいので何となく入ったのが、

掘立小屋の「RICE BOWL FACTORY 」

波板屋根の重しの古タイヤが印象的でした。

 

s-IMG_0980.jpg

 

取りあえず喉渇きに「生・ひとつ!」

ではなく「ジンジャ・ひとつ!」

まだまだこれから運転が控えています。

夜のお楽しみにここは我慢、我慢。

その分注文は欲張ってご飯とパンです。

古宇利島で食べたシマ飯の記録です。

 

s-IMG_0986.jpg

 

「お客様お待たせしました〜」

と運ばれてきたのは、タコスにご飯。

 

s-IMG_0982.jpg

 

沖縄のソウルフード「タコライス」です。

パンチが効いてて美味しかったですね。

暑い夏にぴったりのひと品でした。

 

s-IMG_0990.jpg

 

s-IMG_0993.jpg

 

食べ終わってからジンジャにひと花添えて。

普段はボトルで飲むことはありませんね。

奥に写ったのは「ペプシ」のボトルです。

 

s-IMG_0996.jpg

 

「待たせたぜ〜」と運ばれてきたのは、

ペプシにピッタリは何と言ってもコレ。

お値段が破格の高級ハンバーガーでした。

 

s-IMG_0999.jpg

 

s-IMG_1003.jpg

 

時間を掛けて作った愛想の良い若者に軍配。

ボッタくるほどの価値があったのかな。

パシャパシャ写真を撮っておきました。

 

s-IMG_1013.jpg

 

シマ飯と島パンでお腹も満たされ満足。

ちょっと財布に難儀な浜辺の大衆食堂。

ごちそうさまでした。

古宇利の島散歩

< 一歩踏み出す勇気 >

いくら綺麗でも海水浴場での撮影行為。

むやみに女性を写すことはご法度です。

賑わうビーチを遠巻きで記録しました。

 

s-IMG_0866.jpg

 

s-IMG_0863.jpg

 

s-IMG_0864.jpg

 

s-IMG_0855.jpg

 

向こうには多国籍から美しい方々でしょう。

ここから一歩を踏み出す勇気はありません。

この場に不釣り合いなカメ爺はここが限界。

当たり障りのない記録画像に切り替えです。

 

s-IMG_0865.jpg

 

グラスボード遊覧船 を待つアジア系の家族。

何をしゃべっているのか自分には意味不明。

喧嘩をしているような会話に聞こえました。

 

s-IMG_0857.jpg

 

海人の奥さんは「くみ」さんでしょうか。

それとも「くみこ」さん?

そうだったら愛妻家の漁師さんでしょう。

もしかして持ち上げるほどの「恐妻」か。

いずれにしても「くみ丸」に命を預けます。

 

s-IMG_0860.jpg

 

s-IMG_0862.jpg

 

ここら辺りがいちばんの繁華街でしょう。

ゆっくりゆったりと流れる、島の時間。

入浴剤を蒔いたような小さな漁港でした。

 

s-IMG_0959.jpg


外人さんなら写してもYesでしょう。

can I take a picture?

声を掛ける勇気もありません。

可愛らしい金髪の子が印象的でした。

 

s-IMG_0953.jpg

 

お二人の白い歯がこぼれ幸せそうでしたね。

花嫁の足元の白い「crocs」が印象的。

どっち、ウェディングドレスで隠れます。

どうぞ末永くお幸せに・・・

一期一会の記念の記録をお許しくださいね。

浜辺のキッチンカー

< 軽トラのある情景 >

s-IMG_0875.jpg

 

浜の入り口に軽トラックがやって来ました。

降りて来たのはいかにもレゲエの兄ちゃん。

社員の「ヨシダくん」に似た若者でしたね。

何を始めるのか気になりちょっと観察です。

 

s-IMG_0878.jpg

 

ヤシの木が描かれた箱を開け始めました。

どうやら自前のキッチンカーのようですね。

 

s-IMG_0945.jpg

 

これで意味が分かりました。

熱中症予防に一役買うドリンクカーですね。

兄ちゃんの傍らにはレゲエ太鼓が印象的。

BGMもレゲエ風の曲が流れだしました。

 

s-IMG_0949.jpg

 

さっそく、花嫁さんも現れるハプニング。

シリーズ「軽トラのある情景」を記録です。

 

< なんだ!何だ! >

s-IMG_0950.jpg

 

s-IMG_0970.jpg

 

s-IMG_0948.jpg

 

s-IMG_0968.jpg

 

s-IMG_0969.jpg

 

s-IMG_0973.jpg

 

s-IMG_0974.jpg

 

s-IMG_0978.jpg

 

s-IMG_0977.jpg

 

ちょっと気になる「軽トラ屋台」

横目でチラ見するスルー客ばかり。

女性店員さんならぼくも座っていました。

何せ自分はグラサンに弱いものですから。

 

s-IMG_0975.jpg