夏のしま旅〜写真旅(最終)

< 前浜ビーチ >

宮古の旅のラストはやはりここでしょうか。

日本のベストビーチ部門でもトップを独走。

そんな美しいビーチがあるのは与那覇前浜。

東洋一美しいと言われる海とパウダーサンド。

 

自分の呼び名は「憂さ晴らしの浜」

どんなに悩みを抱えていてもここでは忘れます。

天気さえ良ければ木陰で一日中見ていたい光景。

今回も期待を裏切らない「前浜ビーチ」でした。

 

s-IMG_2919.jpg

 

s-IMG_2918.jpg

 

s-IMG_2922.jpg

 

s-IMG_2928.jpg

 

s-IMG_2924.jpg

 

s-IMG_2925.jpg

 

s-IMG_2996.jpg

 

一時間も経たない内に雨雲に覆われスコール。

台風接近前にぎりぎりセーフでした。

明日だったら帰れないところでした。

 

s-IMG_2998.jpg

 

「夏のしま旅〜写真旅」

関係者からこの頃、

「いつまで続くの?〜もう飽きた!」

そだね〜「1枚の画像で良かったら今年いっぱい!」

 

そういう訳には行きませんね。

ほんの一部の画像の公開でお許しください。

未公開の秘蔵画像は大事にしまっておきます。

 

夏のしま旅〜写真旅(16)

< 朝日に浮かぶ一発芸の雲 >

宮古島での滞在も最終日の早朝です。

日の出と一緒に想像を掻き立てる雲を撮影。

自分の「見立て」と共に画像を掲載します。

雲を見て反応するのは子供の頃からの悪い癖。

「なるほど〜! そういえば、そだね〜!」

何となく理解して貰うとありがたいのですが。

 

s-IMG_2894.jpg

 

s-IMG_2896.jpg

 

 

< ベレー帽を被ったトランプの横顔 >

s-IMG_2898.jpg

 

 

< 立ち立ちする三匹のわんこ >

s-IMG_2901.jpg

 

s-IMG_2901-1.jpg

 

 

夏のしま旅〜写真旅(15)

< 日陰茶屋 >

s-IMG_2909.jpg

 

s-IMG_2912.jpg

 

s-IMG_2914.jpg

 

s-IMG_2910.jpg

 

s-IMG_2911.jpg

 

s-IMG_2913.jpg

 

s-IMG_3823.jpg

 

s-IMG_2915.jpg

 

西日本から東日本の広い範囲を覆う高気圧。

高温注意情報が連日警戒を呼び掛けています。

今までの「猛烈な暑さ」を通り越して、

なんと、「命に関わる危険な暑さ」

これまでにない注意喚起の表現に変わりました。

こんな日が続くと過去の記録に無い気温に達しそう。

日陰で休み休み、体調管理に十分気を付けましょう。

今日の画像は日陰茶屋からお届けしました。

夏のしま旅〜写真旅(14)

< 伊良部大橋 >

s-IMG_2938.jpg

 

今日は海の上から画像をお届けします。

向こうに見えるのは平良港と平良の街。

クルージング船に乗って出港しました。

 

s-IMG_2940.jpg

 

目指すスポットは昨日渡った「伊良部大橋」

全長3,540メートルの橋を入れるとこんな感じ。

とても小さく見える伊良部大橋の全景です。

 

s-IMG_2950.jpg

 

この辺りがこの橋の一番高い所。

昨日はここから海を写しました。

緩やかに勾配を付けた美しい橋でした。

 

s-IMG_2969.jpg

 

s-IMG_2967.jpg

 

s-IMG_2964.jpg

 

ここで思い出したのは「橋の上のプロポーズ

昨年ここで残念な悲しい事故がありました。

 

s-IMG_2960.jpg

 

s-IMG_2959.jpg

 

s-IMG_2977.jpg

 

自分はそんな特別な想いで見上げたこの大橋。

観光客にはとても人気の遊覧観光のようです。

 

s-IMG_2935.jpg

 

この日は穏やかな波で快適なクルージングでしたね。

小型船かと思いきや予想外の豪華な大型クルーザー。

肝心の船を写すのを忘れていました。

 

この船の詳しくは「モンブラン号」をご覧くださいね。

 

夏のしま旅〜写真旅(13)

< 伊良部島の集落 >

s-IMG_2991.jpg

 

s-IMG_2993.jpg

 

s-IMG_2994.jpg

 

 

夏のしま旅〜写真旅(12)

< スコール >

突然のスコールも南の島ならではの気まぐれな天気。

その雨を降らせる雲を記録して見ました。

ゲリラ豪雨だけは勘弁して欲しいですね。

 

s-IMG_2814.jpg

 

s-IMG_2874.jpg

 

夏のしま旅〜写真旅(11)

< グラスボート >

潮が引いたら海中のお散歩。

ガラス越しに覗く世界は別世界。

透明度は抜群の海ですね。

 

s-IMG_2855.jpg

 

s-IMG_2858.jpg

 

s-IMG_2850.jpg

 

 

夏のしま旅〜写真旅(10)

< 西の浜であかばなー >

さして探す間も無く咲いていた「あかばなー」

ここではあまりにも日常過ぎて写すのは自分だけ。

それでも一度や二度は必ず記録して帰る花。

情熱の赤い花が西の浜の潮風に揺れていました。

 

s-IMG_2828.jpg

 

s-IMG_2830.jpg

 

s-IMG_2833.jpg

 

s-IMG_2832.jpg

 

s-IMG_2839.jpg

 

s-IMG_2840.jpg

 

s-IMG_2842.jpg

 

 

夏のしま旅〜写真旅(9)

< 西の浜で雪塩ソフト >

向こうに見えるのは池間島に通じる池間大橋。

ここ西の浜からその眺めを記録しておきました。

 

ここは「雪塩」の名で知られる雪塩製塩所。

何と言ってもミネラル含有数は世界一の「雪塩」

塩を写しても絵にならないのでここではスナップ。

ゆっくり流れる昼下がりの島時間を写して見ました。

 

s-IMG_2834.jpg

 

s-IMG_2817.jpg

 

s-IMG_2821.jpg

 

s-IMG_2818.jpg

 

s-IMG_2819.jpg

 

s-IMG_2824.jpg

 

s-IMG_2820.jpg

 

s-IMG_2825.jpg

 

 

ここの名物は「雪塩」のソフトクリームが大人気。

自分もやっとここで息を吹き返すことが出来ました。

もう少しここを徘徊して南の花でも探して見ます。

 

s-IMG_2835.jpg

 

夏のしま旅〜写真旅(8)

< 通り池に泳ぐまるちゃん >

灼熱の太陽が降り注ぐ「島人しげちゃんツアー」

アダンが生い茂る小道を進むとそこは「通り池」

大自然の浸食によってできた二つの池。

池と言っても海で繋がっているので海水池。

ダイビングスポットとして知られているようです。

池を覗くと「君はだれ?」

珍しいことに浮遊するウミガメに出会えました。

水族館以外で見たのは天然のウミガメは初めて。

その姿からウミガメの「まるちゃん」と命名。

しばしその回遊に見惚れて癒されました。

 

s-IMG_2768.jpg

 

s-IMG_2767.jpg

 

s-IMG_2788.jpg

 

s-IMG_2775.jpg

 

s-IMG_2776.jpg

 

s-IMG_2778.jpg

 

s-IMG_2781.jpg

 

s-IMG_2781-1.jpg

 

s-IMG_2778-1.jpg

 

s-IMG_2783.jpg

 

s-IMG_2792.jpg

 

s-IMG_2795.jpg

 

s-IMG_2796.jpg

 

黄昏てきた頭皮には南国の灼熱の太陽は堪えます。

しげちゃんツアーもまるちゃんに別れを告げ撤収。

 

s-IMG_2772.jpg