旅の終わりは橋の駅から

橋 ワルミ大橋 橋

旅の終わりは道の駅ではなく「橋の駅」

その名前は「橋の駅 リカリカワルミ」

ワルミ大橋のたもとの休憩所からの展望です。

古宇利島から古宇利大橋を渡って屋我地島。

屋我地島からこのワルミ大橋を渡りました。

 

s-IMG_9987.jpg

 

s-IMG_9985.jpg

 

s-IMG_9989.jpg

 

春の島旅・写真旅 2018 もこれで最終回。

拙い旅日記にお付き合いいただき有難うございました。

 

気がつけばもう明日から大型連休に入りますね。

ご旅行の計画が無い方はこのダイアリーでひとっ飛び。

下段のカテゴリーの中から「旅日記」をお選びください。

とびっきり格安でご旅行が出来ます。

みなさまも楽しい連休をお過ごしください。

 

 

幸せの鐘に赤花ゆれて

上手に使ってビジネスに生かしたい

「SNS映え」大研究!

 

このテーマで、女子カメさん風に挑戦。

スマホでとても上手に撮る今どきの女子。

自分のは真面目過ぎていつもお堅い写真。

若い女子カメさんに教えて欲しいですね。

 

ベル HAPPY BELL ベル

s-IMG_9952.jpg

 

s-IMG_9944.jpg

 

s-IMG_9945.jpg

 

s-IMG_9944-1.jpg

 

s-IMG_9958.jpg

 

s-IMG_9953.jpg

 

s-IMG_9957-1.jpg

 

やはり感性は女子の方が上です。

いつものお堅い写実作家に戻ります。

たまには遊ぶのも楽しいものですね。

教えてもらったら深みにはまりそう。

 

チャペル 幸せの鐘を揺らす赤花 ハイビスカス

s-IMG_9951.jpg

 

絶景を見ながら選ぶ極安ランチ

カフェ OCEAN CAFE カフェ

ランチ 絶景を見ながら味わう極上ランチ! ランチ

 

そろそろお昼にされませんか?

その美味しそうな店構えに誘われ よろよろとご入店。

 

 

ここは沖縄でも屈指の眺望を誇るレストランのよう。

その名も「OCEAN CAFE」&「ISLAND BLUE」さん。

自分には不相応なインバウンド向けレストランでした。

 

ph17.jpg

s-ph14.jpgs-ph15.jpgs-ph16.jpg

 

一応格好付けてメニューを広げるもどれもこれも高級食材。

何を?どれ?を食べたいのかより優先に見つめる ¥記号欄。

結局は美味しそうな画像だけをお借りしてご注文は最安値。

麺好きにはこれしか選択肢は残されていませんでしたね。

 

s-IMG_9940.jpg

 

s-IMG_9937.jpg

 

s-IMG_9936.jpg


恋人同士で食べたらとてもお似合いのハートのプリン。

いい歳したカメ爺にはどうにも似合わないランチ。

それもお昼にしては想定外のお会計になりました。

 

唯一、これに納得できるのは窓の外に答えが。。。

 

s-IMG_9925.jpg

 

この場所に家の台所があれば セブンイレブン のパスタもまた格別。

どうあがいてもこの絶景価格にはだれもが降参ですね。

 

s-IMG_9919.jpg

 

美味しいパスタでお腹も満たされ「 幸せ 幸せ・幸せ 幸せ」

 

老人 「あちゃ〜!告白タイム?」

女  「 ゴメン ゴメン ゴメン ゴメン 〜」

古宇利ブルーの絶景に包まれて

海 ブルーの絶景が優しく包む 島時間 海

「こんなきれいなうみ、うまれてはじめて。。。抱擁

 

感動したゲストのそんな会話が聴こえてきました。

初めてここを訪れた人はこの日は 超 ! ラッキー Day!

この景色に何も感じないのは余程の悩みを抱えて昇った人。

この日は「感動力」が試される超絶な古宇利ブルーでした。

 

s-IMG_9917.jpg

 

 

幸せの鐘を鳴らして思い出をシャッターにおさめませんか。

 

s-IMG_9915.jpg

 

照れくさそうに恐る恐る鐘を鳴らそうとする髭男子。

「チン〜 鐘・チン〜 鐘 」 お前ら髭男だろう! 鐘

仏さんの 鐘チ〜ンじゃあるまいし!

男らしく思い切りのいい鐘の音を聞きたかったっス。

 

 

ベンチ いつまでベンチにお座りになるのだろう。

老人 〜すみません〜前のおふたりさん!

そこは絶好のパノラマ撮影ベンチなんですけど〜

 

イメージする画像の合成はこんな感じ。

 

 

s-IMG_9918.jpg

 

幸せいっぱいのカップルもこれから幸せを掴もうとする人も。

いつまでも眺めていたい海はきっと幸せを届けてくれますね。

老人 「オイオイ!いつまでチャラチャラするんじゃぃ?」

 

 

結局、パノラマ撮影は諦めて、

これが海抜80メートルから見下ろすオーシャンビューです。

 

海 KOURI OCEAN BLUE 海

s-IMG_9909.jpg

 

老人 なんかね〜この色は!とーはだ鶏がたったがね〜

(この海を見てぼくは思わず鳥肌が立ちました)

しかも興奮と恐怖のあまり画像が右肩下がり。

  

s-IMG_9911.jpg

 

いきなり初心者初心者に見せたくない最高ランクの古宇利ブルー。

カメ爺は十数回通い詰め初めてこの色に面会を果たせました。

四季折々、この海も日毎時間ごとに表情を変えるでしょうね。

 

古宇利の島の丘から

山 丘の上から 山

特別な美ら海を見るため古宇利の丘に上がりました。

亜熱帯の植物の間からやがて望むオーシャンビュー。

そして視界が広がり古宇利大橋の全容が望めました。

ここはまだまだ小高い丘の中腹地点。

青のパノラマを見るためもう少し高みを目指します。

 

s-IMG_9895.jpg

 

s-IMG_9965.jpg

 

s-IMG_9900.jpg

 

海 青のパノラマ 海

s-IMG_9906.jpg

 

デトックスウォーター

水 Detox Water 水

薄い頭髪で薄い頭皮に容赦なく降り注ぐ太陽。

強い紫外線を浴びてちょっとひと息休憩です。

春と言えども一日中歩き回ると日に焼けそう。

いろいろなデトックス効果を探して見ました。

 

s-IMG_9852.jpg

 

s-IMG_9878-2.jpg

 

s-IMG_9666.jpg

 

s-IMG_9785.jpg

 

s-IMG_0069.jpg

 

自分の汚れた体にはこれが一番のようです。

 

 

ティーヌ浜の嵐岩

女子 女子の心を射止めた嵐岩 女子

s-IMG_9875.jpg

 

ジャニーズ 「あの岩、ハートに見えない?」 

 

すべては、

ジャニーズ このセリフがこの島に経済効果をもたらしました。

自分的には、

老人 「うーん、形がちょっと惜しい」

 

理解できるのは太古から長い年月で浸食された岩。

アダムとイブに例えられるだけある二つの夫婦岩。

どちらかと言うと手前の岩がちょっと早く倒壊?。

そんな夢もロマンもない未来を心配するだけでした。

 

s-IMG_9878.jpg

 

s-IMG_9888.jpg

 

女子  嵐 ファンなら特別な想いで見つめる情景。

ハート きっとハートの形に見える嵐岩でしょうね。

老人 自分には浮かぶ雲がなんでもハートに見えました。

 

どちらにしても、

この JAL のCM以来、ハートロックと呼ばれることに。

 

ハート Heart Rock ハート

s-IMG_9883.jpg

 

s-IMG_9887.jpg

 

s-IMG_9882.jpg

 

老人 このビーチは監視員が不在なので遊泳はあくまで自己責任で頼んますよ!

 

 

嵐、美しすぎる穴場ビーチ

浜辺 ティーヌ浜 浜辺

s-IMG_9893.jpg

 

老人 いったい何処のどいつだ〜?

こんな長閑な場所を観光地にしたのは、老人

 

ジャニーズ 宣伝した張本人はぼくたち「ジャニーズ」です。

ジャニーズ 仕事をくれたのは あの JAL JAL JAL です。

 

老人 君たちだったのか、、じゃ許してあげる

 

JALの「先得CM」でジャニーズのあの 若者たち。

瞬く間に世界中にこの場所が知れ渡るはずですね。

 

s-IMG_9890-1.jpg

 

その場所は島の北にある「ティーヌ浜」

この浜のとある「モノ」が話題になりましたね。

 

s-IMG_9891.jpg

 

それにしても夏を先取りするのはやはり外国人。

腕や肩やらタトゥーのヤンチャそうなグループ。

 

米軍の基地関係の海兵隊員がターザンごっこ?

みんな怖そうだったので視線を反らしました。

「おぞ、おぞっ!」

話し掛けられたら自分などひとたまりもありません。

 

s-IMG_9884.jpg

 

自然が創った「沖縄版アダムとイブ」の伝説神話のティーヌ浜。

この海の透明度は抜群の透明度でしたね。

元々は地元の島民だけが知る静かで神聖な浜だったのでしょう。

 

s-IMG_9878.jpg

 

嵐のメンバーの一人が言った一言のセリフ「○○○?」

この一言で観光客がどっと押し寄せることになります。

 

 

 

誰もが恋する神の島

島 誰もが恋する神の島 島

s-IMG_9845.jpg

 

どんなに心が曇る日もこの橋を進めば心も晴れ晴れ。

自分ではこの大橋は「自然の力が宿る橋」

そして帰り際は後ろ髪引かれる「未練橋」

その不思議な力は見渡す美ら海ではないでしょうか。

対岸側が大宜味村辺り、北上すれば最北端の辺戸岬ですね。

せっかくのロケーションなのにここは駐停車禁止。

一旦島に渡ってから歩道を歩いて引き返しました。

 

s-IMG_9868.jpg

 

この橋の下をくぐり抜けると人気の撮影スポット。

この日もたくさんのインバウンド客の姿がありました。

ここからの眺めはいつ来ても見渡したい場所です。

時間帯も良かったのかとても綺麗な発色でしたね。

ここは ラブ 誰もが恋する神の島 ラブ

 

ビーチ 古宇利ビーチ ビーチ

s-IMG_9831.jpg

 

s-IMG_9834.jpg

 

s-IMG_9840.jpg

 

s-IMG_9846.jpg

 

s-IMG_9841.jpg

 

KOURIJIMA

レインボー 古宇利大橋 レインボー

s-IMG_9970.jpg

 

極上のエメラルドグリーンに出逢えるのはやっぱりここ。

これまで何度も何度もここをご紹介していますね。

今帰仁村の観光の目玉は古宇利大橋で繋がった古宇利島。

車 車で行ける離島 島 がキャッチフレーズ。

今では北部観光の人気スポットになりました。

 

s-IMG_9980.jpg

 

ここを初めて訪れたのは開通から間もない13年前。

歓声を上げながら橋を渡ったのを今でも忘れません。

 

その頃は地元の人だけが知る島民待望の生活道路。

レンタカーや観光バスさえも見かけませんでした。

それが今では平日でもレンタカーや観光バスで混雑。

島民の生活道路から観光道路になってしまいました。

 

s-IMG_9971.jpg

 

この大橋を渡るのは今回で何度目か数え切れません。

それだけ撮影では外されない自分のお気に入りです。

 

天気が悪い日は渡らずにここで引き返した日もありました。

しかし自分が訪れるときは何故か天気に恵まれる高確率。

やはりこの日も幸運にも天気も上々。

A5ランクの綺麗な海を見ることが出来ました。

 

s-IMG_9981.jpg

 

これから古宇利島をゆっくり一周して見ます。

どんな出会いがあるのか楽しみです。

 

自分の拙い画像ではお伝えできませんので、

プロの高品質の画像がご覧いただけます。

島の魅力はこちら↓のサイトをご覧くださいね。

 

       古宇利島       

      KOURIJIMA