コーラルサンドのエメラルドビーチ

ビーチ Emerald Beach ビーチ

観光で訪れた人が安全に泳げるように造られた人工浜。

エメラルドビーチを少し散歩してみました。

海開き前の静かなコーラルサンドの伝説のビーチ。

人工的な自然は好まないので記憶ということで残しました。

 

〜海洋博公園内の人工ビーチ〜

遊びの浜、憩いの浜、眺めの浜の三つの区間に整備され、

エメラルドグリーンの海に浮かぶ半島のような眺めが特徴。

環境省が認定する「快水浴場百選」にも選ばれている。

Yahoo!ロコ

 

s-IMG_9713.jpg

 

大型連休には芋の子を洗うような情景でしょうか。

さっそくコーラルサンドの感触を確認です。

 

s-IMG_9690.jpg

 

s-IMG_9677.jpg

 

s-IMG_9678.jpg

 

s-IMG_9681.jpg

 

s-IMG_9689.jpg

 

s-IMG_9695.jpg

 

s-IMG_9696.jpg

 

s-IMG_9697.jpg

 

s-IMG_9700.jpg

 

s-IMG_9706.jpg

 

いったいこの大量の砂は何処から運ばれて来たのだろう。

足腰の強化になりそうなきめの細かなコーラルサンド。

この時季限定の爽やかな島風が印象に残る撮影でした。

 

備瀬崎散歩<4>

スマホ MEMORIAL PHOTO IN BISE スマホ

思いがけずに出会った風景や一緒に旅した友達など。

旅先でいろいろな場面でカメラを向けるその姿。

今ではもうスマホで事足りる時代になりましたね。

逆にデジカメで写していることさえ何か違和感。

何処のどなたも自分撮りが格好良く見える光景。

その姿を逆撮りする自分のような日本人観光客。

せっかくなら旅の空気感が伝わるような写真を残したいですね。

 

s-IMG_9818.jpg

 

s-IMG_9819.jpg

 

s-IMG_9820.jpg

 

思いがけずに長居をしてしまった備瀬の海岸。

またの再会を約束して次の撮影場所に移動しました。

 

s-IMG_9826.jpg

 

s-IMG_9824-1.jpg

 

s-IMG_9824.jpg

 

 

備瀬崎散歩<3>

海 海は広いな大きいな 海

s-IMG_9806.jpg

 

s-IMG_9807.jpg

 

s-IMG_9811.jpg

 

ここで座ってしまったら大きな時間差。

波の音に癒されるのか次の行程を急ぐのか。

それぞれ悩ましい選択に迫られます。

そんなことはお構いなしに見えた女性がひとり。

子供の頃を思い出していらっしゃるのでしょうか。

海 海は広いな大きいな 海

 

備瀬崎散歩<2>

海 遠い夏の日の思い出 海

s-IMG_9805.jpg

 

s-IMG_9803.jpg

 

s-IMG_9813.jpg

 

遠い遠い子供の頃の夏休みにタイムスリップ。

いまでもその時のワクワク感を覚えています。

波の音だけを頼りに進む人が通れるだけの小道。

目の前に大海原が見えてくるとみんなで大歓声。

半世紀以上たってもそのDNAが騒ぎ出しますね。

ここは本土より二ヶ月も早いような初夏の体感。

 

 

備瀬崎散歩<1>

自転車 自転車のある情景 自転車

s-IMG_9814.jpg

 

s-IMG_9816-1.jpg

 

s-IMG_9815.jpg

 

自転車が停めてある光景に足が止まりました。

仲良く並んだレンタサイクルが2台。

花嫁 新婚さんいらっしゃい! 花嫁 でしょうか。

 

老人 どこどこ!

備瀬崎の海と再会

< 春の島旅・写真旅 >

どこまで画像をアップしたのか振り返って確認。

備瀬海岸の散策や水牛のフクちゃんとの出逢い。

備瀬のフクギ並木の散歩やら集落の家々の撮影。

何となくあの日の行動が画像から繋がりました。

 

s-IMG_0036.jpg

 

画像で振り返ると備瀬集落の最先端。

灯台小島とのあいだ辺りですね。

ここは十数年前、とても好印象が残る思い出の場所。

猛烈な暑さでも綺麗な海と熱帯魚に出会えました。

 

その目指す場所は「備瀬崎」  地図はこちら

旅日記の再開は、これまた久し振りの海との再会からです。

 

s-IMG_9800.jpg

 

備瀬集落をぐーっと突き抜けたここは備瀬崎の入り口。

青空にシーカヤックがある情景に足が止まりました。

シーズンになると海水浴客で賑わう場所でしょうね。

ここから少し進むともう海岸です。

 

s-IMG_9801.jpg

 

伊江島が望めるこの辺り一帯が備瀬崎ですね。

少し潮が引いたのか岩場に海藻が見えました。

小さな人影が見えるのが灯台小島の小さな浜。

久し振りの再会の場所はこの小島との間の海。

幸いにも天気も良く感動的な再会となりました。

それはここを右に回ったところです。

 

s-IMG_9809.jpg

 

老人 なんかね〜この色は〜!

今回も自分の期待を裏切らない色を見せてくれました。

「知る人ぞ知る」ここは「潜り」の人気のスポット。

シュノーケリングやスコープがあれば水中観察ができます。

潜らなくても干潮時なら地上から色鮮やかな熱帯魚の群れ。

〜こんな綺麗な海が近場にあったらな〜

カメ爺は羨ましく思いながらカメラを覗いていました。

 

s-IMG_9810.jpg

 

ここも四月から海開きで始まったでしょうか。

週末には子供たちの賑やかな声が響いているのでしょうね。

 

 

逆光

光 Backlight 光

逆光は人間の目にもカメラのレンズにも苦手ですね。

しかし逆光だからこそ浮かび上がる被写体も魅力的。

南の島では強い陽射しと植物で一層それを感じます。

 

s-IMG_0019.jpg

 

s-IMG_0018-1.jpg

 

ということで、

しばらくお休みしていた「2018 春の島旅・写真旅」

誰からもリクエストはないが記録として残しておかなければ。

あれから一カ月、賞味期限が切れそうなので再開しますね。

ねんた(眠気)がさばった(襲われた)時、是非ご覧ください。

 

小休憩

< 春の島旅・写真旅 >

春の陽射しと島風を受けてテラスで小休憩。

旅日記の掲載もここでひと息入れて小休憩。

今週末のイベントに集中させていただきます。

 

カクテル シークワーサーVSマンゴー カクテル

s-IMG_0005.jpg

 

 

s-IMG_0005-2.jpg

 

どちらもそれぞれ美味しかったですね。

これも非日常のロケーションがあればこそ。

家飲みだったらここまで感じないでしょう。

 

備瀬集落のシーサー

< 春の島旅・写真旅 >

木漏れ日を浴びてカメラを向けるのはシーサー。

備瀬の集落を守るシーサーのいる光景を写しました。

沖縄を代表する伝説の魔除けの獣の像。

ぼくの家でも玄関先で守ってくれています。

歩いていたらシーサー工房の民家も発見しました。

 

s-IMG_9742.jpg

 

 

s-IMG_9741.jpg

 

 

s-IMG_9740.jpg

 

 

s-IMG_9739.jpg

 

 

s-IMG_9754.jpg

 

 

s-IMG_9763.jpg

 

 

s-IMG_9764.jpg

 

 

s-IMG_9735.jpg

 

 

s-IMG_9736.jpg

 

 

s-IMG_9734.jpg

 

 

s-IMG_9737.jpg

 

観光客を誘客する「いらっしゃいませシーサー」

フクギ屋食堂の名物シーサーでしょうか。

この日は青空が綺麗なシーサー撮影でした。

 

 

フクギ並木の散歩道

< 春の島旅・写真旅>

フクギ並木の散策の醍醐味は光と影。

それには朝日の差し込む斜光が必須。

晴れた朝だけの特別な活力と癒し効果。

グリーンシャワーのパワーを感じました。

ここは前からぼくの好きな場所。

ゆっくりと流れる贅沢な島時間。

 

樹  フクギ並木の散歩道 樹

s-IMG_9798.jpg

 

 

s-IMG_9765.jpg

 

 

s-IMG_9745.jpg

 

 

s-IMG_9744.jpg

 

 

s-IMG_9746.jpg

 

 

s-IMG_9748.jpg

 

 

s-IMG_9769.jpg

 

 

s-IMG_9799.jpg

 

 

s-IMG_9799-1.jpg