笹の葉さらさら

 

< 笹の葉さらさら >

七夕から一夜明けて今日は孫の幼稚園。

土曜日とあって七夕の行事に添乗しました。

沢山の父兄に交じって爺さん婆さんも。

色々な子供さんの個性に驚きました。

 

少子化と言えども未来は明るい感じ。

肖像権が多すぎて身内だけの映像です。

何処の子もじっと見ていると可愛いですね。

 

s-IMG_5051.jpg

 

 

s-IMG_5044.jpg

 

 

s-IMG_5046.jpg

 

 

s-IMG_5054.jpg

 

 

s-IMG_5045.jpg

 

 

s-IMG_5057.jpg

 

 

s-IMG_5065.jpg

 

 

 

 

 

上から目線

 

 

< 影法師 >

光と影を一体化するとありのままの自分が輝き出す。

踏んでも踏んでも逃げない妖怪に見えたのでしょう。

「それは自分自身の影だよ」

といっても分かるはずもありません。

何かその影に違和感があったようです。

 

s-IMG_3372.jpg

 

どんな被写体でも上から目線はいけませんね。

目線を合わせるか下から見上げるのが基本。

影を踏むのが面白くて「ごめんごめん」

身内しか写せない無邪気な光景でした。

 

 

 

ひな祭り

 

 

< 雛祭り >

s-IMG_7070.jpg

 

きょう三月三日はひな祭りですね。

〜女子のすこやかな成長を願ってひな人形〜

 

とは言っても、我が家では納戸の箱の中。

もう少し大きくなったら飾ってあげますね。

二人の成長を願い画像で花のプレゼント。

カメ爺がしてやれることはこれくらいです。

 

 

s-IMG_9983.jpg

 

 

s-IMG_0581.jpg

 

 

s-0C0A3484-1.jpg

 

 

s-IMG_2029.jpg

 

今日の晩御飯は「ちらし寿司」かな。

 

 

手と手

 

 

< 手と手 >

もうすぐ生後三カ月になる孫娘。

お母さんの手に小さな手を添えてお話し。

何か嬉しいのか何か欲しいのか。

お母さんと会話を楽しんでいる様子。

スキンシップの大切さを感じる光景。

微笑ましくてカメラを向けました。

 

s-IMG_1625.jpg

 

 

 

 

手が届かないところへ

 

 

< 壁掛けテレビ >

手が届くところにあるから仕方ないでしょうね。

散々豆助に汚され落書きされた我が家のテレビ。

 

s-IMG_0283.jpg

 

ブルーレイの皿も開けたり閉めたり遊びの道具。

 

s-IMG_0287.jpg

 

この光景を見て微笑んでいるのも我慢の限界。

思い切って壁掛けテレビに挑戦してみました。

とは言っても施工するのは自分しかいません。

テレビを壁に直接ビス止めは出来ませんし。

 

 

そこで、

s-IMG_0499.jpg

 

ちょっと物入りでしたが専用の金物を購入。

これさえあれば鬼に金棒。

というかこれしか方法はありません。

 

s-IMG_0501.jpg

 

取扱い説明書を見て意味を理解します。

上下の穴はビス止め用の穴。

突起部がテレビを引っ掛ける穴ですね。

 

s-IMG_0503.jpg

 

テレビを裏返して必要な部品を取り付け。

引っ掛かる位置関係も確認しておきます。

これが終わると壁に金物の取り付けですね。

 

s-IMG_0456.jpg

 

ところが想定していた問題が発生。

金物を取り付ける場所は壁がスカスカ。

重たいテレビが落ちたら元も子もありません。

無い頭を振り絞り出た結果は壁の上に壁。

補強板を既存の壁に貼ることにしました。

ビスが留まっている個所は柱と間柱があります。

これでしっかりとした壁ができました。

 

s-IMG_0455.jpg

 

ちょっと違和感がありますがテレビで隠れます。

この補強板に金物を取り付ければほぼ終わり。

 

s-IMG_0508.jpg

 

こんな感じで取り付けが終わり。

アンテナ線と電源を入れて試運転。

ここでまたまた問題が発生しました。

とりあえずクッションで隠したコンセント。

これでは豆助が絶対悪さをしますね。

2本のコードの露出も目障りです。

 

s-IMG_0515.jpg

 

コンセントに目が行かないよう取りあえずビデオ。

いつも寝転がって見ていた豆助も直立不動。

テレビの目線が高くなって正解でしょうね。

この間に配線の隠ぺい方法を思案。

たどり着いた結果が功を奏しました。

 

s-IMG_0849.jpg

 

わが社のオリジナル建材「杉の糸」で隠ぺい。

ずいぶんすっきりした上に目に優しい木質感。

ブルーレイディスクも遥か高いところに鎮座。

結果オーライ、ジャンプしても届きませんね。

 

s-IMG_1092_1.jpg

 

テレビを舐め廻していたこの子もこの状態。

遠くから見上げてくれるようになりました。

目出度しめでたし。

このプロジェクトも無事完工を迎えました。

 

わが家のようなご家庭に参考になれば幸いです。

 

 

誕生日

 

 

< お誕生日会 >

今日は孫娘の1歳の誕生日。

産まれてからすくすくと育ってくれました。

母親の優しい手料理と自作のケーキや紅白餅。

家族みんなで誕生日を祝いました。

おかげさまで命を受けて365日が経過。

一年があっという間ですね。

 

s-IMG_0874.jpg

 

 

s-IMG_0878.jpg

 

 

s-IMG_0883.jpg

 

 

s-IMG_0974.jpg

 

 

s-IMG_0954.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

初宮参り

 

 

< 初宮参り >

誕生のお礼と健やかな成長を願い 今日は生誕1か月目。

孫の宮参りに付き添いました。もちろんお役は記録員。

朝から降り続く雨も車を降りる頃には上がりました。

お祓いの祝詞や笛の音や太鼓の音にも反応なし。

終始眺めるその寝顔。静かなお宮参りでしたね。

 

s-0C0A4904.jpg

 

s-0C0A4905.jpg

 

 

 

 

 

 

 

縁日

 

 

 

< 縁日 >

リオ五輪も陸上競技が始まり、もう佳境に入ってきました。

そして夏の風物詩、夏まつりの縁日も佳境に入りました。

この夏もまだまだ続いて欲しいと、ゆく夏を惜しむ光景。

今年も少しだけ孫の成長を見届けた縁日の光景です。

 

s-IMG_5655.jpg

 

s-IMG_5659.jpg

 

s-IMG_5663.jpg

 

s-IMG_5646.jpg

 

s-IMG_5645.jpg

まるで、カメ爺の59年前を見ているようでした。

きっとその当時、祖父母にお祭りに連れて行って貰ったはず。

このあと、有難いことに自分も59年の未来がありました。

 

「この子も同じように未来がありますように」

と祈る今日は戦後71年の終戦記念日。

そんな今年も8月15日を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スサノオラーメン

 

 

 

 

 

<スサノオラーメン>

s-IMG_4881.jpg

休日の孫の子守りは何と言っても出雲縁結び空港です。

ぼくのこの日のお目当ては麺屋のスサノオラーメン。

たかがラーメン、されどラーメン。

この一杯のラーメンで機嫌も良くなります。

さっそく美味しそうに写るか撮影です。

 

s-IMG_4882.jpg

白味噌仕立てのスープに隠しに酒粕でも入っているのでしょうか。

創作系のラーメンのようにも思えました。

出雲の國「麺屋」の味わい深いスサノオラーメンでした。

 

s-IMG_4878-1.jpg

ダンプカーやブルドーザーにロードローラーや消防車。

空の乗り物は飽きて陸の乗り物に興味が移ったようです。

これからは空港より建設現場の見学が喜んでくれそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔がいちばん!

 

 

 

< 自画像 >

s-IMG_4865.jpg

出社して部屋の明かりをつけて鏡を見ました。

鏡にはメチャ怖い顔した自分がそこに。

そしてセンサーが反応して長瀬の顔に変わりました。

長瀬なら怖そうでも様になっている。

ちょっと離れるとまたしわくちゃで怖そうな自分の顔。

この鏡は意地悪な魔法の鏡です。

 

 

< 笑顔がいちばん! >

s-IMG_4754.jpg

今朝、家を出る前はこの子と一緒に笑っていました。

しばらくして会社に出ると怖い顔した自分が鏡に。

これじゃあ社員にも感じ悪いのだろうと反省。

長瀬をやめてこの子の画像に差し替える事にします。

どんな時も「笑顔がいちばん!」とこの子が教えてくれるはず。

今日はイオンの開店セールで買ってあげた服を着ていました。

それにしてもツルツル綺麗な肌。羨ましいですね。