縁日

 

 

 

< 縁日 >

リオ五輪も陸上競技が始まり、もう佳境に入ってきました。

そして夏の風物詩、夏まつりの縁日も佳境に入りました。

この夏もまだまだ続いて欲しいと、ゆく夏を惜しむ光景。

今年も少しだけ孫の成長を見届けた縁日の光景です。

 

s-IMG_5655.jpg

 

s-IMG_5659.jpg

 

s-IMG_5663.jpg

 

s-IMG_5646.jpg

 

s-IMG_5645.jpg

まるで、カメ爺の59年前を見ているようでした。

きっとその当時、祖父母にお祭りに連れて行って貰ったはず。

このあと、有難いことに自分も59年の未来がありました。

 

「この子も同じように未来がありますように」

と祈る今日は戦後71年の終戦記念日。

そんな今年も8月15日を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スサノオラーメン

 

 

 

 

 

<スサノオラーメン>

s-IMG_4881.jpg

休日の孫の子守りは何と言っても出雲縁結び空港です。

ぼくのこの日のお目当ては麺屋のスサノオラーメン。

たかがラーメン、されどラーメン。

この一杯のラーメンで機嫌も良くなります。

さっそく美味しそうに写るか撮影です。

 

s-IMG_4882.jpg

白味噌仕立てのスープに隠しに酒粕でも入っているのでしょうか。

創作系のラーメンのようにも思えました。

出雲の國「麺屋」の味わい深いスサノオラーメンでした。

 

s-IMG_4878-1.jpg

ダンプカーやブルドーザーにロードローラーや消防車。

空の乗り物は飽きて陸の乗り物に興味が移ったようです。

これからは空港より建設現場の見学が喜んでくれそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔がいちばん!

 

 

 

< 自画像 >

s-IMG_4865.jpg

出社して部屋の明かりをつけて鏡を見ました。

鏡にはメチャ怖い顔した自分がそこに。

そしてセンサーが反応して長瀬の顔に変わりました。

長瀬なら怖そうでも様になっている。

ちょっと離れるとまたしわくちゃで怖そうな自分の顔。

この鏡は意地悪な魔法の鏡です。

 

 

< 笑顔がいちばん! >

s-IMG_4754.jpg

今朝、家を出る前はこの子と一緒に笑っていました。

しばらくして会社に出ると怖い顔した自分が鏡に。

これじゃあ社員にも感じ悪いのだろうと反省。

長瀬をやめてこの子の画像に差し替える事にします。

どんな時も「笑顔がいちばん!」とこの子が教えてくれるはず。

今日はイオンの開店セールで買ってあげた服を着ていました。

それにしてもツルツル綺麗な肌。羨ましいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日に日に成長




<ボンレスちゃん>

赤ちゃんが元気に成長する過程で現れるこのもちもち感。
どこのどの子もこの時期があるのでしょう。

s-IMG_4377.jpg
ぼくは「ボンレスちゃん」と呼んでいます。
指で押しても撫でてもこの感触だけは格別。


本人には気の毒ですがどうにもこのイメージが離れません。
想像しながら写していたら寝た子を起こしてしまいました。

s-IMG_4383.jpg
日に日に成長するその姿と笑顔に生きる元気をもらいます。
ハイハイが始まる頃には顔も手も足もスリムになるのでしょう。


女の子だからこんな対決だけは止めて欲しいですね。
















 

お食い初め







< お食い初め >

子供が一生、食べ物に困らないように願い
赤ちゃんに食べ物を食べさせる儀式が「お食い初め(おくいぞめ)」
この時初めてお母さんのお乳以外の食べ物を口にします。
ただし口にするといっても、食べるマネをするだけ。


ということで、我が家では三人目の孫のお食い初め。
初孫のときは部屋も可愛く飾り付け盛大な儀式でした。
下になると親も簡単に済ませようとする感じ。


それでも材料費は結構に掛けた様子。
目出度いのは大人だけでしょう。
ぼくもお裾分けを美味しくいただきました。


当の本人は親指をおしゃぶり。
食べる真似では物足りなかったようです。
着ている服もお兄ちゃんのお古。
なのでイオンのオープニングセールで買ってあげました。
衣替えの頃から着てくれるのでしょうか。
ひとまず元気にお食い初めを迎えました。





 

サンルーム







< sunroom >

紙オムツをした二人が水遊び。
サンルームの中はもうすでに初夏の陽気です。
外はと言うと視界を遮る大陸からの黄砂襲来。
春と初夏が混在する一日でした。
さすがにカメ爺もパンツ一丁というわけにもいきません。
このあと、
バケツの水を飲みだしておおはいごん(大騒ぎ)でした。






 

朝のひかり






< 朝のひかり >

ブラインドの隙間から入ってきた朝の光。
眩しい朝日とともに目覚めたのでしょうか。
とってもご機嫌なモーニング娘。
手足を懸命にバタバタ、強い生命力を感じました。
一日一日ゆっくりと成長しているようですね。













 

リボン





< ribbon >

日本海を発達した低気圧が通過したようです。
強風というより台風並みの暴風が一日続きました。
風呂上がりの今、外に出ると風も収まったようです。

そんな日曜日の楽しみは、やはりこの子の撮影です。
ピンクのボタンにピンクのリボンが可愛かったですね。
おまけに胸には可愛いウサギさん。
本人は天井を見上げぶくぶく口からよだれの泡。
蟹さんの口のようでした。

この間、ラジオでこんな曲が流れていました。
その曲名は「リボン」
こんなアイドルも居ましたね。懐かしいです。


< リボン >













 

優しさに包まれたなら




<優しさに包まれたなら>

小さい頃は 神様がいて
不思議に夢を かなえてくれた
やさしい気持ちで 目覚めた朝は
大人になっても 奇蹟は起こるよ


開運!なんでも鑑定団を見ながらコックリコックリ。
これも幸せな日曜日の昼下がり。
傍らの孫と一緒に添い寝をしてしまいました。

昨夜 偶然息子と話をしていました。
赤ちゃんが愛情を受けずに育つとどうなるか。
大丈夫。爺と婆がいます。


小さい頃は 神様がいて
毎日愛を 届けてくれた
心の奥に しまい忘れた
大切な箱 開くときは今

雨上がりの庭で くちなしの香りの
やさしさに包まれたなら きっと
目に写る全てのことは メッセージ

カーテンを開いて 静かな木漏れ陽の
やさしさに包まれたなら きっと
目に写る全てのことは メッセージ





 

いのちの授業




< Life >

「きょうも一日良い子にしているのだよ」
朝出る前にちょっとだけこの子にごあいさつ。
動かないので息をしているのか心配になることがある。
小さな胸や小さな指先が動くとほっとひと安心。
ぼくにはほんの数分の命の授業。
きょうも懸命に生きていくのだろう。
小さな命を見ていたらこの言葉が浮かぶ。

あなたはたった一つの尊い命をもって
この世に生まれた大切な存在です

お子さんに「何のために生きるの?」と聞かれたら
「誰かを幸せにするために生きるのよ」と答えてあげてください


言わずと知れた

瀬戸内さんの名言が心に響きました。