斐川町駅伝カーニバル

< 社内報 >

 

走る 第8回 斐川町駅伝カーニバル 走る

s-0C0A8813.jpg

 

 

s-0C0A8821.jpg

 

久し振りに駅伝部の応援に出掛けました。

この地元の大会は決まって大荒れの天気。

いつも傘を差しての厳しい撮影条件です。

しかし今年は予想が外れ絶好の駅伝日和。

これまでにない好記録が出ました。

実況解説は面倒なので選手の紹介だけ。

出場選手の一番の名場面を記録しました。

それぞれ格好いい走りでしたね。

 

< 1区 >  

s-0C0A8836.jpg

 

 

s-0C0A8852.jpg

 

 

<2区 >

s-0C0A8884.jpg

 

 

s-0C0A8902.jpg

 

 

< 3区 >

s-0C0A8931.jpg

 

 

s-0C0A8937.jpg

 

 

< 4区 >

s-0C0A8951.jpg

 

 

s-0C0A8986.jpg

 

 

s-0C0A9012.jpg

 

 

s-0C0A9017.jpg

 

 

< 5区 >

s-0C0A9029.jpg

 

 

s-0C0A9087.jpg

 

無事襷が繋がりゴールイン!

 

s-0C0A9117.jpg

 

仲良しの他のチームの皆さんと一緒に記念写真。

どの選手もとても素晴らしい走りでした。

一般の部の順位はこれまで最高の第四位入賞。

選手の皆さんお疲れ様でした。

 

s-0C0A9103.jpg

 

どこかで良く見掛けるこの若旦那。

「写してくれ!」の演技でしょうね。

口元と顔が笑っていました。

 

s-0C0A9118.jpg

 

 

s-0C0A9120.jpg

 

 

第29回 出雲駅伝

< 出雲駅伝 >

駅伝シーズンの幕明けを告げる出雲駅伝。

今年も沿道で記録しながら応援しました。

ポイントは家の近くの3区はエース区間。

襷を受けて走り始めたばかりの地点です。

 

この日の気温は夏日を越えて26度。

路面では30度近くあったのでしょう。

例年になく暑い戦いが繰り広げられました。

次のオリンピック選手も誕生するでしょう。

 

s-0C0A7904.jpg

 

 

s-0C0A7908.jpg

 

 

s-0C0A7916.jpg

 

 

s-0C0A7925.jpg

 

 

s-0C0A7930.jpg

 

 

s-0C0A7939.jpg

 

 

s-0C0A7919.jpg

 

第29回 出雲駅伝は東海大が優勝。

ひとまず青山学院連覇を阻みました。

来年の箱根駅伝はテレビ観戦ですね。

今年も一流ランナーの走りを記録できました。

 

 

2015 駅伝カーニバルin斐川








< 2015 駅伝カーニバルin斐川 >














今年最後の駅伝部の実況中継となるのでしょうか。

DREAM 2015 駅伝カーニバルの応援に行きました。

記憶によるとこの三年、この大会は雨の特異日。

今回も傘を差しての撮影となりました。

余程の雨男の集まる大会のようです。



















わが駅伝部はAチーム、Bチームの2チームが参加。

Bチームは3名の応援参加となりました。





















駅伝便りもマンネリ化してきました。

したがって、今年最後の駅伝便りはシンプルに。

選手のいちばん格好いい場面を残すことにしますね。


















Aチーム1区 KIICHIRO選手。




















Bチーム1区 Y.NAOKI選手。



















Aチーム2区 M.NAOKI選手。




















Bチーム2区 招待選手F選手。



















Aチーム3区 MINORU選手。





















Bチーム3区 招待選手Y選手。






















Aチーム4区 HIDEO選手。






















Bチーム4区 RYOICHI選手。
























Aチーム5区アンカー KENTARO選手。























Bチームアンカー 招待選手U選手。






















Aチームのゴールイン。





















Bチームも無事ゴールイン。





というわけで、今回はシンプルに中継させていただきました。

どの選手も雨に濡れてびっしょり。

一生懸命のランは格好良かったですよ。


















前列がAチームの選手たち。

後列がBチームの選手とマネージャーのあっ君。

招待選手のみなさん有難うございました。

みなさん素晴らしい走りでした。ご苦労様でした。






気になる戦績は、

さきほど報告がありました。








Aチーム 5位  (36分27秒)
Bチーム  13位    (42分47秒)

以上のような結果でした。
 



















 

出雲全日本大学選抜駅伝競走







< 第27回 出雲全日本大学選抜駅伝競走 >






























































































































今日は「体育の日」

そして、ここ出雲では大学駅伝の日。

去年は台風の影響で大会始まって以来の中止。

今年は二年分の熱い戦いが繰り広げられました。

いつものように家の近くで応援しました。

この中から東京オリンピックの代表選手が出るかもしれませんね。

選手の均整のとれた体と走り。うらやましい限りです。





























 

第4回 たてぬいカップ交流駅伝大会







久し振りに「社内報」

キムラ駅伝便りです。












8月も最後となった昨日の日曜日。


第4回 たてぬいカップ交流駅伝大会が開催されました。

今回も駅伝部の応援と記録係で参加しました。













心配されていた前日からの雨も上がりました。

しかし湿度が半端ではありません。

走者は大変でしょうね。

さっそく、

わが駅伝部の選手を探すことに。














いましたいました。

試走を終えてテントに集まってきました。













ゼッケンを付けて本番のスタートに備えます。

スタート前は緊張することでしょうね。












選手集合の合図でスタートの準備に入りました。



Aチームはキャプテン「kiichiro選手」

何故か余裕のカメラ目線です。

Bチーム「kentaro選手」もこの中にいるはず。















その他の選手も出番を待ちます。


普段からサービス精神旺盛の

カメラ目線で答える「M.naoki選手」

余裕の笑みでした。













今回初めて見るご当地のゆるキャラ。


名前は「おんすうふらたろう」と言うそうです。

漢字で書くと「雲州 平田郎」でしょうね。

お年寄りから若いころ聞いたことがある。

雲州平田駅が「おんすうふらたえき」



この「ふらたろう」がスターターを務めるようです。












よほどの綺麗好きな「ふらたろう」

靴にビニール袋、室内キャラでしょうか。














「ふらたろう」無事号砲。

選手が一斉にスタートして行きます。










1区スタートは健脚揃い。

いきなりすごいスピードです。














56チームが参加のようです。

これまでの最多のチーム参加ではないでしょうか。














あっという間に森の中に消えて行きました。

聞いたところによると、

山あり谷あり、結構きついコースのようです。













1周2キロを走り終えて帰って来た1区の走者。

1位で帰って来た選手は6分を切ったようです。

早いはずですね。














Aチームキャプテンが帰ってきました。

この時点で8位。いかにきついコースかが分かります。














Aチームは2区「M.naoki選手」に襷が渡りました。












フルマラソンまでは走れないものの、

この距離、この選手は何の心配もありません。






2走目からはカメラも移動。

選手諸君の記念撮影に徹します。









いつも彼女募集中「M.naoki選手」













カーブの手前で帽子を飛ばすアクシデント。

サモアの原住民「minoru選手」







そのアクシデントはコレです↓








襷を脱ぐとき帽子のつばに引っ掛かったようです。

このあと、ぼくが帽子を拾いに行きました。














チームきっての几帳面男「hideo選手」















名前は「翼」でも、

中々キャプテンになれない「tubasa選手」















迫力満点、

チームきっての重戦車「keisuke選手」

残念ですが、

ラグビー部はわが社にはありません。














少し大人びてきたペコちゃん「fumiya選手」

しんどかったのでしょう、

いつもの笑顔がありません。















何がそんなに楽しいのでしょうか。

笑顔満開、たくティーこと「takuto選手」

垣根の向こうでキャプテンが笑わせたようです。
















今回、無理やり駅伝初参加。

ドッジボール選手の「Y.naoki選手」

ボールを抱えて走った方が落ち着くでしょうね。









そんなこんなで、全員無事走り抜きました。











走り終えてリラックスしてきた選手たち。

笑顔が戻ってきました。













いつもカメラを意識する、

「M.naoki選手」と「takuto選手」流石です。














Bチーム1区「kentaro選手」の背中。

唯一、彼だけ画像に残っていませんでした。

ごめんごめん。








最後に、いつもの集合写真で締めることに。



「だれだっ!

ゲストランナーをナンパして来た奴はっ!」










すべて、招待ランナー來海りえさんのお蔭です。

みんな最高の笑顔・笑顔。良かった良かった。




今朝一番で、

キャプテンが大会記録表を持ってきました。

結果は、参加56チーム中、

キムラAチームが11位。

キムラBチームも健闘の25位でした。



今回も、参加させていただいた

たてぬいカップ交流駅伝の実行委員会の皆さまに

深く敬意と感謝を申し上げます。

ご参加すべての選手のみなさんお疲れ様でした!





































 

斐川町 出東地区ファミリー駅伝

 





3月1日(日) 雨


地元斐川町は、出東地区ファミリー駅伝大会が開催され、

わが社の駅伝部2チームが参加しました。

今回も、記録員として応援に行きました。









今年は生憎の雨の中での開催となりました。

それにしても冷たい雨。選手は大変です。











去年は、Aチームが優勝した縁起の良いこの大会。

今年も期待して、画像で選手の記録を残すことに。













学生の部、一般の部、それぞれ一斉にスタートします。

Aチーム、Bチーム、2チームが参加。

学生の中にいるはずですが確認できませんでした。











10時45分、一斉にスタート。











傘を差してのカメラワーク、体も寒さに震えます。

選手がいちばん大変でしょうが、応援も辛いものがあります。














Aチームは、キャプテンがトップで帰ってきました。

このままの順位をキープすれば良いのですが。






























































Aチーム、Bチームそれぞれ襷をつなげ力走しました。

無事にゴール。








今大会、圧倒的に目立っていたのは、







こんなチームが参加していました。

最近、色々な大会で見かけるコスプレした参加者。

実力のある者だけが出来る仮想だと思います。

マスクをしてのランは、きついでしょうね。













雨の中、走り終えた選手たちを記念撮影。


結果は、総合1位は斐川東中学校駅伝部。

わがAチームは総合で2位、一般の部では堂々1位。

Bチームは一般の部で4位でした。









仮想したチームは






「イケメンジャー」と言うそうです。

中身も、中々の「イケメン」でした。

大会に花を添えた貴重なチーム。




Aチーム、Bチームそれぞれ選手全員よく走りました。

冷たい雨の中、ほんとうにご苦労様。

帰って風呂に入ってくださいね。



























 

斐川駅伝カーニバルの記録{社内報}

 

今日は失礼して[社内連絡]




11月9日(日) 午前10時スタート

斐川駅伝カーニバルが開催され、駅伝部2チームが参加しました。

駅伝記録員として、力走する選手のナイスランを残して置きます。






今年で何回目かは分かりませんが、駅伝部としては3回目の参加だと思います。













当日は朝から生憎の雨、去年もスタート頃から土砂降りの雨でした。

記録員もまだまだ記憶が鮮明、一年前のことが昨日のように覚えています。











手元に資料も無く、正式な参加チーム数は不明。去年よりちょっと多めでしょうか。

そんな中、ゼッケン癸隠靴硲隠犬裡殴繊璽爐任了臆辰箸覆蠅泙靴拭

17がタイムの早い1軍、18が2軍といったところ。










10時の号砲とともに選手が一斉にスタートしました。












1軍はいきなり勝負に出た様子。キャプテン「喜一郎選手」が1区。

これなら安心安心。3位以内で帰ってくる予想です。











1キロ地点でやはり3位争い。しかし、トップはかなり差を広げていました。











そこからずいぶん遅れて、ゼッケン癸隠犬見えてきました。

2軍1区は「拓斗選手」 今回で駅伝2回目の参加、それでも結構な走りです。












しばらくして、トップの選手から2区のランナーに襷が渡りました。

このチームは、誰が見ても別格の走りに見えました。

レベルの違いを感じさせられることに。












それから遅れて、キャプテン「喜一郎選手」がやって来ました。

襷を貰ったのは、2区は韋駄天「純矢選手」











2軍は、2区で勝負を掛けた様子。

「拓斗選手」から副キャプテン「英夫選手」に繋げました。













そのころ、すでに1軍は1キロ地点。

韋駄天「純矢選手」は、さすがに逃げ足が早くナイスラン。












軽快に走る2軍は「英夫選手」 しかし、かなり遅れてしまいました。

これでは、上位入賞は無理かなあと予想。













1軍は「純矢選手」から3区「稔選手」へ襷が渡りました。

「稔選手」も逃げ足が速いはず、心配は要りません。











副キャプテン「英夫選手」から、襷が渡る2軍はペコちゃん走行の「史也選手」

きょうも、メチャ笑顔を沿道に向けてくれるはず。












1キロ地点のデッドヒートでは無く、周回遅れのコスプレガールを抜く「稔選手」

この時点で、トップから大きく離され7位くらいだったでしょうか。











それからずいぶんと遅れてしまった2軍は、ペコちゃん走行の「史也選手」

しんどいのでしょうか、ちょっと目線が怪しくなってきました。












それでもカメラを意識したのか、いつものペコちゃん走行を披露、これでひと安心。













おいおい!、ちょっとやり過ぎでしょう。













そのころ、1軍は「稔選手」から4区「翼選手」へ。











2軍も、無事4区「裕治選手」へ。

心配された二日酔いはなさそうな表情の「裕治選手」

帰って来たころはどんな感じになっているのでしょうか。











1軍「翼選手」もずいぶんとランナーらしくなってきました。ナイスラン。











やはり、ちょっと顔色がおかしくなってきた「裕治選手」

これから1キロがきついはずです。がんばれ「ユウジ!」って声を掛けました。














1軍はアンカー「憲太郎選手」に襷が渡りました。

これだったらそうそう心配は要りません。順位をキープするはず。











2軍はと言えば、おやおやどうしたことか、記録員は初めて見る顔。

駅伝二度目の参加「亮一選手」 いったいどんな走りを見せてくれるのか。











襷をもらったまでは良かったが、襷を掛けるのに苦戦。ちょっと窮屈そうでした。













それでも、年齢的にいってもナイスラン。重量級の走りを見せてくれました。

このままのペースで走ってくれれば良いのですが・・・













流石に1軍は早く、「憲太郎選手」が無事ゴールに入って来ました。

この時点、記録員の目視では7位だったと思います。











それからかなり遅れて、2軍アンカー「亮一選手」も無事ゴールとなりました。

かなりしんどそう。それでも良かった良かったですね。







今日のところ、

タイムの集計は後日ということで、正式な順位は分かりませんでしたが、







雨の中良く走った選手たち。いつもながら、かっこいいイケメン揃いです?

気の早い「裕治選手」と「史也選手」は、速攻で帰ってしまったようです。



今年の「斐川駅伝カーニバル」

今回も、みなさんのナイスランを記録することができました。

マネージャーの「あっ君」もお疲れでした。



駅伝部記録員として、このダイアリーに残して置きます。

頑張った選手諸君、社内のみなさまご覧ください。









 

[社内報] 今夏も熱く燃えた駅伝部





8月31日(日)

久し振りに夏の青空が眩しい、8月最後の日曜日。

「第3回 たてぬいカップ交流駅伝大会」が開催されました。

わが駅伝部も、今回で2回目の出場です。

昨年に引き続き、応援と記録を兼ねて会場に足を運びました。

私が見た選手たちの頑張った姿を残しておきます

以下、(出場選手名は敬称略)











到着後、間もなくすると選手集合!

どうやら、開会式がすでに終わっていたようです。




それにしても





まず驚いたのは参加チームの多いこと、63チームの参加だったようです。

昨年の倍増の感じがしました。

その中でも最前列に陣取っていて、ほっとひと安心。

ゼッケン癸兇登録名「木村木材Aチーム」、癸靴同Bチーム。

今年も2チームの参加でした。












スタート1区は、Aチームがキャプテン「きいちろう」

Bチームが副キャプテン「ひでお」

いきなり大将&副将が走るようです。

それにしても、なにやら重たい雰囲気の二人。

スタートは無理もないかなあと思いつつ、ちょっと二人を呼びました。











何だぁ〜意外なほど笑顔とひょうきん顔。

ぼくが心配するほどでもなかったようです。

えびすだいこく100キロマラソンの参加記念に作ったユニフォーム。

だれも良く似合っていました。作った甲斐があります。







あとの走者は





テントの中で、自分の出番を待つことになります。

出番までは、やはり落ち着かないと思います。










おやおや?、そうでもなさそう





テントの中では、Aチームは「じゅんや」と「みのる」がひそひそ話。

やがて、カメラに気付いてどちらも決めポーズ。

二人で何をひそひそしていたのかは分かりません。

まあ、本番ではしっかり走ってくれればそれで良し。








スタート5分前には





今回の招待ランナー、赤羽さんの姿。







走る気満々のように見えましたが





何故かぼくの隣に。。。



老人「赤羽さん、今日は一緒に走るんじゃないですか?」
女「今日はちょっと・・・」


大事な大会がこれから控えているのでしょうか。












どうやら、スターターのお役だったようです。

こりゃ近くで大きな音がしそう。











普段は号砲を聴く立場の赤羽選手。

よほど怖かったのでしょう、「バァーン!」目をつぶっていらっしゃいました。


これで選手は一斉にスタート。







それにしても早いこと





63名の選手が走り去ってしまいました。



おや?、ぼくの隣の隣に見えたのは、社内の「くにじ」の横顔。

水色のユニホーム、今年も別のチームで参加するようです。







これで、2キロの周回コースを走り襷を渡します。








Aチームがトップで来るのを期待していましたが、上には上がいたよう。

トップで襷を渡すこのチーム、ダントツで早かったですね。







しばらくして、





Aチームキャプテン「きいちろう」がやって来ました。

しめしめ、まだ上位の方。襷を受けるのは「なおき」です。

キャプテンについでタイムが速い「なおき」、期待が持てます。







Bチームはまだか?





しばし遅れて、Bチーム副キャプテン「ひでお」がやって来ました。

大会前夜、いつもなら夜遊びするBチーム2区の「ユウジ」 

今回は大丈夫なのか?











Aチーム「なおき」がやって来ました。早い早い。

待っているのは3区「じゅんや」

ともに21歳コンビの襷リレー、若い若い。












韋駄天「じゅんや」、こう見えても走りは安心して見ていられます。

仕事中とは、まったく別人のようでした。











Aチームから、かなり遅れたBチーム。

やっと「ユウジ」の姿が見えてきました。

襷を待っているのは3区、ペコちゃん走行の「ふみや」












おやおや、「ユウジ」にピントが行ってしまいました。

狙っていたペコちゃんの表情を捉えていません。

かすかに、しっかりとしてきた「新米パパ」の顔つきでした。














Aチーム「じゅんや」がスピードを上げてやって来ました。

いつも余裕の笑みがこぼれます。

その襷を待っているのは、駅伝初参加「たくと」

どんな走りを見せてくれるのでしょうか、楽しみです。










ちょっと顔がにやけていますが、もともとスポーツマンの「たくと」

きっとやってくれると思います。











失礼しました、Bチームはちょっと見失っていました。


気が付いたころには「ふみや」から、4区は「つばさ」に襷が渡っていました。

ちょっと!ニヤニヤ「つばさ」

襷を受け取ったはいいものの、だれかを探しているかのようにも見えます。











意外に余裕顔、Aチーム4区「たくと」が駅伝初参加で無事完走。



いよいよアンカーに襷が渡りました。

Aチームアンカーは、南の島のクロマティー「みのる」

これも、普段から異常に鍛え上げたキン肉マン。

余程のアクシデントが無い限り安心して見ていられます。












それからしばらくすると「トップがゴールします。ゼッケン癸横掘」のアナウンス。


平田高校男子チームがトップでゴールしました。

走るのが仕事、都大路を目指す高校生ランナー、こりゃ早いはずです。









それからしばらくして





忘れていたBチームの存在。

4区の「つばさ」から、アンカーの「ケンタロウ」に襷が繋がった後でした。

こう見えてもランナーが多く、今何区?と、こんがらがってしまいます。












トップから大分遅れて、Aチーム「みのる」がゴールインしてきました。

う〜ん!この分だと10位以内は厳しかったかなあ・・・が、ぼくの感。







それでも、Aチームは早い方です。





これからしばらくして見えてきた水色のユニホーム。

一目瞭然、社の「クニジ」です。周回遅れでこれからアンカーに襷が渡るようです。







そのあと、





Bチームも無事にゴールしました。順位は厳しいところかな。








ということで、





走り終わった選手たち。

ぼくには比較的楽そうに見えましたが、相当きつかったようです。








それでも、しばらく休憩した後は






走り終わった達成感に溢れ、みんなのとても良い笑顔が見れました。





第3回「たてぬいカップ交流駅伝大会(参加63チーム)」

気になる戦績は、木村木材Aチーム 35分44秒  堂々14位
        木村木材Bチーム 41分59秒  堂々36位  

という結果でした。

年々、良いチームに仕上がって来ました。

今回も、みなさんほんと良く走ってくれました。
マネージャーの「あっくん」も、お疲れ様。



 以上、駅伝部記録係からのお知らせでした。

































 

駅伝部の応援に行きました


3月30日 日曜日

第19回 荒神谷健康駅伝大会に駅伝部が今回もエントリー。

生憎の雨となりましたが、今年も記録員として応援に行きました。



この大会のコースは一区間約1.3Km、アップダウンあり、砂利道あり、芝生あり、
砂利道あり、階段ありと、荒神谷史跡公園の地形を生かしたカントリーコースです。

前回大会は、雨の中をAチーム2位、Bチーム3位と健闘しました。
それにしても今回も雨。そんな中、Aチームは優勝を狙っているようです。

それでは、駅伝部の記録員として当日の模様をダイアリーに残しておきたいと思います。
長編になりますので、退屈な方は最後の結果だけをご覧ください。




今回の参加は、小学生9チーム、中学生1チーム、一般の部23チームでした。



到着後、さっそく選手を探します。 喫煙コーナーに誰かがいるはず。



やはり居ました。和田選手が喫煙しています。高橋選手はベンチに座りにっこり。
この背中は園山選手。ランナーらしいTシャツを着ていました。



控室の光景です。ユニフォームに着替え、ゼッケンを付け合っています。
原マネージャーは仕事を取られたかの様子。いつもならマネージャーの仕事ですが。



そうこうしてる内に、開会式が始まりました。
特に、雨で滑りやすいのでご注意がありました。




スタート直前の様子。手前の園山選手は、余裕のおじさんスマイル。



そして、小学生の部からスタート。いつみても可愛らしい光景です。



そのあと、しばらく置いて一般の部がスタートしました。

Aチーム、Bチームの一区のランナーが見つけられません。



あとから画像を確認すると、Aチーム一区、森山選手が中間より後方です。
走る前に相当プレッシャーを感じていた様子、大丈夫でしょうか。




あれあれ、Bチーム一区、池田選手は最後尾。ちょっと抑え過ぎでは・・・と思いました。



何か調子でも悪いのでしょうか。目がうつろです。



なんということでしょうか、一区森山選手がトップで走って来ました。
これはいけそうです。



Bチーム一区、池田選手もかなり遅れてやって来ました。
後ろから二番手。



演技なのか、「もうだめだめ走行」はいつものこと。
調子がいいのか悪いのか・・・理解不能です。



すでに、Aチームの二区、園山選手がスタンバイしました。



そこへ、ぶっちぎりで森山選手がトップでやって来ました。



無事、二区に襷が渡りました。



それにしても、よーく見ると園山選手は左手に襷を持っているはず。
森山選手が右手を握って離しません。こいつらこんな関係?だったのでしょうか。



ずいぶん遅れて、池田選手から二区の和田選手に襷が繋がるBチーム。



和田選手に無事襷が繋がりました。イケそうな顔しています。



最後まで頑張った池田選手。意味ありげな余裕の笑顔でした。



和田選手のいつもの「ぴょんぴょん走行」。体が軽いので飛び跳ねています。



「オジサン走行」で頑張った園山選手、1位でキャプテン喜一郎に襷が渡ろうとしています。





キャプテンは何も心配は要りません。何せ一番の記録保持者。




和田選手も頑張りましたが、ずいぶんと遅れて二区、飯島選手に襷を渡しました。



つい先日、パパになったばかりの飯島選手。可愛い赤ちゃんを思い浮かべて走っている様子。
「ペコちゃん走行」健在です。



Aチームは早くも四区。荒尾選手が手をもみもみ、キャプテンの到着を待っています。



襷を持ちやすいように延ばして渡すキャプテン。さすがに駅伝慣れしています。




こちらも、新米パパの荒尾選手。帰ったらおむつの取り換えが待っているかもしれません。



カメラ目線を向けるなんて、とんでもない余裕なのか。
それにしても、鍛えた分厚い胸板です。



Bチームも第四区、「ペコちゃん走行」飯島選手から「おばさん走行」佐藤選手に。



きっと何かを起こしてくれそうな予感、とにかく奥様方に人気があります。



Aチームは、早くもアンカーの副キャプテン高橋選手。



荒尾選手から無事トップで襷が渡りました。



副キャプテンも安心して見ていられます。これならトップでゴールできそう。



このまま走ってくれと、祈りながらカメラを向けていました。



Bチームは入賞は無理そう。アンカーのケンタロウに、のっしのっしと佐藤選手がやって来ました。



それでも、最後まであきらめないで走って欲しいと、かすかな期待です。



この可愛らしいランナーに負けないように。



そうこうしている内に、副キャプテンがゴールに向かって走って来ました。
ゴールにテープが張ってあるということはトップの証。







トップでゴールイン、感動の瞬間。副キャプテンも嬉しそうです。
アンカーの責任を果たした充実の笑顔でした。




かなり遅れて、Bチームもゴールに向かってきました。



無事、なんとか完走しました。




すでに走り終わった選手達、みんな安心したかのような笑顔でした。



ここでも、みんな笑顔いっぱいでした。


大会関係者から、あれほど滑りやすいのでご注意を・・・



滑って転んだ選手の傷跡、大事に至らず幸いでした。




タイムの集計中の様子。Bチームの順位が気になります。




そして待つこと30分、成績発表があり表彰式に入りました。



代表三人が呼び出されました。Aチーム優勝です。



表彰状を受け取る 滑って転んで擦り剥いたキャプテン。



事もあろうに、優勝カップを受け取る園山選手。




重そうな副賞を受け取る高橋(副)キャプテンでした。


そして、最後に皆さんで記念撮影。



前列Aチームは、昨年の2位から見事優勝。後列Bチームは、昨年の2位から今年は何もなし。

二年連続の雨の中での大会でしたが、今回もそれぞれ全員が見事な走りでした。

選手のみなさん、マネージャーのあっ君、ご苦労様でした。

優勝のご褒美に、ユニホームを作ってあげたいと思います。


以上、
「木村木材駅伝部」、記録員からのお知らせでした。







































 
1