秋の日暮れどき

< JAC ATR42-600 >

s-IMG_8691.jpg

 

s-IMG_8692.jpg

秋の日はつるべ落とし

ことわざ辞典が思い浮かぶ秋の日の夕暮れ。

さっきまで明るかったのに五分で暗闇に。

日没の時刻は今はもう18時ちょうどです。

「時間を止めて!」と呟きながらJACを記録。

盛夏の頃より1時間半ほど損した気分ですね。

まだ日が短くなると思うと南半球に転勤です。

空飛ぶ使命感

< いつもの日常 >

s-IMG_0871.jpg

「♪ みんなぁ〜! 乗ってるかい!」

と、叫べども姿が見えない小さな窓。

4連休期間中は満席の便もあった搭乗率。

またいつもの日常に戻った空の便です。

 

s-IMG_0873.jpg

 

s-IMG_1077.jpg

「 ♪みんなぁ〜!乗ってるかい!」

と、大きく手を振れども応える顔もなし。

やはり、ほぼほぼ無乗客フライトでした。

確認する度に何かお気の毒な気持ちです。

仮に自分ひとりだけが乗客だったら、、、

空の公共交通機関の使命感を感じますね。

連休明け、出雲空港のフライト状況でした。

夏の忘れもの

< 過ぎ去る夏の思い出に >

s-IMG_0088.jpg

過ぎ去る夏の思い出に、

夏の忘れものが無いかなと訪ねた空港公園。

南の空にとてつもなく大きな白い忘れ物。

まだ俺の出番だぜ!と威張っていました。

九月と言うのに芝の上でも立派に「34℃

台風が空をかき混ぜるまで居座るのかな。

 

s-IMG_0094.jpg

 

s-IMG_0096.jpg

 

s-IMG_0116.jpg

 

s-IMG_0119.jpg

 

s-IMG_0124.jpg

「命を守るため 早めの対策を!」

気象庁が警告を呼び掛ける台風10号。

窓の網戸や鉢植えやごみバケツや自転車。

明日のところで暴風対策をしておきます。

何処であっても被害が出ないよう祈るばかりです。

ぐるっと、360度

< 夏雲にB737-346 >

s-IMG_6609.jpg

夏雲と離陸に入るJAL機を重ねて見ました。

旋回地点で待ち伏せをしてぐるっと360度。

こんなに近くで写せるのは出雲空港の特典。

お尻を向けた地点で爆風を浴びてビックリ。

さすがに737型機は迫力満点でしたね。

 

s-IMG_6616.jpg

 

s-IMG_6630.jpg

 

s-IMG_6646.jpg

 

s-IMG_6661.jpg

 

s-IMG_6688.jpg

 

s-IMG_6718.jpg

 

s-IMG_6720.jpg

夏雲とB737-346を捉えました。

さて、離陸許可を待っていよいよ出発です。

 

♪ 行って見たいな よその国 ♪

なら諦めがつくけど、

♪ 行って見たいな よその県 ♪

静かなUターン

< 日曜日の黄昏どき >

s-IMG_8089.jpg

お盆休み最終日の日曜日の黄昏どき。

出雲縁結び空港で夕日を撮影しました。

お盆の期間中の搭乗率が気になります。

いずれ静かなUターンの光景でしょうね。

コロナ禍の夏、お盆休みも終わりました。

 

s-IMG_8093.jpg

 

s-IMG_8092.jpg

 

 

盆帰り

< ひとときを故郷で >

s-IMG_7500.jpg

ひと時でも故郷で過ごしたいお盆の帰省。

早いもので今年もお盆休みに入りますね。

全国版で報道された県内の集団感染の発生。

お盆を前に急に危機感が増して来ました。

帰省は間際まで難しい判断だったでしょう。

誰もが気を付けてお盆を過ごしましょうね。

 

s-IMG_7505.jpg

 

s-IMG_7507.jpg

 

< あれから35年 >

s-IMG_7508.jpg

乗客・乗員520人もの方が犠牲になった

日航ジャンボ機墜落事故から今年で35年。

独身最後の夏だったので今でも忘れません。

 

あの夜の報道から一夜明けた現場の報道。

事故の悲惨なあの映像は頭から離れません。

今も離着陸の安全を祈りながらシャッターを切ります。 合掌

霞みの正体

< Take off >

s-IMG_5411.jpg

今週に入り毎日のように霞む周りの山々。

他県もあったようで新聞に載っていました。

記事の場所は福岡県内の周辺でした。

この気象現象の名前は「煙霧(えんむ)」

昨日は視界不良の不思議な霞みでしたね。

ひと雨降ると視界が晴れるのでしょうか。

煙霧の中飛び立つJAL機を写して見ました。

 

s-IMG_5418.jpg

 

s-IMG_5424.jpg

 

s-IMG_5429.jpg

 

s-IMG_5437.jpg

煙霧の空へ飛び立っていきました。

向かう先は北海道は新千歳空港。

二時間のフライトでもう札幌ですね。

夏の北海道へひとっ飛び

< 8月限定のフライト >

s-IMG_5173.jpg

昨年は搭乗率95%を誇った空の人気路線。

出雲縁結び空港⇔札幌(新千歳空港)便。

8月限定のフライトが今年も始まりました。

望遠レンズで迎えるのは新千歳からの初便。

機材はボーイング737-346型の大きな機材。

「日本博」のPR用特別塗装の機体でした。

後着のエンブラエル機とは親子ほどの違い。

迫力のあるランディングを記録しました。

問題は今夏のこの状況下での搭乗率ですね。

 

s-IMG_5183.jpg

 

s-IMG_5198.jpg

 

s-IMG_5208.jpg

 

s-IMG_5218.jpg

 

s-IMG_5219.jpg

 

s-IMG_5256.jpg

 

s-IMG_5315.jpg

Go To ひとまず return

< Landing >

s-IMG_0020.jpg

Go Toキャンペーンのキックオフの四連休。

観光による経済効果があったのでしょうか。

確かに県外車やレンタカーも見掛けました。

空の便も発着枠の8割方くらい運航が再開。

久々に羽を伸ばした方もあったでしょうね。

 

s-IMG_0021.jpg

 

s-IMG_0027.jpg

 

< お帰り! ただいま! >

s-IMG_0089.jpg

旅行を楽しんだ人、自宅で留まった人。

どちらも微妙な「お帰り!ただいま!」

「○○へ行って来ました〜!」

旅先のお土産を渡すのも気を使うGo To。

二週間後はどんな夏がやって来るのでしょうね。

もうひとつの土曜日

< 出雲縁結び空港 >

s-IMG_5764.jpg

第四土曜日と言う事で連休も三日目です。

重い雲が一日空を支配して連休も三連敗。

雲を見れば大気が非常に不安定のようです。

 

s-IMG_5765.jpg

出雲空港もやはり「Go To」の経済効果。

明らかに「人」の往来が増えて来ました。

明日はもう四連休最終日ですね。