ちょっとメタボなFDA

< 5号機/エンブラエル ERJ-175 >

s-IMG_4121.jpg

何につけ閉塞感が漂う春を感じる日々の中。

春特有の高揚感も事の詰まりは結局コロナ。

何とかここから出口を見つけたいですね。

自分には癒してくれる春の花と夕日の撮影。

格別高揚感をもたらしてくれるのは飛行機。

それぞれ自分が好きな気分転換が大切ではないでしょうか。

 

< ちょっとメタボなFDA >

s-IMG_4139.jpg

社内報の掲示を見つめる女性社員の後ろ姿。

何かなと思うと「健康診断日のお知らせ」

今年もまた気になる季節がやって来ました。

風呂上りの鏡に映る自分のメタボのお腹。

誰にも見られたくない寂しい情景ですね。

それでもFDAのお腹に勇気をもらいました。

このお腹で空を飛ぶことができますからね。

 

s-IMG_4149.jpg

 

s-IMG_4160.jpg

 

s-IMG_4167.jpg

大好きな飛行機の撮影は水を得た魚。

気持ちも「スカッと」しますね。

皆様にも気分転換のひとつにおススメです。

今年の最高気温

< ガンバレ!JAL >

s-IMG_4045.jpg

お彼岸も中日に差し掛かり気温も上昇。

「寒さも彼岸まで」が当たったようですね。

お昼の気温も23,2度まで上昇した出雲地方。

これからまだ記録を更新するのでしょうか。

 

s-IMG_4072.jpg

「ガンバレ!航空業界!」

世の中が下りのなかでレンズ越しに応援するしかありません。

 

s-IMG_4074.jpg

 

s-IMG_4079.jpg

 

s-IMG_4080.jpg

 

s-IMG_4082.jpg

 

s-IMG_4087.jpg

 

s-IMG_4097.jpg

本来ならば今日19日はセンバツ開幕の日。

しかしラジオからは応援や球音の音も無し。

甲子園からの実況が聴けない春も経験無し。

ざわめくも春の訪れを歓喜する春センバツ。

「寂しくも静かな春」がいつまで続くのでしょうか。

不要不急の空の玄関口

< 出雲縁結び空港 >

s-IMG_9930.jpg

島根県東部の空の玄関口は「出雲空港」

不要不急のあおりを受けて感じた異変。

平時はほぼ満車の駐車場で分かりました。

P1は456台のところ「空」227

P2は66台のところ「空」8

P3は75台のところ「空」25

玄関に近いP1〜P3は平日でも駐車は困難。

空いていたらラッキーの駐車スペースです。

停められない時は東駐車場か公園駐車場へ。

 

s-IMG_6083.jpg

運悪く回される東駐車場は680台の収容。

週末には8割方が埋まる離れた駐車場です。

 

s-IMG_0014.jpg

これがこの閑散とした状況です。

観光や出張までも不要不急のお出掛け自粛。

普段の状態からはとても信じられない光景。

これが目に見えないコロナの感染恐怖。

この光景には背筋がぞーっとしました。

 

s-IMG_1954.jpg

「がんばれJAL!・がんばれFDA!」

と応援しても自分自身も搭乗の予定も無し。

手を振っても応える乗客は何人でしょうか。

減便もやむなしの状況の出雲縁結び空港です。

FDAで運気もアップ

< ERJ 175/ゴールド >

s-IMG_8660.jpg

 

空飛ぶ大好きな「フジドリームエアライン」

何種類の機体色があるのかご存知ですか。

昨年末に2色が増えて1号機から16号機。

といことは、全16色が運航されています。

この日はたまたま自分が好きな「金ちゃん」

「金ちゃん!」元気にしとったか?

小学生の時から付けられたぼくの「あだ名」

この歳になっても友達からこう呼ばれます。

自分の死に際も友達は「金ちゃん〜」でしょうね。

 

s-IMG_8661.jpg

 

この機体を見ると幸せな気分になれます。

しばらく見放された運気も3月からアップ。

とくに「金運」の予感がしますね。

 

s-IMG_8662.jpg

次の便は何が飛んでくるのか分かりません。

心配されるのはコロナショックの利用者減。

空席が気になりながらカメラを振りました。

FDAはどの機体もぼくの心のビタミンカラーです。

今も新婚当時の味がする

< Telescope Lens >

s-IMG_3744.jpg

写真の醍醐味は何と言っても超望遠レンズ。

被写体を引き寄せるだけではなく圧縮効果。

空気までもが圧縮する感覚がたまりません。

焦点距離600ミリの重くて辛い手持ち撮影。

 

s-IMG_3754.jpg

 

s-IMG_3761.jpg

 

s-IMG_3774.jpg

 

s-IMG_3775.jpg

 

s-IMG_3796.jpg

 

s-IMG_3814.jpg

今ではすっかりオールドレンズの仲間入り。

結婚間もなく勢い余って買ったこのレンズ。

昔のフィルム全盛時代の設計のレンズです。

それでも渋い色でもきっちりとした解像度。

何せその当時は軽トラック1台買える代物。

仕舞いっぱなしではもったいないですね。

今でも新婚当時の味がする大切な宝物です。

出雲空港国際線

< CHINA AIRLINES >

s-IMG_8097.jpg

先日、JALの到着を待っていたらCHINA AIR。

チャーター便が今も就航しているのですね。

 

s-IMG_8102.jpg

 

s-IMG_8112.jpg

 

s-IMG_8117.jpg

「颯爽と通過したい憧れの国際線搭乗口」

これまでと違いイメージが変わりました。

国際線搭乗のステータス復活を願うばかり。

心なしか機体も肩身が狭そうに見えましたね。

君は、誰

< Private Jet >

s-IMG_6742.jpg

いつもと違い軽快な音で降りてくる機体。

「君は、誰?」とカメラを向けてみました。

 

s-IMG_6745.jpg

プライベート用かビジネスジェットか。

こんなのに乗れるのは特別な方ですね。

顔が見れるはずもありません。

 

s-IMG_6747.jpg

まさか、ZOZOの前の社長さん。

まさか、芸能界の有名芸能人。

まさか、IRに関係する大物代議士。

色々想像を膨らませてくれるジェットでしたね。

嬉し涙の雨が降る

< 雨のエアポート >

s-IMG_5309-1.jpg

一月も早いもので最後の週の始まりです。

今日は冷たい雨と風が吹き付ける月曜日。

この大粒の雨は徳勝龍の嬉し涙でしょう。

大関を破っての初優勝はお見事でした。

 

s-IMG_5324-1.jpg

初々しい表彰式と感動的なインタビュー。

千秋楽の締めは思わずもらい泣きでしたね。

 

s-IMG_5330-1.jpg

自分が応援していたのは小柄力士「炎鵬」

「徳勝龍」対「炎鵬」戦。

個人的にはこの取り組みが見たかったです。

 

s-IMG_4029.jpg

それにしても徳勝龍は巨漢力士。

これまで存在すら知りませんでした。

春の大阪場所が楽しみですね。

 

日曜の黄昏どき

< 出雲の日 >

s-IMG_6094.jpg

今日、1月26日は「いずもの日」

出雲市では今年からこれに決まったようです。

かなり無理のある語呂合わせで「い・ず・も」

「いつむ」が出雲弁で言うと「えづも」?

都会の人には「何の言葉?」でしょうね。

えづもの空の玄関口と言えば、

「出雲縁結び空港」で日曜の黄昏撮影です。

冬日和

< 手を振って >

s-IMG_5459.jpg

空港公園では可愛い瞳がFDA機をお出迎え。

赤いダウンの女の子が控えめに手を振る姿。

操縦席からも手を振って応えていましたね。

「赤」と「赤」で切り撮って見ました。

 

s-IMG_5468.jpg

 

s-IMG_5470.jpg

昼過ぎから空が晴れて日が柔らかな日差し。

小春日和にはまだ早く麗らかな冬日和です。