高まる緊張感

< TOKYO 羽田 >

s-IMG_0983.jpg

東京アラートの解除から三週間。

全国の移動自粛解除から二週間。

少しずつ往来が増えてきた出雲空港です。

カメラを向けるとこの頃再び高まる緊張感。

JAL TOKYO 羽田便。

 

 

 

未だに自由に飛び回る用事はありません。

全国往来解除

< 緑の芝にティーグリーン >

s-IMG_4924.jpg

国内の移動の制限から全国の往来解除。

解除後初めて飛行機を撮影しました。

緑の芝生に浮かぶ離陸するFDAの機体。

心なしか元気そうに飛び去る公園広場。

これも移動自由で一歩前進ですね。

駐車場も少しずつ空車が埋まって来ました。

 

s-IMG_4925.jpg

 

s-IMG_4926.jpg

本日のフライト状況【出雲空港】

< お帰り!まる子 >

s-IMG_2430.jpg

数日前から情報をキャッチしていました。

待ちに待った「FDA」の運航が今日再開。

出雲空港の本日のフライトスケジュール。

神戸以外の名古屋(小牧)・仙台・静岡便。

確かにFDAの時刻表が復活していました。

運休されてからおよそ40日ぶりの運航。

恐る恐るにそれぞれ一日1往復の限定です。

それでもコロナに負けないで1歩前進です。

 

s-IMG_2441.jpg

 

s-IMG_2442.jpg

 

s-IMG_2444.jpg

 

s-IMG_2445.jpg

 

s-IMG_2446.jpg

あぁ〜 まるこゃ〜 ひさしぶり

おじいちゃん! げんきだった〜

 

「 雨漏りと 嬉し涙が 顔濡らす 」

      友蔵 感激の俳句より

雨降りでもまた「まる子」に会いに行けますね。

ブルースカイ・ブルー

< 操縦席での会話 >

s-4f51949c41c87e25a8245b80d21e8408_l.jpg

出雲空港から珍しく離陸する機体を見上げ、

操縦室内でのこんな物語を描いてみました。

 

(副操)機長!ちょっとやばくないですか

(機長)何がっ

(副操)ちょっと上げ過ぎじゃないですか

(機長)何がっ

(副操)何がって、あ・た・ま、

(機長)頭は前を向いているよ

(副操)いや、自分の頭じゃなくて機首!

 

s-IMG_7769.jpg

 

(機長)そうか?いつもより上げ過ぎたかな

(副操)そうですよ、びっくりしましたよ!

(副操)機長!なにかあったんですか

(機長)ごめんごめん嬉しい知らせがあって

(副操)うれしい知らせって

(機長)君も知ってる「緊急事態 全面解除」

(副操)あ〜昨日安倍さん言ってましたよね

(機長)これから俺たちの仕事も元の日常!

    そう思ったら気分も上がったよ

(副操)それで頭もハイになったんですね

 

s-IMG_7771.jpg

 

(機長)それできょうは何人

(副操)何人って

(機長)お客さんに決まってるだろう

(副操)あ〜すみません乗客の事ですね

    CAからの報告では5名ですね

(機長)そうか〜これまでと変わんないな

    我々 乗務員の数と同じか・・・

(副操)大丈夫ですよ昨日の今日ですから

    やがてきっと元に戻りますって

(機長)そうだよな、

          緊急事態が終わって良かったな

 

< Blue Sky Blue >

s-IMG_7777.jpg

いつの日か機内から青空が見たいですね。

 

昨日5月25日、

安全宣言は出ないものの緊急事態全面解除。

少しずつ和らいできた感染の不安や恐怖。

とは言ってもこれからは新たな生活様式。

完全にウィルスが消えるまで予防の日々。

今日の陽性者は何人、何人が新たに死亡。 

累計の感染者数何人、累計死亡者数は何人。

これまでいかに数字の呪縛に怯えた事だろう。

親しげな良きライバル

< 不思議なご縁結び >

s-IMG_4263.jpg

これまでにない大幅減便となった出雲空港。

東京羽田便は昼の一便の往復になりました。

それ以外は、隠岐、福岡、伊丹便の一往復。

飛行機を見るのも新鮮に感じる毎日ですね。

 

s-IMG_4275.jpg

 

s-IMG_4287.jpg

これまで多くの姿があったライバルの光景。

全くいなくなったかと思ってたら二人の姿。

親しげなライバルの背中が写り込みました。

 

s-IMG_4291.jpg

背格好、後ろ姿と股下の身体的特徴。

唯一違うのは頭のてっぺんの黒々とした髪。

何か自分で自分を写しているかのよう。

ぼくとそっくりさんのカメラマンでした。

三十年前の自分にタイムスリップでしょう。

まるで趣味も似たような分身さんでしたね。

 

s-IMG_4310.jpg

レンズを振っていくとこちらにも。

元気だった頃のお袋のような面影の婦人。

「母ちゃんがスマホ持ってるはずも無し」

時たま離発着する出雲縁結び空港公園。

三十年前の母と子の姿がありました。

また会う日まで

< 菜の花に幸せ運ぶ >

s-IMG_2613.jpg

今日で四月も終わりですね。

今月最後の画像は幸風に揺れる菜の花。

その上を飛び立つ ✈幸せ運ぶFDA✈

この組み合わせを幾たび待ち伏せしました。

 

< FDA7号機/JF07FJ >

s-IMG_2622.jpg

 

s-IMG_2624.jpg

 

s-IMG_2627.jpg

 

s-IMG_2632.jpg

さよなら!FDA!

長引く旅客需要の経験の無い大幅な減少。

神戸便に始まり仙台・静岡便も運航休止。

最期まで運行していた名古屋も運航休止。

今あるモノがいつまでもあるモノではない

感染拡大が次から次へと楽しみを奪います。

 

s-IMG_2229.jpg

自律神経も日替わりで乱されたこの四月。

それでも、毎日元気に投稿が出来ました。

今月もご訪問戴きありがとうございました。

菜の花に飛ぶ

< FDA エンブラエルERJ-175 >

s-IMG_2514.jpg

菜の花に身を潜めて待つのはFDA機。

イエローの機体ではなく13号機はネイビー。

今日は春の日和で日射しが暖かな土曜日。

明日から傘マークが続く天気予報ですね。

今のうちにしばし日光浴です。

 

s-IMG_2522.jpg

 

s-IMG_2525.jpg

雲の切れ間

雲切れ間からほんの一瞬のスポットライト。

駐機中のFDAの機体を照らしてくれました。

スポットライトアワーの時間帯です。

 

< Spotlight Hour >

s-IMG_9778.jpg

 

s-IMG_9778-2.jpg

 

s-IMG_9782.jpg

ちょっとメタボなFDA

< 5号機/エンブラエル ERJ-175 >

s-IMG_4121.jpg

何につけ閉塞感が漂う春を感じる日々の中。

春特有の高揚感も事の詰まりは結局コロナ。

何とかここから出口を見つけたいですね。

自分には癒してくれる春の花と夕日の撮影。

格別高揚感をもたらしてくれるのは飛行機。

それぞれ自分が好きな気分転換が大切ではないでしょうか。

 

< ちょっとメタボなFDA >

s-IMG_4139.jpg

社内報の掲示を見つめる女性社員の後ろ姿。

何かなと思うと「健康診断日のお知らせ」

今年もまた気になる季節がやって来ました。

風呂上りの鏡に映る自分のメタボのお腹。

誰にも見られたくない寂しい情景ですね。

それでもFDAのお腹に勇気をもらいました。

このお腹で空を飛ぶことができますからね。

 

s-IMG_4149.jpg

 

s-IMG_4160.jpg

 

s-IMG_4167.jpg

大好きな飛行機の撮影は水を得た魚。

気持ちも「スカッと」しますね。

皆様にも気分転換のひとつにおススメです。

今年の最高気温

< ガンバレ!JAL >

s-IMG_4045.jpg

お彼岸も中日に差し掛かり気温も上昇。

「寒さも彼岸まで」が当たったようですね。

お昼の気温も23,2度まで上昇した出雲地方。

これからまだ記録を更新するのでしょうか。

 

s-IMG_4072.jpg

「ガンバレ!航空業界!」

世の中が下りのなかでレンズ越しに応援するしかありません。

 

s-IMG_4074.jpg

 

s-IMG_4079.jpg

 

s-IMG_4080.jpg

 

s-IMG_4082.jpg

 

s-IMG_4087.jpg

 

s-IMG_4097.jpg

本来ならば今日19日はセンバツ開幕の日。

しかしラジオからは応援や球音の音も無し。

甲子園からの実況が聴けない春も経験無し。

ざわめくも春の訪れを歓喜する春センバツ。

「寂しくも静かな春」がいつまで続くのでしょうか。