日本の夏、わが家の夏

< 夜空を彩る >

s-0C0A0977.jpg

 

日本の夏の夜空を彩る打ち上げ花火。

週末は各地で花火大会がありましたね。

爆音とともに魂までも揺さぶられます。

日本の夏の風物詩はやはり花火ですね。

 

s-AC花火.jpg

 

s-AC花火2.jpg

 

< わが家の夏 >

s-IMG_2619.jpg

夜まで待てない「わが家の夏の風物詩」

暗い方が風情があっていいと思うのですが。

辺りが暗くなる前にすべてが燃え尽きます。

打ち上げ花火のイメトレ

< 松江水郷祭 >

新潟は長岡の花火大会が始まりました。

昨夜はNHKテレビでライブ中継番組。

全国屈指の花火大会は芸術的でしたね。

興奮して画面に見入ってしまいました。

 

明日はいよいよ今年も松江水郷祭の花火。

今年はどうしようか迷っています。

突発性の発熱に備え、準備のイメトレだけ。

過ぎ去った湖上花火で振り返って見ました。

 

s-IMG_8941.jpg

 

s-IMG_9005.jpg

 

s-IMG_8953.jpg

 

s-IMG_8954.jpg

 

s-IMG_8961-1.jpg

 

s-IMG_8961.jpg

 

s-IMG_8977.jpg

 

s-IMG_8942.jpg

 

s-IMG_8994.jpg

 

s-IMG_8996.jpg

 

今年はどんな花火の新作発表があるのでしょうか。

 

 

花火の撮影は計画的に

「夏はやっぱり花火だ〜!」

といっても何ら計画性はありません。

この夜は隣町は松江市宍道町の花火大会。

暗闇の人混みをかき分けて辿り付いた先。

やっとの事で三脚が立てられた場所は鬼門。

花火が上がってから浮かび上がる黒い影。

「あちゃー!柱があったのか!」

黒い影は気にしないで「ご笑見」下さい。

この夏初めての花火は邪魔物が居ました。

 

< 花火の魔法 >

s-0C0A0940.jpg

 

s-0C0A0940-1.jpg

 

s-0C0A0944.jpg

 

s-0C0A0951.jpg

 

s-0C0A0960.jpg

 

s-0C0A0961.jpg

 

s-0C0A0977.jpg

 

s-0C0A0986.jpg

 

s-0C0A0987.jpg

 

s-0C0A0996.jpg

 

柱が写らないよう工夫してもこれが限界。

一畳分だけ空いてる意味が分かりました。

移動しようにも何処を見ても人・人・人。

やはり明るい内に場所探しは必須ですね。

 

 

2017 松江水郷祭湖上花火<2>

 

< 2017 松江水郷祭湖上花火 >

この夏の思い出に今日は松江水郷祭。

対戦相手は15キロ先の30万人の観客。

それらが見上げる1万発の湖上花火です。

今年も一人ぼっちで大砲で迎え撃ちました。

この夏も記録に残すことが出来ました。

 

s-0C0A5573.jpg

 

 

s-0C0A5597.jpg

 

 

s-0C0A5598.jpg

 

 

s-0C0A5601.jpg

 

 

s-0C0A5613.jpg

 

 

s-0C0A5618.jpg

 

 

s-0C0A5619.jpg

 

 

s-0C0A5628.jpg

 

フィナーレはいつも興奮して露出に失敗。

今年も自分ではこれが精一杯の戦いでした。

30万人の雄叫びが聞こえるようでしたね。

 

 

 

2017 松江水郷祭湖上花火<1>

 

< 2017 松江水郷祭湖上花火 >

この夏の思い出に今日は松江水郷祭。

対戦相手は15キロ先の30万人の観客。

それらが見上げる1万発の湖上花火。

今年も一人ぼっちで大砲で迎え撃ちました。

 

s-0C0A5539.jpg

 

 

s-0C0A5551.jpg

 

 

s-0C0A5549.jpg

 

 

s-0C0A5566.jpg

 

 

s-0C0A5570.jpg

 

 

s-0C0A5581.jpg

 

この夏も記録に残すことが出来ました。

 

 

夏花火

 

< 夏花火 >

今日から八月に入りましたね。

とにかく一カ月が早く過ぎてしまいます。

この調子だと今月もあっという間でしょうか。

 

「八月」この季節に浮かぶのはやはり夏花火。

八月最初の画像はドカーンと打ち上げ花火です。

お盆に向かい各地の花火大会が楽しみですね。

 

s-0C0A9849-1.jpg

 

 

s-0C0A9839.jpg

 

 

s-0C0A9866.jpg

 

 

s-0C0A9915.jpg

 

 

s-0C0A9892.jpg

 

 

s-0C0A9916.jpg

 

 

s-0C0A9872.jpg

 

 

s-0C0A9867.jpg

 

やはり花火は良いですね。

気分もスッキリしました。

 

 

2016 松江水郷祭湖上花火大会 < 後半 >

 

 

 

 

< 遠花火 >

松江水郷祭湖上花火大会も後半戦。

少しずつバルブ撮影のタイミングが掴めました。

今宵の敵は一万発。こちらは百発百中を狙います。

どんな花火が上がるかワクワクしながらフィナーレを待ちます。

 

s-0C0A3829.jpg

 

s-0C0A3837.jpg

 

s-0C0A3843.jpg

 

s-0C0A3838.jpg

 

s-0C0A3846.jpg

 

s-0C0A3839.jpg

 

s-0C0A3847.jpg

 

s-0C0A3840.jpg

 

s-0C0A3853.jpg

 

s-0C0A3841.jpg

 

s-0C0A3855.jpg

 

s-0C0A3856.jpg

 

s-0C0A3858.jpg

 

s-0C0A3861.jpg

2016 松江水郷祭の花火大会もこれがフィナーレ。

乱発の花火に魅了され平常心を忘れ露出もオーバー。

そして風に流されない煙に邪魔されてしまいました。

対戦結果と言えば後半になるにしたがって敗戦濃厚。

煙が無かったら違う展開もあったでしょうね。

一万発の花火を15キロ先で待ち構えていたひとりのカメ爺。

2016 松江水郷祭の花火を「撮ったぞっ〜!」

写りはともかく無謀な行動力を評価いただければ幸いです。

今年の花火大会も生きた証を残せました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016 松江水郷祭湖上花火大会<第一部>

 

 

 

< 2016 松江水郷祭湖上花火大会 >

今宵の対戦相手は直線距離で15キロ先。

宍道湖の向こうに現れるだろう湖上花火です。

今年も現地は諦め 遠くホームの西岸より迎え撃ちます。

s-DSC_0090.jpg

打ち上げ開始1時間前に撮影現場に到着。

どうやらこんな場所から写すのは自分だけ。

今夜は独占撮影となりそうです。

この場所から狙うのは誰が考えても無謀でしょうね。

明るい内にカメラを三脚にセット。

カメラの各種設定とピントを合わせておきます。

すべてマニュアルで自分のイメージ通りに設定。

これで最後までカメラに触れることはありません。

あとはただトラブルがない事を願うばかり。

 

s-DSC_0100.jpg

撮影機材は2台体制。両手にはリモートスイッチ。

それぞれ別々にリモート撮影となります。

松江の街並みにポツリポツリと灯りが灯り始めてきました。

狙う先には三十数万人のワクワクする花火見物客。

ここは静かに見守る自分だけ。

それにしても夜も更けると余計に遠くに感じます。

打ち上げ開始まで10分。お茶しながらスタンバイしました。

 

どんな花火が写せたのでしょうか。

画像が多くなりますので前半と後半に分けて掲載します。

無謀な撮影だったので拙い画像になってしまい恐縮です。

よろしかったらご覧ください。

それでは20時、打ち上げ開始です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

< 遠花火 >

 

s-0C0A3767.jpg

 

s-0C0A3769.jpg

 

s-0C0A3784.jpg

 

s-0C0A3787.jpg

 

s-0C0A3792.jpg

 

s-0C0A3794.jpg

 

s-0C0A3802.jpg

 

s-0C0A3805.jpg

 

s-0C0A3806.jpg

 

s-0C0A3808.jpg

 

s-0C0A3813.jpg

あっという間の30分。

近くで見上げた方は綺麗でしたでしょうね。

遠花火、ひとまず前半戦終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏花火

 

 

 

< 夏花火 >

夏のこの時期、陽が落ちると何処からか打ち上げ花火の音。

夏の代表的な風物詩、花火の音が心躍らせます。

昨夜は、お隣りの街で夏祭り恒例の花火大会がありました。

この夏初めての花火の撮影に挑戦。打ち上げ10分前に到着。

結果、自分でも苦笑い。花火の手前に無数のお邪魔虫。

打ち上がってから明るくなり初めて気が付きました。

 

s-IMG_5953.jpg

 

s-IMG_5955.jpg

 

s-IMG_5979.jpg

 

s-IMG_5990.jpg

 

s-IMG_6004.jpg

 

s-IMG_6005.jpg

五線譜ならぬ六線譜の上で開く大輪の花火。

ご愛嬌ということでお許しください。

やはり、花火の撮影は明るい内に場所取りするのが鉄則ですね。

次の花火大会にリベンジです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対戦結果(2)











2015松江水郷祭湖上花火大会対戦結果。


フィナーレに向かって第二部の開始です。
















単発で練習を重ね、ある程度間合いを掴めました。


第二部は、怒涛の連発花火です。

























































































































































さあ、これからがフィナーレです。
























今年も感動的なフィナーレ。


近くで見た方は凄かったでしょうね。


1万発の花火との戦いもこれで終わり。


15キロ先の対戦相手は、


やはり手ごわかったですね。












花火の終焉後、


ちょっと切ない気分になるのは自分だけでしょうか。











機材の撤収を始めようとしたら、


お月様が顔を出しました。


花火を満喫したかのように真っ赤でした。





そんなこんなで、


2015松江水郷祭湖上花火大会の対戦結果。


長々とご覧いただき ありがとうございます。