冬の夕映え

< 夕映え >

s-IMG_2402.jpg

 

s-IMG_2403.jpg

 

s-IMG_2405.jpg

今年の流行語大賞

今年の流行語大賞は ONE TEAM でしたね。

初めてのラグビーワールドカップの大熱狂。

日本代表の活躍で国民も一つになりました。

職場でもこれから多用される言葉でしょう。

 

< one world >

s-IMG_2264.jpg

出雲縁結び空港に駐機するJAL機と防災ヘリ。

たまたまこの便は one world の機材でした。

one teamと違い世界中の空のアライアンス。

お互い協力するスケールが違いますね。

 

s-IMG_2257.jpg

 

s-IMG_2258.jpg

 

s-IMG_2293.jpg

こんな感じで世界中が「ストップ・温暖化」

毎年繰り返す「百年に一度」の自然災害。

三十年に一度から始まり、五十年、百年。

このままだと気象データの無い時代にまで。

子や孫のために one world 喫緊の課題です。

マジックアワー

< 家の光 >

s-IMG_1682.jpg

 

s-IMG_1683.jpg

夕暮れのマジックアワーに浮かぶ家並み。

そろそろ晩御飯の支度の時間でしょうか。

家の灯りが暖かく恋しい季節になりました。

日曜日の黄昏時に

< 晩秋夕景 >

s-IMG_5918.jpg

「いずる雲」と書いて「出雲(いずも)」

晩秋のこの季節は特別それを感じさせます。

午後から雲に覆われ諦めていた今日の夕空。

ほんの隙間から少し微笑んでくれました。

日没時刻はもう17時。あっという間です。

 

s-IMG_5919.jpg

 

s-IMG_5924.jpg

日曜の黄昏どき

< 薄暮に映る >

s-IMG_0855.jpg

 

s-IMG_0856.jpg

 

s-IMG_0854.jpg

秋の空は急展開

< 夕暮れの彩り >

s-IMG_6414.jpg

 

s-IMG_6415.jpg

 

s-IMG_6413.jpg

晴れから雨へこんなに急展開したのは予想外。

今日の空模様は急転直下で誰かの心と秋の空。

朝の雰囲気だったらお出掛け日和でしたね。

突然の大雨でずぶ濡れになりました。

それでも終わり良ければすべて良し。

夕焼けライブ

< 日曜の黄昏どき >

s-IMG_0061.jpg

雲が多く諦めていた日曜日の黄昏どき。

夕焼けハンターにお呼びが掛かりました。

部屋の窓から赤く見えたので早速玄関に。

そこから導かれるように近所の坂道から。

今日の夕空は中々の激しいお点前でした。

ラグビー日本代表を応援しているようです。

 

s-IMG_0060.jpg

 

s-IMG_0063.jpg

 

s-IMG_0065.jpg

 

s-IMG_0066.jpg

〜がんばれ!ラグビー日本代表!〜

また、あした!

秋の日はつるべ落とし

< また、あした >

s-IMG_6454.jpg

秋の日はあっという間に夕日が沈みますね。

釣瓶落としのことわざを実感させられます。

 

s-IMG_6452-1.jpg

 

s-IMG_6452.jpg

好きな挨拶は「お休み」より「またあした」

無事に朝を迎える保証ないのに、また明日。

それは明日へ希望をつなぐ魔法のことだま。

お休み!といえば本当に休んでしまいそう。

またあした、またあした!で一日が暮れる。

明日もまた綺麗な夕暮れに出逢えるのかな。

またあした!と呼びかけて撮影を終えます。

秋の残照

< 残照 >

s-IMG_5974.jpg

 

s-IMG_5975-1.jpg

 

s-IMG_5975.jpg

出雲の日没の時刻は17時48分。

シャッターを押すこの時間は18時15分。

手持ちでの撮影はもうこれが限界ですね。

日本海に沈む夕陽が一瞬燃えてくれました。

これも一期一会の出逢いです。

小さい秋

< 今日から十月 >

s-IMG_5982.jpg

薄曇りでも所々に青空が見える出雲の空。

いよいよ今日から十月に入りました。

気持ちも消費税も新たに今月もスタート。

暑くて衣替えも来週辺りからでしょうか。

 

s-IMG_5987.jpg

昨日県外を出発した貨物が入荷ラッシュ。

大量の木材を荷卸ししてくれたようです。

早朝よりご苦労さま。

今日から取扱商品の消費税は10%。

今後の景気の落ち込みが気になる朝でした。

 

< 秋風に揺れる >

s-907ec5f9c86096cb96052b9149f09668_m.jpg

 

s-907ec5f9c86096cb96052b9149f09668_m-1.jpg

昼間の夏日の余韻が少し残る夕暮れ時。

ススキの穂が秋風に揺れる小さな秋を発見。

虫の音もひと際賑やかになってきました。

秋の夕暮れは心なしか寂しさを感じますね。