心を映す

< 雨上がり >

心がそわそわざわざわとした一週間もやっと終わり。

各会合や気を使う面談もあり落ち着きのない日が続きました。

こんな日は何故か心も写ってしまいます。

日に日に早苗も成長してざわざわしてきました。

この水田を利用した写心撮影もそろそろ終わりを迎えます。

 

s-IMG_2189.jpg

 

s-IMG_2190.jpg

 

s-IMG_2191.jpg

 

今日からまた新たな一週間が始まりました。

今週は雨上がりのような一週間にしたいですね。

 

明日は世界中が注目する「米朝首脳会談」

いよいよこの日がやって来ましたね。

2018年 6月12日は歴史に残る日になるのでしょうか。

「トランプVS正恩」いずれ、注目の取り組みです。

 

遠き山に日は落ちて

< 六月の暮色 >

s-IMG_1818.jpg

 

梅雨入り間近なこの夕暮れどき。

夕日ハンターに出掛けて見ました。

 

〜遠き山に日は落ちて・・・

頭に浮かんだのはドヴォルザークの交響曲第9番「新世界」

自分にはキャンプファイアーを思い出す歌ですね。

焚火を囲んで友達と大きな声で歌ったものです。

 

s-IMG_1817.jpg

 

この日の日没時刻は19:19分。

夏至に向かってずいぶん日が長くなりました。

夏至から7月初旬までは日没が最も遅く19:27分。

もう8分ほどゆとりの時間が持てそうですね。

それでも一日があっという間に感じるのは忙しい証拠。

一日一日、用事があることに感謝ですね。

 

s-IMG_1812.jpg

 

 

 

 

日曜の黄昏どき

< 日曜の黄昏どき >

s-IMG_1978.jpg

 

この週末は穏やかに晴れ渡り申し分のない黄昏でした。

毎日、まいにちが穏やかな日々が一番ですね。

 

 

ビニールハウスがある光景

家家 ビニールハウスのある光景 家家

s-IMG_2095.jpg

 

s-IMG_2096.jpg

 

 

雲立つ

雲 雲立つ 雲

s-IMG_1642.jpg

 

s-IMG_1642-1.jpg

 

s-IMG_1648.jpg

 

 

薫風

風 薫風 風

s-IMG_1980.jpg

 

乾いた爽やかな風が心地良い夕暮れ。

南の空が少しピンク色に染まりました。

このそよ風こそが「薫風」というのでしょう。

 

この日はチョットだけ夕日ハンター。

光る川と光る水田を写して見ました。

 

s-IMG_1976.jpg

 

s-IMG_1979.jpg

 

 

西城秀樹さんを偲んで

夕日 夕陽が泣いている 夕日

s-IMG_3902.JPG

 

綺麗な夕日のはずがこの日は泣いているように見えました。

西城秀樹さんの突然の訃報。とても残念なニュースでした。

ステージで熱唱する西城さんの元気な姿を見たのは三年前。

 

< 2015年 9月26日 >

s-031.jpg

 

s-031-2.jpg

 

今でも懸命に頑張る姿を感動とともに記憶しています。

 

謹んでご冥福をお祈りいたします。

西城さん、あの時の感動ありがとう!

 

s-0C0A8306.jpg

 

 

田園が織りなすハーモニー

夕焼け 夕焼けルンルン 夕焼け

s-IMG_1825.jpg

 

s-IMG_1824.jpg

 

s-IMG_1821.jpg

 

今年もカメ爺はこの情景を待ちわびていました。

それは早苗が植えられた水田に映る夕焼けの余韻。

明日もいい日になりそうな一期一絵の応援団。

夕焼けハンターにはたまらない一日の終わりです。

 

春から初夏へ

夕焼け 五月の夕焼け 夕焼け

s-0C0A0393.jpg

 

s-0C0A0394.jpg

 

狙うのは新緑の緑と雲に隠れる夕日とひこうき雲。

欲張りな夕日ハンターは今も元気に出動しています。

春から初夏へ移り往く匂いと雰囲気を感じましたね。

 

 

赤い川に春の嵐

雷 春の嵐 雷

s-IMG_1250.jpg

 

s-IMG_1252.jpg

 

ゴールデンウィーク後半のスタートは春の嵐。

丸二日に渡り、西寄りの強い風が吹いています。

初日は夕暮れと同時に黒い雲に覆われやがて雷雨。

暗くなってから大粒の氷が降ってきました。

強風と一緒に上空に強い寒気が南下したよう。

終日外仕事をしていたら目に違和感が残りました。

風に乗って色々なモノが飛んでいたようですね。