甘い誘惑

ケーキ 甘い誘惑 ケーキ

s-IMG_7000.jpg

 

 

s-IMG_7002.jpg

 

そろそろ3時。午後のお茶にしませんか?

家の近くにオープンしたケーキ屋さんの甘い誘惑。

若い頃はパクリと食べれたケーキも半分がやっと。

徒歩圏内も良いような悪いような・・・甘い誘惑。

 

 

出雲そばとサイドメニュー

< 出雲そば >

迷わず決めたこの日の昼のメニューは蕎麦。

さて今日は〜 ラーメン or うどん or 蕎麦 or パスタ

麺好きはその日の気分でいつも迷いますね。

 

この日のお店はこれも迷わず「めぐみ。恵」さん。

出雲大社の神門通りにこの夏オープンされたお店。

新規開拓のつもりで飛び込んでみました。

 

s-IMG_6514.jpg

 

麺の見極めはもちろん割子蕎麦ですね。

手打ちならではの腰のある麺とのど越し。

癖のないすっきりとした自分好みの蕎麦でした。

欲を言えばもう少し麺を増量して欲しいですね。

 

s-IMG_6512.jpg

 

驚いたのは定食に添えてある鶏の唐揚げ。

専門店にも負けない食材と絶品の揚げ具合。

これはほんとうにお勧めです。

お持ち帰りしたいくらいでしたね。

店の廻し者ではありませんが皆様も是非どうぞ。

 

手打ち出雲そば「めぐみ。恵」さん。

 

s-IMG_6516.jpg

 

ちなみにお隣りは我が家もよく利用するお店。

天然酵母のパン屋さん「mike」さんがあります。

この日ももちろん買って帰りました。

 

冷麺の思い出

ラーメン 冷麺 ラーメン

コンビニで見ると思い出すパックの冷麺。

新人店員さんのあの笑顔にあっぱれ!

今思い出してもあっけにとられて苦笑い。

もう間違えをしなくなったのでしょうか。

 

s-IMG_5182.jpg

 

「お客様〜!お温めしましょうか?」

 

s-IMG_5184.jpg

 

レンジでチン!

こんな感じになるのでしょうか。

今度冷麺を持ってレジに並んで見ようかな。

 

 

無添加のパン屋さん

パン 無添加パン パン

日頃、無添加・無添加と原料に神経質な娘。

その本人が原料の原料にまで拘って焼いた品。

今日はその焼きたて自家製パンの撮影です。

自身や家族の健康を心配して焼いたのでしょう。

冷まして置いてあるところを写して見ました。

 

s-IMG_5725.jpg

 

s-IMG_5719.jpg

 

s-IMG_5715.jpg

 

s-IMG_5700.jpg

 

そして次の朝、

このパンが食べれると思っていたら、

どうやら考えが甘かったようです。

食卓に置いてあったいつものパン。

ビニールの袋に入ったパンでした。

 

s-mainimg_pdtDtl12.jpg

 

食欲が細った年寄りには添加物や保存剤。

食べ残しても明日の朝また出て来ます。

今更無添加も意味ないということでしょうね。

 

 

ドラゴンフルーツ

 

< doragon fruit >

沖縄で暮らす弟が贈ってくれた夏の味。

毎年この時期に言わなくても届きます。

まさか振込用紙は同封されてないはず。

お中元の気持ちがプンプン匂いますね。

早々に南国の魅惑的な食感を味わいました。

 

s-IMG_5622.jpg

 

s-IMG_5625.jpg

 

s-IMG_5627.jpg

 

s-IMG_5630.jpg

 

s-IMG_5633.jpg

 

実は栄養の宝庫といわれるドラゴンフルーツ。

そのなかでも赤紫色のレッドドラゴンでした。

女性にはダイエットや美肌効果や便秘解消。

自分はメタボ解消や老化防止の願いを込め。

この夏も美味しくいただきました。

 

のどぐろ

 

< のどぐろの気持ち >

宴席の途中に出てきた日本海の海の幸。

高級魚なので気合を入れて撮影しました。

「何撮っているんだい?」と、両脇の客人。

「腹黒い人間に食されるのどぐろです」

としか返事が浮かんでこなかった。

この会の顔ぶれを改めて見渡して見た。

そんな自分もその中のひとり。

 

s-IMG_4534-1.jpg

 

 

s-IMG_4534-4.jpg

 

 

s-IMG_4534-1-2.jpg

 

テニスの「圭くん」なら良かったでしょうに。

のどぐろもすごく嫌そうに見えましたね。

それはそれとしてプロの煮つけは抜群でした。

 

 

いきなりステーキ

 

 

< Filet de boeuf grille a la crem de moutarde de Dijon sauce vin rouge >

s-IMG_2092.jpg

牛フィレ肉のグリエ  ディジョン産粒マスタードのクリームと赤ワインソース

 

 

s-IMG_2091-2.jpg

 

 

s-IMG_2091.jpg

 

シェフが創るとどうしてこんなに名前が長くなるのでしょう。

それは食べる方が素人だからでしょうね。

ぼくには「口の中で溶けるようなステーキ」の思い出。

 

このごろ毎晩口にするのは「豆腐」と戴き物の「筍」

もうこれで十分な食欲になりました。

欲を言えば魚と野菜があれば最高ですね。

 

< Carpaccio de daurade marinee a lalgue Aossa,salade mesclun,vinegrette aux herbes et aux ikuras >

s-IMG_2082.jpg

真鯛のカルパッチョ あおさ海苔の香り サラダを添えてハーブとイクラのヴィネグレット

 

ぼくには「魚のカルパッチョ」

これも長い名前でしたね。

一流シェフの心のこもった渾身の作品。

自分にはもったいないようなコースでした。

 

 

ルビーのいちご

 

 

〜ルビーのいちご〜

s-IMG_2461.jpg

 

地元で頑張るお店を応援します!

 

年月をかけて開発されたと聞く、〜ルビーのいちご〜

発売にこぎつけたのは、

会社のイベントでもお世話になった「吉岡製菓」さん。

若い人たちが頑張っている老舗和菓子屋さんですね。

 

このルビーのいちご。

発売から口コミで話題になっているようです。

買って見ようと思っていたところの戴き物。

パッケージから始まってふたを開けた感動。

すごく丁寧に作られた話題のルビーのいちご。

お値段以上に食べて見たくなるいちごでした。
地方ではもったいないような新商品でした。

感謝を込めて「ルビーのいちご」を撮影。

 

s-IMG_2470.jpg

 

 

s-IMG_2472.jpg

 

 

< ルビーの伝言 >

s-IMG_2463.jpg

 

大切な方への贈り物にすればきっと感動されるでしょうね。

 

 

苺のムースとフレッシュフルーツ

 

 

< 苺のムースとフレッシュフルーツ添え >

s-IMG_2095.jpg

 

高級そうな白い皿に飾られた食後のデザート。

一流の盛り付けのセンスが伺えます。

ご馳走になったので値段は分かりません。

聞けばもう少しゆっくり味わったかも知れません。

自分にはもったいないような高級デザートでした。

これも「苺一会」でしょうね。

 

苺と言えば、

ここのところ苺をいただく機会が多いですね。

先日も知り合いの板金屋さんからいただいた苺。

さっそく我が家流で盛り付けていただきました。

 

< 苺とスヌーピー添え >

s-s-IMG_1541.jpg

 

名前は忘れましたがこれも絶品でした。

平べったいような苺らしくないイチゴ。

糖度酸味ともバランスがとれた苺でした。

何といっても人間も問題は中身が大事。

形はどうあれ、「中身で勝負」ですね。

 

s-s-IMG_1548.jpg

 

どちらさまも、ご馳走様でした。

 

 

 

 

ランチ対決

 

< Lunch >

久し振りに二人で外ランチ。

気さくな店でメニューも何でもアリ。

全部食べたいほどのバリエーション。

ちゃらんぽらんな性格は自分のこと。

酒もちゃんぽんなら食事もちゃんぽん。

メニューを見て無性に食べたくなりました。

とろとろ熱々美味しいスープに麺のコシ。

相方は、何と大きな「唐揚げ丼」

さっそく、食する前に画像対決です。

 

< ちゃんぽんVS唐揚げ丼 >

s-IMG_1250.jpg

 

 

s-IMG_1635-1.jpg

 

 

 

s-IMG_1251.jpg

 

さて、この麺と丼のランチ対決。

みなさまの判定はどっち?