群青に染まる湖

< 宍道湖暮色 >

 

 

 

s-IMG_9628.jpg

群青色に染まる空を映す宍道湖の湖面。

どうやら天気は下り坂、明日は雨かな。

じっとりとした湿度までもが写りました。

これも一期一会の自然が映す暮色ですね。

 

 

湖に映る秋の月

< 湖上の月 >

s-2870621_l-5.jpg

 

s-2870621_l-5-2.jpg

昨夜はとても綺麗な月夜でしたね。

見上げた方もあったのではないでしょうか。

念のために、今夜は九月の満月。

念のために、中秋の名月ではありません。

今年の中秋の名月は10月1日の満月です。

秋の月は何となくロマンチックですね。

日曜日の黄昏どき

< 最後の日曜日 >

s-IMG_9607.jpg

 

s-IMG_9607-2.jpg

ラジオから恒例のリクエスト特集です。

「夏の終わりに聴きたい曲は?」

懐かしくも心に響く名曲ばかりでした。

思わずジーンと胸が熱くなりました。

夏の終わりに思う事は誰も一緒ですね。

朝から気温もぐんぐんと上がり終日猛暑、

八月の初旬の頃のような体感でしたね。

この夏ももう最後の日曜日の黄昏どき。

宍道湖に夏雲

< 宍道湖の夏 >

s-IMG_5169.jpg

 

s-IMG_5175.jpg

 

s-IMG_5171.jpg

昨日の雨で「煙霧」も晴れた日曜日。

久しぶりに宍道湖に夏が戻りました。

気温もぐんぐん上昇、気持も上昇です。

昼前後は力強い夏雲が見られましたね。

霞みの向こうに

< 盛夏夕照 >

s-IMG_7103.jpg

猛暑による気温の上昇からでしょうか。

もう四日間も廻りの山々が霞みます。

まるで春の霞ならぬ盛夏の霞み。

入道雲や情熱的な青空が望めませんね。

中国大陸からの変なものではないと思いますが。

 

s-IMG_7110.jpg

 

s-IMG_7113.jpg

 

s-IMG_7115.jpg

 

s-IMG_7117.jpg

 

s-IMG_7116.jpg

それぞれの構図

< tree >

s-IMG_4037.jpg

湖面の葦原の群生に緑が映える一本の樹木。

こんなシンプルな場面でも足が止まります。

ここでよく迷うのは画面上での樹木の配置。

真ん中では芸が無いので左かあるいは右か。

どうでもいいところで悩んでしまう悪い癖。

見る人によって意見が分かれるでしょうね。

 

s-IMG_4038.jpg

 

s-IMG_4039.jpg

フラワームーン

< Flower Moon >

s-0C0A9666.jpg

昨夜はちょっと肌寒い五月の満月。

フラワームーン綺麗でしたね。

ご覧になった方もあるでしょう。

ちなみに四月はピンクムーン。

来月はストロベリームーンですね。

今夜も少し欠けた月が綺麗だと思います。
天気が良いので月光浴ができますよ。

 

s-0C0A9675.jpg

 

s-0C0A0885.jpg

かなりのパワーなのでここ一週間は要注意。

どこかで強めの揺れが心配されます。

どうか難無く過ぎますように。

水辺の花

< 斜光に染まる >

s-IMG_3814.jpg

湖面の葦が斜光に照らされれる宍道湖百景。

春になると水辺の花と一緒に写すのが定番。

これまでに何度もこの情景を写した事やら。

結局のところこの水辺が好きなようですね。

 

s-IMG_3817.jpg

 

s-IMG_3816.jpg

宍道湖の恵みに感謝

季節が逆戻りしたようですね。

昼前に白い粒が雨に混じりました。

気温は何とか二桁台の10度。

西風が冷たく背中がゾクゾク。

老体でも敏感に感じる季節感。

事務所も誰かしら暖房にON。

自分だけでなくひと安心です。

 

< 三つに感謝 >

s-IMG_2689.jpg

今日23日はご当地発の「今日は何の日?」

宍道湖の恵み「し・じ・み」の日ですね。

出雲弁では「しぃ・じぃ・みぃ」かな?

 

毎日が「3密」の日々でも今日は「3感」

宍道湖に感謝・しじみに感謝。何よりも、

命がけで漁に出る漁師さんに感謝ですね。

 

< しじみの力 >

s-1672457_m.jpg

もうひとつ感謝したいのはオルニチンの力。

この成分のおかげで救ってもらう「晩酌組」

これに「ウコン」を入れたいくらいですね。

夜は寒そうなのでこの組み合わせでしょうか。

たった今、喉が鳴ったのはだれ!?

薄墨色の情景

< 水墨画の世界 >

s-IMG_9306.jpg

昨日までの春色から一変して色の無い情景。

今にも泣きそうな空模様の一日でしたね。

宍道湖の湖面と周囲の山々と立ち込める雲。

すべてが薄墨で描くモノクロの世界でした。

光が届かないと「抑えられた感」充満です。

 

s-IMG_9325.jpg

 

s-IMG_9329.jpg

 

s-IMG_9333.jpg

 

s-IMG_9339.jpg