クリスマスツリー

今週は寒い日が続いた一週間でしたね。

「小雪」からあっという間に移りゆく暦。

今日はもう二十四節気の「大雪」です。

初雪は昨日松江、鳥取で観測されたよう。

当地出雲はみぞれ雨だったのでしょうか。

冬型の気圧配置で時雨れた一週間でした。

 

< Christmas Tree >

s-e5d3ece3fc4f2cdd9a5fff722fdb5b73_l.jpg

「今日は何の日?」

どういう理由か意味は分かりませんけど、

「クリスマスツリーの日」のようです。

わが家も台所の隅にドカッと鎮座してます。

毎日LED電球がチカ・チカと癒してくれます。

 

s-9f49b2e3bc05853d17e607c2a3995785_l.jpg

忘年会でも繰り返すとあっという間にクリスマスですね。

心揺さぶる昭和の演歌

< 哀しみ本線 日本海 >

 何処へ帰るの 海鳥たちよ

 シベリアおろしの 北の海

 私には 戻る 胸もない

 戻る 戻る 胸もない〜

s-35489bf89a0f1e2f84067ff078920f1d_l.jpg

帰宅途中にFMラジオで流れる昭和の演歌。

イントロ部分から心が揺さぶられました。

思わず音量を上げ浮かぶ情景は冬の日本海。

今聴いても森昌子は抜群の歌唱力ですね。

日ごと晦日に向かうこの時期にぴったり。

大晦日の紅白歌合戦も浮かんできました。

久し振りにCDでも買って聴こうかな。

トラック野郎の深夜便なら泣けますね。

 

s-IMG_3400.jpg

 

写ルンです

< 傘の出番 >

s-IMG_2605.jpg

十二月のスタートは全社朝礼の日。

生憎の雨模様で傘の出番となりました。

泣いても笑っても今日が今年最後の月例会。

同じ事なら笑ってスタートが一番ですね。

始まりから司会の企画で笑わせてくれました。

 

< 笑いの伝道師 >

s-IMG_2598.jpg

事あるごとに笑いを誘う「よしだパパ」

今朝はこんな顔に変装していました。

仮面や変装モノが大好きなようですね。

近頃少しママと気まずいことがあったよう。

純粋に他人の笑顔のために気遣う彼の姿。

この冬の賞与にプラスの評価に反映。

今年の最高評点は「宮古島の白鳥」かな。

 

楽しかったあの夜の事を話してくれました。

家でもこんなことするのでしょうか。

いずれ仕事先を間違えたのかも知れません。

彼の影響力で今朝はぼくの話も脱線。

ボンジュール!K君にバトンを渡しました。

 

s-IMG_2601.jpg

暫くの間、届けを出して姿を消した「K君」

無事に帰国したようでハネムーンの土産話。

何せ一生一度の経験ですからね。

珍しいボンジュール話を聞かせてくれました。

 

その上お土産も沢山買って来てくれました。

K君ありがとうございました!

 

< 母を偲ぶ >

s-a30608677e3b5e0e2389ecd681c5975b_l.jpg

ちょうど今日は亡き母の命日。

朝礼が終わってから墓参しました。

母親が元気な時は「写ルンです」の時代。

天国で綺麗な風景でも写しているのだろうか。

今なら誰でも写せるデジカメをプレゼントしたと思います。

そんなデジカメも今は珍しくない一億画素の時代。

「母ちゃん」にそんな事を言っても無駄な事。

何にせよ感動にカメラを向けるのは大切ですね。

日曜の黄昏どき

< 静寂 >

s-IMG_2594.jpg

 

s-IMG_2595.jpg

 

s-IMG_2591.jpg

今日から十二月、師走に入りましたね。

朝からいつ泣いてもおかしくない空模様。

予想外に夕暮れまで頑張ってくれました。

日中の気温は16度と寒さを感じません。

流石にこの時間はもう肌寒さを感じます。

日曜の黄昏どき、無風の宍道湖を撮影。

とても穏やかな師走の始まりでしたね。

十二月を迎える出雲大社

雲ひとつない青空が広がる出雲の空です。

今週は出張もあってあっという間の一週間。

十一月もいよいよ今日で終わりですね。

霜月最後の日に出雲大社に参拝しました。

今日は友引と言うことで結婚式や紐落し。

土曜日なので県外から大勢の参拝客の姿。

温かな日差しで絶好の参拝日和でしたね。

 

< 霜月から師走へ >

s-IMG_2826.jpg

 

s-IMG_2837.jpg

 

s-IMG_2847.jpg

 

s-IMG_2849.jpg

 

s-IMG_2855.jpg

 

s-IMG_2881.jpg

 

s-IMG_2871.jpg

 

s-IMG_2877.jpg

 

s-IMG_2883.jpg

明日からもう十二月、師走に入りますね。

十一月もお陰様で元気で投稿出来ました。

拙い画像をご覧いただき有難うございます。

ご近所のイルミ

< Patisserie Casquette >

s-IMG_2821.jpg

近所のケーキ店の外を写させて戴きました。

開店から二年目を迎えたカスケットさん。

地元でもすっかり愛される人気のお店です。

シーズンに入りここでもイルミネーション。

今年は電飾も増え明るさが一層目立つ外観。

店主の事業意欲と元気度が感じられます。

夜道が暗い田舎では貴重な防犯灯ですね。

 

s-IMG_2822.jpg

家から近過ぎる「甘味処」

家の女性陣もついつい引き込まれます。

今日は何の日

< 露天風呂 >

s-aaa7a154b9b5b5e6bc925a1cc351ce2b_l.jpg

十一月は「今日は何の日」が多いですね。

語呂合わせが「イイ」なので今日は風呂の日。

忘年会で露天風呂に入ったのは十日前のこと。

山間の小川流れる「いいね」の風呂でしたね。

 

s-aaa7a154b9b5b5e6bc925a1cc351ce2b_l-1.jpg

次は何の日?

今月最後は「いい肉の日」でしょうか。

精肉業界にとっては「29日」は吉日。

食べたくなるようなこの日も良さそう。

ブラックフライデー

< 街の灯り >

s-IMG_0844.jpg

夜の帳が下りてから街灯りと対戦しました。

漆黒の湖面に映る尾を引く光のすだれ。

黒い金曜日を意識して撮影しました。

シャッタースピードが遅くて厳しいですね。

思わずこの流行り歌を口ずさんでいました。

 

s-IMG_0848.jpg

 

s-IMG_0853.jpg

♪そばに 誰かいないと 沈みそうなこの胸・

まるで 潮がひいたあとの 暗い海のように♪

ぼくが18歳のころの青春ソングですね。

 

 

小雪

今日は二十四節気の「小雪」ですね。

冬用タイヤへの交換時期を知らせてくれます。

 

< 大安吉日 >

s-65abd308203ab5bf54bdeaf0b2105c26_m.jpg

そして今日は吉日に重なる「いい夫婦の日」

■黒い金曜日なんて縁起でもありませんね。

「いい・ふうふの日」におめでたい結婚式。

あちらこちらで挙式も多いかも知れません。

自分も遠い過去にこんな場面もありました。

それが真珠婚を過ぎ珊瑚婚へ向かうことに。

いずれ、二人揃って無病息災に感謝ですね。

 

< honey moon baby >

s-IMG_1035.jpg

それはそうと、

一週間分の欠勤届を出して姿を消したK君。

いまごろ何処の国で何をしているのだろう。

ぼくが電話したら出てくれるのでしょうか。

自分には気になっても知る由もありません。

それにしても、

〜明日から行って来ま〜す!〜とでも、

報告してくれたらお小遣いでも渡せたのに。

そしたらそれが倍になって帰国するはず?

まさか珍しいチョコひと口ではないと思う。

残念な思い20%、これで良かった80%。

今となっては楽しみにお土産を待つだけ。

余計な気を使わせたくなかったのでしょう。

ぼくの財布にも優しい思いやりK君でした。

人生一度限りの目出度い旅を楽しんで欲しいものですね。

日向ぼっこ

< 凍てつく朝 >

s-DSC_1631.jpg

今朝は今季一番の冷え込みでしょうね。

気温は2,6度と寒い朝を向かえた出雲です。

出社間もなくスマホでいつもの北山遠望。

手先が悴んで手袋が欲しい季節到来です。

嬉しい事に早朝から大量の製品の入荷。

今日は一日中、配送日和になりそうです。

 

s-DSC_1633.jpg

 

< 日向ぼっこ >

s-IMG_0075.jpg

陽射しに集まって日向ぼっこする雀の群れ。

足元暖房がいちばん快適だったようですね。

高いところにいるのはリーダーでしょうか。

〜日向ぼっこ〜

ほっこりとして好きな言葉です。