ご縁を結ぶ春の出雲大社

< 弥生の月礼拝 >

s-IMG_4343-1.jpg

今日は三月も最後の佳日でしたね。

今月も無病息災で過ごせたので月礼拝。

春を迎えた出雲大社にお参りしました。

 

s-IMG_4322.jpg

 

s-IMG_4328.jpg

 

s-IMG_4335.jpg

 

s-IMG_4337.jpg

 

s-IMG_4352.jpg

桜も咲き始めたこの佳き日は「友引」

出雲大社の大神様のありがたいご加護。

今のところ安心安全な出雲大社での挙式。

祝福の笑顔あふれる光景が印象的でした。

どうかどうか、末永くお幸せに。

季節の移ろい

春への移ろいを知らせる二つの標本木。

毎年楽しみな撮影のひとつになっています。

自分が選んで記録するのは「柳」と「桜」

芽吹きと開花で正直に春を知らせてくれます。

 

< 標本木 >s-IMG_2736.jpg

 

s-IMG_2734.jpg

 

s-IMG_2542.jpg

今日は気持ちの良い青空が拡がる一日です。

小さな記念日

< Petit Anniversary >

s-IMG_3995.jpg

今日は個人的に当ダイアリーのプチ記念日。

この度50万ページビューを記録しました。

多くの皆様にご訪問戴き無事到達しました。

 

s-IMG_3990.jpg

想えば2012年3月に開設の写真ダイアリー。

以来自分勝手に投稿した記事は2,773ページ。

そこから、2013年11月に10万PVに突入。

自分では、ある意味50万PVが目標でした。

 

これまで何の意味もない自分の投稿画像。

何ら勇気と感動を与えることはできません。

空の色、雲の形、暮れゆく夕焼け空の色。

それも全て自分が感じた一期一会の瞬間。

自己中心の迷惑な仮想空間かもしれません。

宜しければ今後とも訪ねてやってください。

これまで長かった道のり、

「迷い込んでのご訪問」

「ポチして読み逃げ?」

いや楽しみにご訪問戴いた皆様のお陰です。

これから次のステップは100万PVが目標。

人生の扉が開いている内に達成したいもの。

ポチ逃げスルー、ファンの皆様に感謝ですね。

小さな春

< つくし >

s-IMG_0299.jpg

 

s-IMG_0298.jpg

 

s-IMG_0296.jpg

突然急用のため立ち止まって下を見ると土筆。

斜光を受けて暖色に染まり温かな表情でした。

ウォーキングの途中に「小さな春」を発見。

春遠く

< センバツの聖地遠く >

s-甲子園球場.jpg

「第92回 選抜高等学校野球大会」

日本高野連の判断は大会中止の発表でした。

出場選手、関係者、高校野球ファンの落胆。

春&夏大会の自分の声も届きませんでした。

春選抜はやはり幻に終わるのでしょうか。

 

s-6cbec9a9c77aa7db80642c8832092650_l.jpg

とにかく遠かった母校の21世紀枠の聖地。

甲子園に応援に行くのが楽しみでしたね。

 

s-IMG_0268.jpg

今はこの応援の封書も空しくデスクの上に。

「夏」に気持ちを切り替えるに時間が必要。

全ての春の楽しみが遠のいてしまいました。

 

< 中止のお知らせ >

s-IMG_0265.jpg

年度末から新年度にかけて各種団体の会合。

ひとつ残らず中止のお知らせが届きました。

僕の仕事もことごとく「遠のく春」ですね。

あの日から9年

< 記憶 >

s-IMG_1074.jpg

東日本大震災の発生から今日で丸9年。

復興に向かい多くの方々の「ふんばり」

それでもいまだ復興も道半ばなのだろうか。

報道は少なくなっても思いを馳せる3 11。

当たり前の日常が当たり前に戻ったこの頃。

自分への戒めと記憶をたどる日にしたい。

合掌

 

s-IMG_1145.jpg

 

s-IMG_1090.jpg

 

s-IMG_1129.jpg

 

s-IMG_1133.jpg

 

s-IMG_1165.jpg

これから十年後、二十年後の月日の流れ。

大切な人や大切な思いでさえも失った悲しみ。

この歌が違和感もなく聴こえる日がくるのだろうか。

 

< 時代 >

3月9日

< 三月の風に想いをのせて >

s-DSC_1708.jpg

雲ひとつない快晴の朝を向かえた出雲の空。

川霧に浮かぶ山の稜線に携帯を向けました。

三月の風に想いをのせて今日はレミオの日。

また新しい一週間の始まりですね。

今週も体調管理に努めてがんばりましょう。

 

s-DSC_1710.jpg

 

< 3月9日 >

s-c903a931291008e307f536524d5a71ea_l-2.jpg

流れる季節の真ん中で

ふと日の長さを感じます

せわしく過ぎる日々の中に

私とあなたで夢を描く

3月の風に想いをのせて

桜のつぼみは春へとつづきます

 

作詞:作曲 藤巻亮太

唄     レミオロメン

無観客で迎えるこの「球春」

< 第92回選抜高等学校野球大会 >

s-af859370be1a979fc2482ae98f4f708f_l.jpg

〜コロナのバカ野郎!〜

数万の観客のブーイングが聞こえてきます。

センバツは無観客で場合によって大会中止。

21世紀枠地元母校は平田高等学校野球部。

後輩が悲願を果たしたので喜んでいました。

個人的に無観客だったらいっそ大会は中止。

五輪大会終了後全校の出場権はそのままに、

夏の大会の都道府県覇者と春夏の合同大会。

毎日新聞・朝日新聞の応援企画で特別大会。

春夏全国高等学校野球選手権大会での開催。

そうすれば夏もチャンスが増えるチームも。

そうは願っても日本高野連の最終的な決断。

今年はこれからも初めての特別な事が多くなりそうです。

三線の日に〜海開き!〜

< 三線の日 >

s-6e498f81050b2788adf4f09122f1c067_l-2.jpg

三月四日、きょうは「三線の日」ですね。

島時間には無くてはならない癒しの楽器。

独特の音色で沖縄滞在時を思い出します。

 

s-IMG_9804.jpg

わが家の床の間にはもちろん三線。

寒い時期には触らず眺めてるだけです。

日本中の人が見えない敵に怯える毎日。

心が沈みがちな時こそ奏でたいですね。

厳しい状況だからこそ三線の出番です。

皆様も良かったら「琉歌」を聴かれませんか。

 

< 三線の花 >

 

< 日本一早い海開き >

s-IMG_1297.jpg

日本一早い沖縄の海開き!

恩納村の村長さんが一番くじ引いたのか?

今年はここ「かりゆしビーチ」のようです。

きょう「三線の日」に合わせて海開き。

いかにも沖縄らしいタイミングですね。

 

s-IMG_1300.jpg

今すぐにでも行きたくなる沖縄の美ら海。

不要不急の外出自粛の影響で叶いません。

自由に歩き回れるようになれば迷わず直行。

それまでに「三線の花」が弾けるように練習です。

 

< どんな時も 心に太陽を >

s-IMG_9867.jpg

ひな祭り

< うれしいひなまつり >

s-84cf5a5926fe2bc3bac088cb31e04aa0_l.jpg

あかりをつけましょ ぼんぼりに

おはなをあげましょ もものはな

ごにんばやしのふえたいこ

きょうはたのしいひなまつり

 

< ひな人形 >

s-IMG_9801.jpg

きょうは「ひな祭り」ですね。

我が家も一週間前に自室に飾りました。

それ以来この人形の傍らで寝ています。

以前のように興味を示さなくなった豆助達。

オルゴールを聴きながら見つめていたあの頃が懐かしいですね。

 

< 深夜のオルゴール >

s-IMG_9801-2.jpg

部屋を暗くして布団に入ったころ。

突然鳴り出すオルゴールの寂しい音色。

それも超ゆっくりに最後のフレーズ。

♪  ひ、な、ま、つ、り、♪

 

「まさかっ!座敷童の仕業か?」

部屋の灯りをつけて見渡しました。

どうやら犯人は我が家の「座敷荒らし」

豆助が廻した残りのバネが残っていたよう。

もうかれこれ三十年も前のオルゴールです。

これには流石に背筋がゾッとしましたね。

「もう夜中に鳴らさんでよ!」