秋霞み

< 霞みの中で >

晴れているはずなのに次第に霞む景色。

松江の街並みも山々もやがて視界ゼロ。

天気も下り坂かと勘違いしていました。

どうやら原因は大陸からの「PM2.5」

環境基準越え(やや有害)の数値のよう。

秋なのに春霞を思わせる一日でした。

まったく歓迎できない贈り物ですね。

 

s-0C0A7774.jpg

 

s-0C0A7778.jpg

 

s-0C0A7782.jpg

 

晩御飯のメインはここで調達でしょうか。

慣れた手つきで糸を垂らすお二人さん。

通い慣れたご常連とお見受けしました。

会話を盗み聞きしたらチンプンカンプン。

ポルトガル語 or スペイン語?

体型からして地球の裏側の客人のよう。

遠い国から、ようこそ、ようこそ。

 

上から目線

目 上から目 線 目

久し振りにメチャ上から目線の人に会った。

話し半ばで嫌気がさして反抗したくなった。

「ナニ?この上から目線!あなた何様?」

自分は身長が足りないので背伸びしても無理。

こうはなりたくないお手本のような人だった。

 

s-0C0A5931.jpg

 

コミュニケーションは下から目線が大切ですね。

 

 

実りの秋に台風接近

< 実りの秋に台風接近 >

東シナ海から九州に接近する台風18号。

秋の行楽シーズンの連休に合わせたかのよう。

強い勢力なので警戒が必要のようですね。

18号とか19号と聞くと過去には大きな被害。

実りの秋に被害が出ないことを祈るばかりです。

 

 

s-DSC_0799.jpg

 

s-DSC_0800.jpg

 

s-0C0A7565.jpg

 

 

 

Jアラートのテレビ

< Jアラート >

s-FNkgj99xwzCA3_JCegQjwSmpia9uPmbDHqSVYhCupLKDtfqYHXggV38_ARCeQCBQ2IPhiQ--.jpg

 

こども あれ〜?

てれびのがめんがかわったよ〜

せっかくおもしろかったのに〜 子供

 

s-IMG_5337-1.jpg

 

こども あちゃ〜 またこのがめんだ〜

これってなあに?やめてほしいね 子供

 

男 たびかさなるこのこういはっ!

またまただんじてようにんできません。

すぐこくれんにいいますからごあんしんください。

 

秋空に秋の風

< 秋空に秋の風 >

s-0C0A6260.jpg

 

s-0C0A6261.jpg

 

s-0C0A6263.jpg

 

爽やかな秋風を受けてゆっくり川面を進むカヌー。

ゆったりとした時間にしばし足が止まりました。

漕いでいる人も気持ち良いでしょう。

自分が乗ればすぐ転覆でしょうね。

ここは心地いい風が吹いていました。

 

秋祭りと相撲大会の記憶

まつり 岩野薬師大祭 まつり

秋の訪れを告げるお祭りでしょうか。

今年もお祭りの日がやって来ました。

子供の頃からどうしても外せないこの祭り。

二学期が始まって沈んだ心を救ってくれた祭り。

今でもそのDNAが騒ぎ出してしまいます。

 

ステージでは何とカラオケ大会。

最近見掛けなくなったので新鮮に映りました。

緊張して歌う人、リラックスして聴く人。

そのすべての明るい笑顔は平和の証し。

お祭りは幾つになっても楽しいですね。

 

s-0C0A7525.jpg

 

s-0C0A7483.jpg

 

s-0C0A7489.jpg

 

s-0C0A7501.jpg

 

s-0C0A7497.jpg

 

s-0C0A7517.jpg

 

s-0C0A7470.jpg

 

< 奉納相撲大会 >

s-0C0A7346.jpg

 

s-0C0A7345.jpg

 

s-0C0A7341.jpg

 

s-0C0A7331.jpg

 

ぼくもこの頃、

半ば強制的に出させられたこの相撲大会。

しかし、まったく思い出が蘇って来ません。

よほど恥ずかしい試合だったか恥ずかしい失態。

その頃は「忘れよう!忘れよう!」だったのか。

あぁ〜記憶が〜、

あれから半世紀の時が流れました。

 

 

 

 

秋の気配

< 秋の気配 >

s-0C0A7372.jpg

 

s-0C0A7380.jpg

 

s-0C0A7392.jpg

 

s-0C0A7456.jpg

 

 

太陽フレア

< 白 露 >

二十四節気の「白露」の日は終日雨。

露どころかまとまった降雨になりました。

今朝は朝露を探して会社の廻りを少し徘徊。

何てことないスナップ撮影に終わりました。

この週末は天気も良さそうですね。

 

s-0C0A7307.jpg

 

s-0C0A7317.jpg

 

s-0C0A7319.jpg

 

s-0C0A7318.jpg

 

s-0C0A7323.jpg

 

 

太陽 太陽フレア 太陽

s-IMG_5942.jpg

 

今話題の「太陽フレア」

今朝もニュースでやっていました。

太陽フレアの粒子が今朝地球に到達。

カメラを向けても写るはずもありません。
写ったのは「レンズフレア」でした。

液晶モニターだから覗ける太陽ですね。

一眼レフでは目をやられてしまいます。

それではみなさま良い週末を。

 

橋の上のプロポーズ

< 海に消えたプロポーズ >

s-IMG_3697.jpg

 

s-IMG_3721.jpg

 

人生、これからがバラ色。これから幸せな未来。

ご本人にとっても、告白された同僚の女性の方。

近親者の方にとっても残念な不運の事故でした。

テレビや新聞で面白おかしく報道されることも無念でしょう。


謹んでお悔やみ申し上げます。

 

< 伊良部大橋 >

s-0C0A2884-1.jpg

 

島民の要望開始から40年での悲願の完成。

着工後、9年の歳月をかけて2015年に完成。

総事業費は395億円。

無料通行橋としては国内最長(3.540メートル)と記されています。

 

太陽と月と怪しげな雲に歌

9月3日(日)

秋篠宮家の長女眞子さまと大学時代の同級生で小室圭さん。

婚約内定の記者会見を偶然にテレビで見ました。

お若いのに落ち着いて上品に丁寧にお話されました。

お互いの存在を「太陽」と「月」のような方だと。

ロマンチックなお気持ちが伝わり祝意が高揚しました。

この日は日本中が祝意に溢れたのではないでしょうか。

「月」と「太陽」を見るとこれから思い出します。

 

s-DSC_0736-1.jpg

 

s-IMG_5454.jpg

 

そんなロマンチックなお祝いムードの日。

北朝鮮では6回目と見られる核実験。

とんでもない水を差されてしまいました。

もう北さんはやりたい放題。

だれももう止めることが出来ません。

何か嫌な胸騒ぎがする夕暮れでしたね。

 

< 怪しげな雲と歌 >

s-IMG_5741-1.jpg

 

s-IMG_5742.jpg

 

s-IMG_5746.jpg

 

赤く焼ける雲がレッドラインのように見えました。

ラジオから流れるリスナーからのリクエスト曲。

「わかれうた:中島みゆき」

「さよなら:オフコース」

この番組もおめでたい日に怪しげな選曲でした。

 

 

北へ800キロ先の何とかと言う核実験場。

地図で見ると青森県と直線で同じくらい。

放射線による汚染問題が心配されますね。

 

s-IMG_5935.jpg

 

北から風に乗ってやって来てやがて降雨。

実験から丸一日が経過したこの時間。

九州のこの数値は関係があるのだろうか。
目に見えない黒い雨が降らないことを願うばかり。

 

s-IMG_5937.jpg