たくさんの人の協力で

 イベント前日の今日は、会場もたくさんの人が協力していただき、日没と共に準備も終えました。

明日からの2日間は、一年分の感謝を込めて感謝の祭典が始まります。お客様へ最大のご奉仕をする覚悟で開催させていただきます。





ぼくの担当した展示ブースも完成しました。汗びっしょりで思い出に残る作業でしたが心を込めて設営しました。
ご覧のとおりです。
生活の中に、「木」を取り入れた雰囲気をイメージしやすいように、実物を実際の雰囲気が伝わるよう工夫しました。




明日、あさっての2日間は、お客様から声が上がるよう工夫したつもりです。
どうか、この週末はご期待ください。

大阪までやって来た「しまねっこ」

 猛暑の中、カーナビを頼りに初めて足を踏み入れた「京セラドーム大阪」。普段は関係者以外は入れない専用口から荷物エレベーターで昇った先は、

最上階、9階のスカイホールでした。それでも冷房が入っていて一安心でした。



とりあえず向かったわが社のブースは、

既にパネルや照明など、イベント会社のスタッフによりセットが終わっていました。しかし、問題は展示物が上がってきません。どうやらエレベーターが順番待ちで込み合っていたようです。しばし、ぼんやりと完成イメージを描いていたら一時間ほどで荷物が到着しました。


それはそれ、綿密なレイアウトを考えていましたので、

あっという間に、と行きたいところでしたが2時間以上もかかってやっと設営が終わりました。それでも、ぼくの思い描いていた通りの展示ブースになりました。





こっちからみてもイメージどおりです。




今回は、この日の為に作った

杉のダイニングセットも、今回初出品となりました。




そのほか、

ソファーやテレビボードも、杉で統一してとても良い感じに仕上がりました。




先月末の猛暑の中、ぼくが大工仕事した作品の数々、

テレビボードの上に載っている杉で作った「なんちゃって薄型テレビ」。みなさんに好評でした。




汗びっしょりで作った、

フローリングと壁板のサンプルパネルもイメージ通りにセットできました。



今回、一番目を引いたのは、

ぼくがデザインしたこのタペストリーでした。わが町「斐川町」もしっかりとPRというわけです。



そのほか、
新しく誕生したわが社のマスコットきゃら「きむた」&「このは」も連れてきました。



商品のレッテルにも、

しっかりとアピールしてくれています。







そして迎えたイベント当日は、

すべての準備も整い、






関係者はもちろん、ご来賓、お客様も交えオープンセレモニーでスタートしました。



途中からは、

しまねのゆるきゃら「しまねっこ」も登場しました。





どうやら関西のちびっ子たちにも人気?でしょうか。「しまねっこ」がテーマソングにあわせてゆらゆら踊ると、お宮の屋根と千木(ちぎ)が廻りの人に当ってしまうので、誰か付き添いが必要のようです。



わが社のブースにも立ち寄ってくれました。このときはぼくも童心に戻り、恥ずかしながら記念撮影しまいた。

近くで見ると何とも言えない可愛い奴です。それもそのはず、中身は長身のかわい娘ちゃんでした。右のお嬢さんと交代でかぶりモンをしていたようです。わが社のイベントでもこの「しまねっこ」が貸してもらえれば、配送係りの「池ちゃん」にでもかぶってもらうのですが、どうやら「神話博しまね」が忙しくて無理だと思われます。




せっかく、わが社の製品を見てもらっていたのですが、「しまねっこ」にお株を奪われました。それでも会場の雰囲気を盛り上げるのは、さすが「しまねっこ」でした。



そんな感じで、時間もあっという間に経過し、

フィナーレを迎えました。一日があっという間でした。


今日は終日、

「しまねの木」をこよなく愛するぼくたち木材製造業者が、関西のお客様に精一杯アピールできた貴重な一日でした。
主催いただいた島根県の行政機関、関係各位のみなさまに御礼申し上げます。

いざ、大阪決戦!

 今日は、いよいよ明日のイベント出展準備のため、

京セラドーム大阪へ出発です。準備は怠り無く進めましたので不安はありませんが、どんな決戦が待っているのか心がワクワクします。



昨日は、必勝祈願のため、

出雲大社にもお参りしました。猛暑のためか参拝客もまばらでしたので入念にお祈りしました。





おとなり、出雲教前の通りです。

道路も整備され、なかなか良い雰囲気の通りになりました。






こちらも入念にお参りして、





この看板の写真「冷やし出雲ぜんざい」の甘味が、ぼくを強力に誘惑しましたが我慢しました。その足で、歴史博物館に足を伸ばしました。イベントが終わってからのお礼参りで、今度ゆっくり食べてみたいと思います。

ご来店御礼

 夏の日差しが戻ってきた昨日今日と、

「ギャラリーkimura リニューアル10周年 大感謝祭」、たくさんのお客様のご来店、誠にありがとうございました。おかげさまで、只今無事終わりました。ぼくは、たいして役に立たなかったのですが、満車の場合の駐車場の係りと、こどもたちのヨーヨーつりコーナーの仕事をいただき、両日とも、嬉しそうなお客様の笑顔に出会えました。




昨日は、地元の紐アーティストの先生の指導による、みんなで作る「かご教室」も好評でした。今日は、琉球風水師の「和来 龍」先生の風水個別相談会も、ご遠方から熱心なお客様が相談にいらっしゃいました。和来先生も今日はボランティアでご協力いただきました。先生ありがとうございます。


先生は、風水グッズもいろいろ監修していらっしゃるので、なるべくたくさんの幸せになりたい人にご紹介したかったので、当店でも今後、それらのグッズも取次ぎをすることになりました。ぼくも欲張りなもので、まだまだ幸せになりたいのでシーサーを買い求めました。
琉球ガラスで出来たシーサーです。何色かありますが綺麗なブルーにしました。我が家には、いままで沖縄にいく度に買って帰ったいろいろなシーサーがいますが、この琉球ガラスのシーサーは初めてです。





青空をバックに、

我が家を守ってくれるシーサーが新たに仲間入りしました。






ほかには、

沖縄の家々で良く見かける、「いしがんとう」。いずれ買おうと思います。






この意味は、

これもガラス製は珍しいです。








また、風水で有名な、

水盤です。これも琉球ガラス製で、とても難しい技法で作られています。




この意味は、

誰もが、心の中に願望と欲望を持っている、「財運」に関連します。




風水では、ついつい最初からここに飛び越してしまいますが、だれもが健康で幸せに暮らしたい、幸せになりたい、もっと幸せになりたい・・・ここからスタートしたほうが良いようです。スタッフのみなさん、お疲れでした。

今日・明日は感謝祭です

 みなさまに、気軽に親しみのある店になるよう「木のギャラリーkimura」は、リニューアルしてからすでに10年が経過しました。

もうそろそろ、再度リニューアルの時期になってきましたが、それはそれ、本日21日(土)と明日22日(日)は「リニューアル10周年・大感謝祭」を開催します。

リニューアル当時は、

手作りオーダー家具と、



クラフトフラワーの店としてスタートしました。今でも、山陰屈指の造花の品揃えです。






途中から、

いろいろなアイテムが追加され、







何がなんだか分からなくなりましたが、






それなりに幅広い年齢のお客様に対応出来るようになりました。これから、どんな競争の激化や生活スタイルの変化があるかもしれませんが、ぼくたちの出来るところまでがんばってみたいと思います。





今日明日は、
 
 「木のギャラリーkimuraの大感謝祭」に、あなたの夏の暮らしにピッタリなアイテムを探しに、是非ともご来店ください。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

ご来場御礼

 
おかげさまで二日間の「創業祭」のイベントが終わりました。






今回も、

たくさんのお客様にご来場いただきました。






恒例になった、

「木のおもちゃであそぼう!」コーナーです。






今回は種類も増えて、更にパワーアップしました。子供達に大人気でした。






一人ぼっちのちびっ子には、スタッフが対戦相手になってあげました。






途中では、

カキ氷を食べたり、






ガラポンの抽選を廻したり、とても楽しんでくれました。






その間に、









お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん達は、ゆっくりと説明を聞いていただきました。






今回初のコーナーは、
「Cafe SaKURA」の出張カフェ、涼しい風に吹かれ本格的な美味しいコーヒーを召し上がっていただきました。





二日間とも、たくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。次回は、9月のイベント開催となります。

まもなくイベントがスタートします

 
中国地方も入梅となりましたが、熱く燃える「キムラ創業祭」、本日から開催させていただきます。
まもなくOPEN、シャッターが開こうとしています。

みなさまのご来場、心よりお持ち申し上げます。

Cafe SaKURA

 今週末のイベントで、無理を言ってお願いした「Cafe SAKURA]の出張カフェ。
打ち合わせも無いまま今日まで来たが、やっとオーナーが尋ねて来てくれた。


「SAKURA]と言うこのカフェ、若いマスターだけあって、出雲でも特に若い人に人気のカフェのようだ。
なんと言っても、マスターの爽やかな明るい性格と、高いモチベーションとセンスの良さは抜群だと思う。






彼の得意技はこんな感じだろうか、







美味しいコーヒーは芸術品で、都会から観光で出雲を尋ねる若い女の子も、口コミでこの店を探して訪れるらしい。


今日は、僕と打ち合わせをした後、別れ際に彼から握手を求められた。彼は国際人である。
「熱い」やる気が伝わってきた。並みの若者ではない。

この2日間のイベントでは、彼の一杯のコーヒーが身近に味わえる機会を与えて貰った。
若いのにすごい感性の持ち主で、わが社もこんな人材が欲しい。

彼の至極の一杯のコーヒー、ご期待ください。

キムラは始まります

 今週末のイベント「創業祭」に向け、いよいよ準備が始まりました。3月のイベントから3カ月、
創業記念の感謝祭を、9日(土)・10日(日)の2日間開催します。
全員が心をひとつに、お客様のご期待に沿うよう集中して準備を進めます。



そんな中、息子の彼女がわが社を応援するため、とあるものを買ってきました。

「キムラ君 はじめました」。これって何者?、この歳になっても、僕も同級生には「木村君」って呼ばれます。






キムラ君はじめました、

わが社は何を始めたらいいのでしょうか。「キムチラー油味」コレって何者でしょうか。









イメージは、冷たいうどんにキムチ・ねぎ・生姜・ゴマ・ラー油、食欲の無い夏にぴったりのようです。









「木村君」は、コレを食べて「創業祭」を頑張りたいと思います。ブームを起こし始めるこれって何者でしょうか?。

イベントが終わりました

今日の日曜日は、一日限りのショールームの展示会でした。 朝からの暴風警報と雨の予報を心配していましたが、思ったほど風雨もなく、無事イベントを開催することが出来ました。













ちびっ子連れのお客様には、ガチャガチャとポップコーンでお出迎えしました。








兄弟仲良く写真撮影もしてあげました。いちたすいちは「にー」って言っています。








恥ずかしがり屋の女の子は、

ガラス越しで写してあげました。りんごのような真っ赤なほっぺでした。











午後からは、お客様もまばらになるとすぐに、

サボりだすスタッフ。何をぺちゃくちゃ話しているのでしょうね。口の動きからすると、仕事の話ではなさそうです。さすが、わが社きっての酒豪の二人、きっとその話で盛り上がっていたと思います。


それにしても奥で笑っている、わが社唯一の「駅伝ランナー」、よーく見ると何か変?









画像をトリミングして拡大して見ると、

ヘアースタイルでした。何コレ?。わが社では、最近どうも変な髪型が流行りつつあるようです。それにしてもなんというヘアースタイルでしょうか。









僕には、

これにしか見えません。まぁ、本人が好んでやっているので良しとしましょう。











それでは、お口直しに、

わが町は、「花の町 斐川町」。








僕も暇になりましたので、いつもの花の撮影で、今日のお便りはこれにて失礼させていただきます。

















本日のご来店、誠にありがとうございました。次回は、6月に開催予定です。