対戦 「2015松江水郷祭湖上花火大会」















八月に入り、また新しい一週間の始まりです。

今朝は湿度も控えめ、気温は24度ほどでしょうか。

まさに天然のクーラー。

水田を走り抜ける風が心地良かったですね。

今週も頑張っていきましょう。





週末は、松江水郷祭湖上花火大会でしたね。

松江城国宝決定ということで大変な盛り上がり。

花火もこれまでにない数の打ち上げ。

人出も最高を記録したようです。

とくに、昨夜はなんと1万発の湖上花火。

数に弱いぼくも、無理やり家内を誘って出掛けました。

と言っても、自宅から車で10分。

去年と一緒の場所にしました。

これなら終わってもすぐ帰れます。












午後7時現地到着。

西の空はもう薄暮。

夏至の頃から20分くらい早い日没。

これからあっという間に暗くなってしまいます。








したがって、







場所を決め明るい内に機材をセッティング。

しかし、だれがどう考えても無謀な撮影。

打ち上げ場所までは直線で15キロ先です。


そこで、

600ミリの超望遠レンズをセットしました。

一か八かの飛び道具です。













これが600ミリの望遠で覗いた松江市内。

この方向に花火が打ち上げられる予定です。

それにしても遠いですね。








問題なのは、







ピント合わせ。オートフォースは使えません。

灯り始めた明かりにピントを合わせるしかありません。

これで最後までピントを固定しておきます。



打ち上がってからのピント合わせは至難の業。

そう、絶対に触ってはいけませんね。

これでひとまずセットは終了です。










時間は7時30分。

見物客が続々と集まり始めました。

ここで、ぼく達は夕食タイム。

娘が作ってくれたお弁当を食べ始めました。

湖岸の風に吹かれながら食べるお弁当。

これも美味しかったですね。




食べ終わった頃、

花火の打ち上げの時間を迎えました。

さあ、

2015松江水郷祭湖上花火との対戦です。































 
コメント