KLセントラル駅













マレーシア入国3日目は、

「マレー鉄道で行く世界遺産マラッカ観光」です。





< Kuala Lumpur Railway Station >

















といわけで、

朝一番でやって来たのは「KLセントラル駅」

今日は楽しみな鉄道の旅です。






















ここでもマレーシアの国旗が印象的でした。

空の玄関がクアラルンプール国際空港なら、

陸の玄関がここKLセントラル駅でしょうか。






















まったく土地勘が無いので路線図を見ても意味不明。 

迷子になっても仕方ありません。





















列車の到着までまだ時間があります。

さっそく、自由時間を利用して駅構内のスナップ。







































ここに来て始めてみた漢字「普通電車」

何か懐かしささえ覚えました。























物珍しさも手伝って意味も無いスナップです。























何の目的も無いまま歩いていました。

帰り場所さえ分かれば問題なし。
























ここはどうやら改札口。

どこへ向かう路線か意味不明。

釣られて入る訳には行きません。

田舎者は困ったものです。
























小腹が空いていたら入ったかもしれませんね。

もっとも、指さし注文でしょうが。























お菓子屋?、雑貨屋?、DVD屋?























どうやら、ディスカウントの本屋のよう。

日本では考えられないほどの雑多な陳列。

じっくり見れば掘り出し物もあったでしょうね。

























もうすぐ列車の到着時間です。

現地ガイドが説明を始めました。























マレー鉄道の説明でした。





















現在地がココです。




















タイ国境の街から。





















シンガポールまで。





今日はマラッカまでの行程。

Tampinで下車という意味が分かりました。

























列車がセントラル駅にやって来ました。

何か古ぼけた列車だなと思いながら、

オランウータンのラッピング車両を写しました。























車内も懐かしい年代物。

ひと昔前の「特急やくも号」を思わせる列車でした。

ゆっくりと動き出した機関車。

2時間ほどの列車の旅の始まりです。

























 
コメント