ちびサンタさんからの贈り物









< Merry Christmas >












今日は待ちに待ったクリスマスイブ。

わが家も勝手口からサンタさんがやって来ました。

本人はその意味も意識もありません。

ただただ、見ていると微笑ましかったですね。




















みんなで小さなケーキをいただきました。

甘さ控えめ、あっさりとした美味しいケーキでした。

ぼくの子供の頃のケーキとは大違いですね。


子供の頃のケーキと言えば思い出すことがあります。

ぼくの実家は小さな食料品屋を営んでいました。

クリスマス前になるとケーキの予約をいただくスタイル。

配達の日の夕方には、母や祖母と一緒に配達をしました。

雪が深々と降る中、三人が両手にケーキを持って届けました。

届けた先で楽しみに待っていた子供の笑顔が忘れられません。

それはそれは甘さたっぷりのケーキでした。

三人で歩いたあの雪の夜の光景。

おとぎの国のような情景が脳裏に残っています。
















ちょっとあの時を思い出しワンカット。














何と言うことでしょう!

もう一人のちびサンタさんからサプライズのプレゼント。













カメ爺には何よりのプレゼントとなりました。

このショットはそうそう写せるものではありません。

田舎の子らしい素朴な可愛いサンタさんでした。


















 
コメント