たそがれて慰安旅行

 今朝の出来事、僕のいつもの「たそがれ頭」をブラシで撫でていたら、いつもの防災無線が流れてきた。

「迷い犬のお知らせです。昨日、出雲空港ホテル付近で迷い犬を捕獲しました。メスの柴犬で赤と青のチェックの首輪をしています。お心当たりの方は市民課までご連絡下さい!」。
僕には一瞬で心当たりがありました。まさしく前の晩、僕の車に突進してきたワンちゃんです。柴犬のメスだったのかァと思うと同時に、とにかく無事で何よりでした。ぶつかりそうになった地点からおよそ2Km程の地点で捕獲されたようです。暗い夜道を恐怖の中、心細い一人旅をしていたようです。

そんな朝一番のお知らせに、ひと安心したかと思えば、とても情けない旅のニュースがテレビで流れていました。


みなさまもご存知だと思いますが、千葉県警のとある警察署。ストーカーの被害を相談しに来た方をさて置いて、こぞって慰安旅行。僕の常識は間違っていたようです。一年中、休まず治安を守る警察の方々は大変です。したがって、個人の休暇中にリフレッシュのために旅行することは当然あることでしょう。しかしこの場合、仕事を止めてこぞって集団で旅行。しかも「慰安旅行」ですって。中小企業の僕の会社でも、慰安旅行とあれば、真っ先にお客様のことに配慮して、清水の舞台から飛び降りるような決断と思い切った出費が必要となります。

僕の常識では、国家、国民を守る人たちは、こぞって「慰安旅行」をすることは無いと思っていました。旅行に行くならやはりお客様のことをまず優先し、こっそりとプライベートの方が良さそうです。








したがって、僕も社員には内緒でこっそりと行って参ります。

那覇空港に着いたら、ひとまず中部の方へ北上し、琉球舞踊の観賞でモチベーションを高めます。










そしてしばらくは、、

綺麗な海を見ながら撮影三昧。好きな本を読んだりのんびりと過ごします。













帰る日は、那覇市内でグルメとお買い物。
社員に内緒でこっそりと、こんな慰安旅行してバレたら、みんなからブーイングが出るでしょうね。聞こえて来ます「俺達も連れて行け!〜」って。
一先ず、お客様と社内のお困り事を解決してから、時間と予算を工面して正々堂々と慰安旅行に出かけたいと思います。


だけど、みんなで行く慰安旅行もまた格別、何処でもいいから行って見たいですね。
コメント

心配してくれて有難う。これからは歩道を走りますね
命拾いしたので、また旅行に出かけます、青い海と空とおいしいものを食べに、自由きままに、出かけます、でも社長様のように、仲間がいるともっと楽しいだろうな〜。

  • 迷い犬
  • 2012/03/25 21:26

迷い犬さん
コメントありがとう。
何はともあれ、ご無事で良かったですね。
この頃歩道も自転車で危ないので気をつけましょうね。
生きていりゃこそいろんなところに行って、美味しいものを食べることが出来るんですよね〜・・・たった一度の人生、慰安旅行を楽しみましょうね。

  • 木・夢・楽
  • 2012/03/26 00:08
トラックバック
この記事のトラックバックURL