九月の空

 猛暑が続いた八月も昨日で終わり、今日から九月に入りました。

今朝、全体朝礼に向かう途中に写した九月の空です。この時点で気温は21.3℃、昨日の26,4℃と5℃も違えば、ずいぶん爽やかに感じました。月1回、この時間に通るこの光景も、四季折々に表情が違って楽しませてくれます。ぼくの実家のすぐ近くなので、子供の頃に遊んだ懐かしい思い出がよぎってきます。

毎月一日は、朝礼でみなさんの前で「どんな話しをしようか」と、直前まで迷うことがあります。「厳しい話しはやめて みんなが朝から気持ちよくスタートできるように」と、この光景が教えてくれます。しかし、蓋を開ければ現実の話しになってしまい、毎月反省しきりです。

その点、太陽や月は偉大な力をもっています。一昨日の日暮れ時、その両方にしばし魅了されました。

朝夕、見る人それぞれの心象に「ロー」か「ハイ」にさせる自然の力を感じます。これも、見る人の今の心のあり方でずいぶん左右されます。とてもドラマチックな夕焼けでした。



東の方に目をやれば、
 うっすらと ピンク色に染まった雲の上に、ほぼ満月に近いと思われる月がぽっかりと乗っているように見えたこの光景。そうそう見られない色合いでした。



そういえば、

太古の昔から、人々はこの月を見ながら旧暦の暮らしを続けていたのですね。太陽より月の方が昔の人には影響が大きかったようです。今年の「中秋の名月(旧暦8月15日)」は、9月30日のようです。「今年もうさぎが見えるかな?〜」なんて思いながら見ていました。

9月のスタートは、来週末に迫った「キムラ決算感謝祭」のイベントに向かって、集中力を高めて行きたいと思います。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL