青空が似合う「ソラマドの家」

真新しい団地の日曜日。ゆったりとした時間が流れる昼下がり、久し振りにグループ会社の「大倉ホーム・ソラマドの家」建売モデルを見に行った。色々と、いまどきの新しい住まいに感動しながら一通り見て帰ろうとしたとき、ぼくと入れ替わるように若いカップルが見学に訪れた。

玄関に入るなり、

「わぁ〜」と感動の声が聞こえてきた。広い玄関に驚いたのか、オシャレなスリット窓に靴置きのオシャレな棚に感動したのかぼくには分からないが、計算しつくされたトータルなインテリア空間が思わず声を上げさせた原因だったかもしれない。


お二人の見学の邪魔をしてはいけないと思い、帰る道中、

広いリビングの壁面を利用した、大小さまざまなオシャレなニッチ。住む人のセンスと
家族の大切な思い出の写真でも飾れる、さりげないスペース。




リビングにつながるダイナミックな木製カウンタートップのキッチン。




吐き出し窓の高さを程よく抑え、落ち着いた空間をオシャレに演出した「和」の空間。




子供の成長に合せて将来個室にも自由にアレンジできる、2階の広いキッズルーム。

そんなシーンを思い浮かべていたら、この若いお二人は係員の説明を受けながら、何度声を上げたことだろうかと、ぼくは運転しながら想像した。


この最新の「ソラマドの家」。光と風の取り入れ方、どの窓からも見える植栽の緑、質の高いインテリア空間など「家族が仲良く暮らせる家」なのかもしれない。ぼくもこんな家に住めば、ひと回り以上若い生活が楽しめるような気がした。


何よりも、

青空がとても良く似合い、青空を心待ちにさせてくれる「ソラマドの家」だった。


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL