東北応援視察旅行【2】

 アイリスオーヤマ角田工場の視察が終わり、一路、仙台市内の今夜の宿に向かいました。
杜の都仙台といえば、

東北屈指の繁華街がある「国分町」。大震災以降、他県からの復興の方々で、国内でも一番にぎやかな繁華街でしょうか。この夜も大変なにぎやかさでした。ぼく達も早速、飲食の方で応援しました。



ここでもう一泊でもしたいような気持ちを抑え、迎えた翌朝は、

塩釜水産物中卸市場へ直行しました。いきなりこんな画像ですみません。





世界4大漁場と名高い三陸沖の種類豊富な魚介類が367店の店舗に集まっているようです。
まさにここは、魚のワンダーランドですね。



午前8時を過ぎると、専門業者の仕入れが落ち着くので、業者に混じって一匹からでも買えるようです。




あちらこちらで、


さばいていたのは、メバチマグロでしょうか。サービスがいい店では試食が出来ました。どんぶりに炊き立てのご飯を入れて歩けば、海鮮どんぶりが味わえるでしょうがそんな図々しい人は見かけませんでした。




鯨の刺身をいただいたお店では、


とっくに捕鯨禁止になった、幻のシロナガスクジラのひげが飾って(置いて)ありました。
説明を見ると、人類が始まって以来、最大の大きな生き物がシロナガスクジラのようです。何があっても捕獲したらいけないそうです。



ほかにも珍しいものが、


こんなものも置いてありました。


ぼくが呼び止められたのは、

たこ専門店。威勢がよいおばちゃんの掛け声でした。




それにしても、

美味しそうですが、こんなの買って帰れません。クール便で送るほどの物でもないし・・・地元にもあるし・・・。



そんな独り言をいってたら、

お嬢さんたちも何かじっと見つめていました。


何か欲しそうに見えたのでしょうか、

店員のお兄ちゃんが、試食をみんなに差し出しました。





お嬢ちゃんも、とても嬉しそうに食べていました。その後、目出度く御買上げとなりました。しかし、ぼくは試食だけで、この場から逃げれませんでした。見かねたおばちゃんが冷蔵庫から出してきたのは、仙台名物「塩牛タン」。どうせお土産もいることだし、ぼくも目出度く、クール便での直送となりました。




外に出てからぼくが思ったことは、たこ専門店で「牛タン」?・・・水産物中卸市場で「肉」?・・・
このお買い物には、旅の間、ずーっと疑問が残りました。まあ、東北応援ツアーです。なんでもよいのかもしれません。この後は、近くの塩釜マリンゲートから遊覧船で日本三景「松島」へ向かいます。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL