東北応援視察旅行【3】

 牛タンの疑問を引きずりながら、塩釜水産物中卸市場を出発して向かった先は、

車で5分、マリンゲート塩釜でした。ここは、松島遊覧の遊覧船の出発地、お土産物店やレストランを併設した施設です。3.11ではご存知の通り、大津波の被害を受けたところです。




この夏にリニューアルされたばっかりで、1階部分しか見ていませんがとても綺麗な状態に復旧されたようです。震災当時の影像では、たいへん悲惨な状況が映し出されていた記憶があります。復旧に向けた関係者のみなさまのご努力が伺えました。



さて、

今日は、ここを起点に船で松島へ渡り、東松島を経由して石巻市内、そこから女川(おながわ)町、また石巻に引き返してから今夜の宿がある、南三陸町に入る道のりとなります。


ひとまず、

遊覧船に乗船となります。




この船のコースは、

芭蕉コース。あの松尾芭蕉が、小船で塩釜から松島に渡るとき通った島々を巡ります。まさに、芭蕉も感動した贅沢なコースです。



さっそく、窓際の座席に座ると見えるものと言えば、


カモメのお出迎えです。近くで見ると、ちょっと目がきつく怖そうです。それにしても人馴れしています。




芭蕉コースも楽しみですが、ぼくのお楽しみは、

松島遊覧のもうひとつの名物。カモメと触れ合う餌付け?餌やり?でしょうか。今日は何とか決定的な瞬間を撮影したくて、わくわくしてしまいました。




さあ、いよいよ出発です。


カモメの集団が船の後尾で、餌のおねだりが始まります。




餌やりがスタートします。

餌はカッパえびせん。塩味が好きなのでしょか、みんな注目して狙ってきます。






投げられたカッパえびせんが宙に舞うと、さすが野生です。







そして、決定的瞬間の撮影成功、

ナイスキャッチとなりました。誰もが童心に戻って楽しみました。


そういえば、ぼく達だけではありません。

修学旅行の学生さんや、





お嬢さんたちもみんな、手にはかっぱえびせんを持っていました。みんな笑顔がよかったですね。こころからリフレッシュできました。


しかし、こんなことばかりしている場合じゃありません。

なんといっても、ここは日本三景「松島」。芭蕉が感動した島々の風景がメインで、カモメは偶然の産物です。これじゃあ案内放送の方に申し訳ありません。




鐘島(かねじま)





自然が創りあげた奇岩もたくさん見られました。その形によって、仁王島、兜島、夫婦島、変わったところでは材木島が印象に残りました。いずれにしても、この二百数十の島々が、昨年の大津波を和らげたことは、当時の報道で知りました。




ここに大津波が襲ったとは思えないくらい、穏やかな水面と風光明媚な名勝でした。




いよいよ、

松島のシンボル、五大堂が見えて来ましたので、ここで下船となります。



コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL