東北応援視察旅行【7】

 女川を出発して、再び石巻市内を通り抜けおよそ一時間くらい走ったのでしょうか。
国道45号線、東浜街道にバスは入りました。山を幾たび越えて見えてきた光景は、

住宅の基礎部分だけが残った、閑散とした光景が続きました。山の木が、海水の塩分で立ち枯れを起こしているようです。





中腹には、線路が途中で遮断されています。気仙沼線の小さな駅舎があったと想像されます。しかし、海は見えません。こんな奥のほうまで津波が押し寄せたのでしょうか。信じられませんでした。






しばらく走ると、

平坦な場所に出ました。ここが、南三陸町志津川でした。







まもなく、道路わきにバスは停まり、降り立った光景は、

言葉にならない光景でした。ぼくは一礼し、写真に収めさせていただきました。


























鉄骨むき出しの建物は、今も震災の悲惨さを象徴する「防災対策庁舎」。役場の職員の方々が必死で住民の方々を最後まで守ろうとした場所です。




中でも、当時の報道で日本中の国民が泣いた、

当時、防災放送担当だった職員の「遠藤未希」さんが最後の最後まで、3階から避難を呼びかけた防災放送。
そのほかにも、屋上には住民を交え残された職員の方々30名ほど避難されたようですが、屋上も2メートルを越す津波が飲み込み、津波が引いたあとは10名ほどだったそうです。胸が締め付けられそうです。





この日も、多くの方が献花に訪れ、黙祷を捧げる姿がありました。
心が折れそうです。
ぼくのような、初めてこの地を踏むものにとって語る資格はありませんので、
遠藤さんの記事は、コチラ
でご確認ください





川の対岸の様子です。






高台は被害を免れたようです。






河口の方向です。






ガソリンスタンドも小さなプレハブで、頑張って営業されていました。頭が下がります。






写真を撮り終えて、やってはいけない行為に気が付きました。ぼくが立ち入ったのは、他人様の敷地内です。ここには、住人の方々の幸せな営みがあった場所です。ぼくのような、よそ者がやってはいけない行為をしてしまいました。
ちなみにこの場所は、玄関付近の床にAUショップらしきシール跡がありました。 申し訳ありません





よみがえれ 故郷  ふんばれ 南三陸! 復興を祈るばかりです。





震災以前の光景のようです。

気仙沼線の列車が走る、とてもきれいな港町だったようです。そこには、17,000人以上の方が住まわれ、幸せな営みがあっと思います。



3.11 あの日、あのとき ここで何が起こったのか、

記憶に残さなければと思い、画像を掲載させていただきました。


南三陸町志津川、死者611名、行方不明者237名(8/31現在)


大地震で尊い命を失われた方々に、衷心よりご冥福をお祈りいたします
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL