古宇利ブルーの絶景に包まれて

海 ブルーの絶景が優しく包む 島時間 海

「こんなきれいなうみ、うまれてはじめて。。。抱擁

 

感動したゲストのそんな会話が聴こえてきました。

初めてここを訪れた人はこの日は 超 ! ラッキー Day!

この景色に何も感じないのは余程の悩みを抱えて昇った人。

この日は「感動力」が試される超絶な古宇利ブルーでした。

 

s-IMG_9917.jpg

 

 

幸せの鐘を鳴らして思い出をシャッターにおさめませんか。

 

s-IMG_9915.jpg

 

照れくさそうに恐る恐る鐘を鳴らそうとする髭男子。

「チン〜 鐘・チン〜 鐘 」 お前ら髭男だろう! 鐘

仏さんの 鐘チ〜ンじゃあるまいし!

男らしく思い切りのいい鐘の音を聞きたかったっス。

 

 

ベンチ いつまでベンチにお座りになるのだろう。

老人 〜すみません〜前のおふたりさん!

そこは絶好のパノラマ撮影ベンチなんですけど〜

 

イメージする画像の合成はこんな感じ。

 

 

s-IMG_9918.jpg

 

幸せいっぱいのカップルもこれから幸せを掴もうとする人も。

いつまでも眺めていたい海はきっと幸せを届けてくれますね。

老人 「オイオイ!いつまでチャラチャラするんじゃぃ?」

 

 

結局、パノラマ撮影は諦めて、

これが海抜80メートルから見下ろすオーシャンビューです。

 

海 KOURI OCEAN BLUE 海

s-IMG_9909.jpg

 

老人 なんかね〜この色は!とーはだ鶏がたったがね〜

(この海を見てぼくは思わず鳥肌が立ちました)

しかも興奮と恐怖のあまり画像が右肩下がり。

  

s-IMG_9911.jpg

 

いきなり初心者初心者に見せたくない最高ランクの古宇利ブルー。

カメ爺は十数回通い詰め初めてこの色に面会を果たせました。

四季折々、この海も日毎時間ごとに表情を変えるでしょうね。

 

コメント