運命をひらく

風 五月の始まり 風

ゴールデンウィークも「中入り」の小休憩。

会社はカレンダー通りの今年の大型連休です。

 

早いもので今日からもう五月に入りました。

高気圧に覆われ初夏のような五月の始まり。

周りの山々はここ数日薄く霞んで見えます。

晴れた空に黄砂やPMの飛来物でしょうね。

 

s-IMG_1524.jpg

 

そんな今朝はみんなで全体朝礼の日。

前から見渡すと誰もがリラックスした優しい微笑み。

明日一日出社すれば四連休が待っているからでしょうね。

どんなに小さな楽しみでも待ち遠しくも嬉しいもの。

何がなんでも先々に「楽しみ」を見つけましょうね。

 

朝礼では、連休期間中のそれぞれ安全運転へのお願い。

そして今月はこのテーマでお話しをしました。

 

子供 五月のテーマ 子供

s-IMG_0620.jpg

 

「運命をひらく」

 就職する際、誰もが第一志望の企業に入れるわけではありません。

たくさんの会社に応募し、何十回も面接を受けた結果、

最終的にいちばん入りたかった業界以外の会社に決まることもあるでしょう。

あるいは反対に、希望した会社に入れたのに、

実際に働いてみるとイメージとは違っていてがっかりしてしまうこともあります。

なかなか思うとおりにいかないのが人生なのかも知れません。

 

 そこで自分の運命を嘆くのではなく、与えられた運命を受け入れ、

やれるだけ努力してみるとまた新たな運命がひらけてくる可能性があります。

さほど興味がなかった業種でもやってみたら意外な面白さを発見するかもしれません。

 

 いちばん恐ろしいのは、現状を嘆くあまりそこで停滞してしまうことです。

失望や後悔からは何も生み出すことができません。

仕事の糧とできたかもしれない大事な情報や大きなチャンスさえ、

みすみす逃してしまうことになるのです。

 

 住宅営業であれば、引き渡しの日にお客様からいただく感謝の言葉や、

「引っ越しの日は興奮して寝られませんでした」という嬉しい一言に、

大きなやりがいと喜びを感じられるはずです。

ある程度経験を積んで、大きなプロジェクトを任されるようになれば、

責任感も出てきて仕事はますます面白くなっていくでしょう。

 

 自分自身の工夫と努力によって、少しずつでも運命をきりひらいて、

より幸せな人生にしていきたいものです。

 

スーツ 新入社員 スーツ

s-IMG_0621.jpg

 

ご縁をいただいて、今日から新入社員が入社してくれました。

いきなり「五月病」にならないようみんなで温かく迎えましょうね。

 

 

コメント