時の流れに身をまかせ

 10月もあっという間に後半に入ろうとする今週は、1泊2日の広島研修でスタートしました。

朝、宿泊先のホテルの窓から外を眺めていたら、小雨の中をカラフルな傘を差した修学旅行と思われる生徒達が歩いていました。引率の先生を先頭に、横断歩道を渡る傘、信号を待っている傘、その列は延々と続いていました。この川を渡れば、平和公園がもうすぐそこです。

そい言えば、ぼくも平和公園、原爆ドーム、宮島と修学旅行で来たものだなあと、この光景を見て懐かしく思い出しました。その当時、中国山地を越えて大都会に出てきた田舎のガキは、ビルの街並みに圧倒されたものです。


そんな中、会社から見える今朝のお隣の様子、

日本を代表する家電量販店、オープンもこの週末に迫り、準備も大詰めを迎えたようです。



ほんの半年前までは、

緑豊な日本庭園でした。ぼくは、毎日この欅の木を見るのが楽しみでした。そのお返しに、冬になると落葉がぼくの会社までやって来て、毎日落葉拾いをさせていただきました。これからは、このお店のテーマソングを歌いながら、毎朝の掃除をすることになりそうです。




この時季のお楽しみだった、

落葉樹の紅葉も見られなくなります。




実りの秋の、

果実のお裾分けも無くなります。それにしても一年も経てば、まったく展開が変わるものですね。

しかし、そんなことより近隣の家電屋さんは大変なことになります。ぼくの会社の事業領域でも、リフォームをはじめ、オール電化・太陽光発電・住宅設備機器・はたまたスマートハウスの家など影響が予想されます。

これからは、日本を代表するお隣の会社の戦略を学び、零細企業ならではの差別化戦略で生き抜いていこうと思います。



コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL