素直な心で運命を生かす


 10月31日(水)晴れ時々曇りのち雨    
                
                   素直な心で 運命を生かす
 
  見方によれば、人生の九割は自分の力の及ばない運命によって動かされているといえる。
 とすれば、その与えられた運命に素直に従い、前向きに生かすことを心がけたい。
 そうしてこそ、進むべき道が明らかになり、喜びと安心が得られる。真の生きがいも湧いてくる。
                                        日々のことば「松下幸之助」より

 出社して、朝一の習慣でめくる「日々のことば」。今日は特別な思いでめくりました。単に、今日で10月も終わり明日から11月、ということだけのことですが、この日だけは会社は特別な日。今日で年度末の〆切の日となりました。

今日は24年度の大晦日、明日は25年度の元旦と言う訳です。
ぼくなりに一年を振り返ってみました。

この一年も、当然いろいろなことがありました。

順調にスタートした去年の晩秋から年越し。その後も順調に推移し春を迎えた頃、下り坂の勾配がきつくなりました。それでも、しばらく何とかしがみついていました。






しかし、下り坂を歩むことになりました。ブラックホールならぬイエローホールが魅力的に見えました。






ここに落ちたら大変大変。必死にしがみついていました。






もう少しで落っこちそうになったときもありました。危ない危ない。






夏も終ろうかとする頃から、

イエローホールのエリアから脱出に成功しました。






秋に向かう頃には体力も回復。運気もアップし、坂を上る勇気と自信が湧いてきました。





夏日が珍しくなった頃には、

やっと尾根の頂付近にたどり着きました。やれやれです。しかし、ここでタイムオーバー。今日の日を迎えました。
会計の決まりごとに従い、今日で帳簿を締めることになります。

山あり谷ありのこの一年、今日の言葉どおり、自分の力の及ばない運命によって動かされてきたように思います。
しかし、この原動力となったのは、素直な心で前向きに一生懸命働いてくれた優秀な社員のおかげです。

明日からの新年度は、会社も創立65周年という節目の年に入ります。みんなに感謝し、働く喜びと安心、真の生きがいが湧いてくるような職場になるよう、ぼくも頑張りたいと思います。

明日11月1日(木)は、全店一斉棚卸の日となります。お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いします。


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL