半夏生

< 半夏夕照 >

 

夏至の日から数えて11日目の雑節。

今日は七十二侯のひとつ「半夏生」ですね。

農家では昔から大切な節目に当たる日。

この日までに「畑仕事を終える」

「水稲の田植えを終える」

という意味があったのでしょうか。

 

「半夏生(はんげしょう)」

自分には好きな響きの言葉です。

何事にも半分がちょうど良い通過点。

「全」が完璧でも「半」は道半ば。

 

半端な生きた証しだけはもったいない〜

半夏生の夕照が何かを教えてくれました。

 

 

 

「夏至」から「小暑」までが一番好きな頃。

しかし、最も雨が多い期間とされています。

陽が最も長いのにもったいないことですね。

コメント