古宇利の島散歩

< 一歩踏み出す勇気 >

いくら綺麗でも海水浴場での撮影行為。

むやみに女性を写すことはご法度です。

賑わうビーチを遠巻きで記録しました。

 

s-IMG_0866.jpg

 

s-IMG_0863.jpg

 

s-IMG_0864.jpg

 

s-IMG_0855.jpg

 

向こうには多国籍から美しい方々でしょう。

ここから一歩を踏み出す勇気はありません。

この場に不釣り合いなカメ爺はここが限界。

当たり障りのない記録画像に切り替えです。

 

s-IMG_0865.jpg

 

グラスボード遊覧船 を待つアジア系の家族。

何をしゃべっているのか自分には意味不明。

喧嘩をしているような会話に聞こえました。

 

s-IMG_0857.jpg

 

海人の奥さんは「くみ」さんでしょうか。

それとも「くみこ」さん?

そうだったら愛妻家の漁師さんでしょう。

もしかして持ち上げるほどの「恐妻」か。

いずれにしても「くみ丸」に命を預けます。

 

s-IMG_0860.jpg

 

s-IMG_0862.jpg

 

ここら辺りがいちばんの繁華街でしょう。

ゆっくりゆったりと流れる、島の時間。

入浴剤を蒔いたような小さな漁港でした。

 

s-IMG_0959.jpg


外人さんなら写してもYesでしょう。

can I take a picture?

声を掛ける勇気もありません。

可愛らしい金髪の子が印象的でした。

 

s-IMG_0953.jpg

 

お二人の白い歯がこぼれ幸せそうでしたね。

花嫁の足元の白い「crocs」が印象的。

どっち、ウェディングドレスで隠れます。

どうぞ末永くお幸せに・・・

一期一会の記念の記録をお許しくださいね。

コメント