円山応挙を堪能しました

 

 お宝なんでも鑑定団でも、滅多に本物にお目にかかれない古き巨匠、円山応挙。
その憧れの作品がぼくの目に飛び込んできたときは、まさしく圧巻でした。

この旅行でもっとも楽しみにしていたのは、

高野山真言宗 亀居山「大乗寺(だいじょうじ)」別名「応挙寺」。初めて訪れることが出来ました。



雪の中、石段を登ると

仕事柄なのでしょうか、目を見張る素晴らしい山門に感動。総けやき造り、見ている方も木のプロ中のプロ、この方もうなっていました。





ぼくは、彫刻の数々に感動しました。





まるで生きているかのような力強さと迫力、きっと名工の作品でしょうね。



プロが注目したのは、

この屋根の垂木(たるき)の配置、屋根の角(かど)、隅木の向きに沿って等間隔に並んでいます。プロは、「これは見事な扇垂木(だるき)!」と賞賛していました。なるほど、扇を広げたように垂木が打ってあります。




西国薬師霊場第二十八番札所とあります。



この山門をくぐると、

真っ先に目に飛び込んでくるのは、クスの木の巨木。ぼくの好きな巨木シリーズです。
ものすごいビッグな幹周りです。




後になって調べてみたら、樹齢約1,200年とありました。千年以上の古木のようです。




そして、正面を拝むと

これがご本堂。案内によると、江戸中期建築の仏間を中心とした客殿十三室には、円山応挙とその門弟十二名の筆による襖絵が百六十五面があり、すべてが国の重要文化財に指定されているようです。まさに、大変なお宝が収蔵されています。



ここから中は撮影できませんので、

「大乗寺 円山派デジタルミュージアム」
 
http://museum.daijyoji.or.jp ←コチラで「客殿めぐり〜大乗寺の各部屋を歩く〜」から、バーチャル体験で作品がご覧になれます。





案内係りの方から詳しい説明があり、応挙とその一門の作品の偉大さが解ったような気がしました。その後、感動を胸に雪がちらつく山門を降りバスに乗りました。




帰路の途中には、

バスの窓から、荒れ狂う日本海を写しながら思ったこと、応挙だったらこの場面をどんな表現で描くのだろうかと、ついつい想像してしまいました。

そんな旅もこれで終わり。かに三昧・温泉三昧・サプライズの「応挙三昧」が加わり、とても思い出に残る旅となりました。
ぼくの人生のアルバムが1ページ増えたようです。










コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL