温もり

 

 
 みなさま おはようございます。 今日も元気に営業しています。

今でも一昨日の雪が田畑に残り、寒い朝を迎えているここ出雲地方。8時現在の気温1,2℃、天気もこれから回復してきそうな感じがします。今朝も、ありがたいことに大量の木材の入荷。ぼくが出社した頃にはすでに降ろし終え、トラックは帰るところでした。

それにしても、掃き掃除をする手先が冷たく、かじかんでしまいます。事務所に戻ると真っ先にすることといえば、湯沸し室の温水で手を洗い、石油ストーブで指先を暖めてしまいます。
一月も、もうすぐ終ると言っても、まだまだ温もりが恋しい日が続くようです。


温もりといえば、先日、「温もり」と題した記事が、月刊「PHP誌 2月号」に載っていました。
深く印象に残りましたので、今朝はこれをご紹介します。すでにお読みの方にはご勘弁下さい。



                      


                              温もり

 北風が窓を鳴らす。布団の中で耳を澄ませば、風の向こうに電車の走る音がかすかに聞こえてくる。
 そんなとき、長いあいだ思い出すことのなかった遠い過去のさまざまな光景や、なつかしい人の顔がふと浮かんで、無性に寂しく、人恋しくなってくる。‘あの人は今、どこで何をしているのだろう‘。

 思えば今日まで、数え切れないほど多くの人と巡りあった。旅先で、ただ一度まみえただけの人もあれば、ある時期、親しくまじわった人もいる。共に過ごした時間はわずかだけれど、印象深く、忘れがたい人もいる。人はそれぞれに、そうした人たちとの大切な風景を、心の底にしまい込んで生きているのではないか。

 時に思い出に浸るのもよい。これまでにまじわった人たちの温もりがよみがえってきて、自分は独りではないことに気づかせてくれる。そして凍てついた心に灯をともし、明日を生きる力を与えてくれるだろう。

 願わくば自分も、誰かにどこかで思い出され、その人の心を温かさで包む、そんな人でありたい。

ぼくには、だれもが過去の大切な思い出や、それぞれの事情を抱えながら、平然と生きている姿が浮かんできました。















コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL