素直な心で

 


 今日で一月も終わり、

朝からぼくの机の横で、やけにアピールしているいつもの日めくりカレンダー。今年は、これまで素直な気持ちでやっているのだろうか。素直な心が無ければ自分を高めることは出来ないよう、やや反省が残る。





新年に入って、会社も特別なことは無かったが、

先日、事務所の入口に看板を設置した。去年から考えていた、お客様への感謝の気持ちと、これからも守るべき誓いの表現。やっと形だけは出来上がってきた。






創立65周年の記念も兼ね、全社員挙げてお客様に感謝の気持ちを表すためだ。





もちろん、

現在、工場だけが残っている創業の地、ここも事務所の入口に設置した。工員のみなさんと、創業者への感謝の気持ちも忘れてはいけないと思った。





昨年、誕生したわが社のマスコットキャラクター、

女子社員のお嬢さん(れいなさん、ゆうかさん)が描いてくれた「きむた」と「このは」。とても愛らしく看板を飾ってくれた。
ぼくは、どうしてもこれを使いたかった。デザイナーによって少し補正を施されたが、原画に限りなく近いと思う。
れいなさん、ゆうかさんありがとう。




しかし、問題は、

これからもずっと、素直な気持ちで「お客様の大切な住まいづくりを、心を込めてお手伝いします」が、ぼくも含め全員で実践できるかどうかだ。明日から、しっかり頑張りたい。





















コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL