宍道湖一周駅伝Live

 快晴に恵まれた今日の日曜日は、第67回を迎えた「宍道湖一周駅伝」の号砲が鳴った。
去年は、東日本大震災の発生で中止になったが、選手の皆さんは待ちに待った大会だったと思う。

今年は、わが社始まって以来、社内から伝統の宍道湖駅伝の選手を輩出することになった。斐川ACミランのチームの一員として喜一郎が選手として出るというので、応援がてら見に行くことにした。一昨日、どの区間を走るか聞いたら、第3区」とのこと、ここは地元、斐川支所前で、襷を4区につなげる中継所だ。応援に行かないわけにはいかない。しかし、応援に池ちゃんの姿が見えない。どこか隠れて見ているのだろうか?、田んぼはまだ忙しくないはずだが、何処かにいるはず、


続々と襷を待っているランナーが準備をしていた。







そこに、ゼッケン番号「68」!の大きな声が、4区のランナーが位置について、襷を運ぶ喜一郎を待っていた。しかし、なかなか姿が見えない。










しばらくしたら、やってきた。チョッと辛そうだった。この時点の気温18℃、西よりの風が強く、向かい風を受けたようだ。顔がメチャ怖い。順位は分からないが真ん中あたりの前半だろうか。僕も応援したかったが、大声を出すとカメラがブレるので、シャッターを切ることに専念した。彼はそれにしても、亡きオヤジに似てきたものだ。天国のオヤジさんもそう思い、応援したことだろう。











子供の頃はいついも食べ過ぎで、ぶくぶくまん丸に太っていたが、信じられないほどスリムになった。
今は平気で10キロを毎日のように走っていると聞く。高校サッカーで全国大会に行った頃は、フィールドを走らないキーパーのお役だった。その分、今では走ることが好きになったようだ。人間は何かの機会に変わるようだ。そういう僕も、走ることは苦手だが歩くことが好きになった。












走ってきた区間は、7キロなんぼと言っていた。僕にはこの距離はなんでもなく歩く距離、それをお互いが競争して走るからすごい。僕も、何時かはこの距離を早歩きで歩けるよう頑張りたい。









続々と襷もつながれ、この方たちは、

繰り上げスタートのみなさん。素人の僕でも、なんとなく趣味でやっている方たちかなと思えるチームもあった。みなさん!春の宍道湖の湖畔を眺めながら頑張ってください。

以上、第4区中継地点のLive中継でした。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL