男の手による生け花


わが家のリフォームも、この階段の手すりの取り付けが最後の工事となりました。



開放感に拘り、腰壁を透明なパネルにしたら製作に一ヶ月以上も掛かった代物です。

久し振りの休みとなった昨日は、引っ越した荷物の片付けをするはずが
携帯に一本の電話、なかなかうまくいきません。
そこで、若旦那に宿題を出して出かけました。


帰宅後、宿題が終ったのか聞いてみたら、本人いわく「やっつけました!」とのこと。
その「やっつけた」代物は

壁のニッチを飾る植物、男の手による生け花でした。それも壁面です。
見るからに、掟破りの大胆な手口。無理やりやらせられた彼とは数日前、



 山陰屈指の品揃い、
当社「木のギャラリーkimura」で「アーティフィシャルフラワー(高級造花)」を、ひとつひとつ一緒に選んでいました。
テーマは「南国のリゾート」。専門スタッフの小林に相談し、素人二人がなんだかんだと言いながら購入したものです。



ぼくにはイメージはあってもセンスが無いので、最初から若旦那のセンスでやらせようと思っていました。
まずは下から




中段は





いちばん上は

こんな感じにやっつけてくれました。スタッフの小林が見たら「オャ〜」と思うのかもしれませんが、
それはそれ、作法知らずの「男の生け花」。ぼくには出来ないことをやってくれました。




ぼくが唯一やったことは

玄関の壁に「緑」を植毛した事くらいでしょうか。いたって簡単、誰にでも出来ます。






壁にフックで引っ掛けるだけのスグレ物、
グラスパネルでした。造花と一緒に購入したものです。




なんでもかんでも「緑」があれば良いというものでもありませんが

ずいぶん感じが変わります。これから春爛漫、みなさんもちょっとした壁面緑化で
イメージチェンジしてみたらどうでしょうか。
ご興味のある方は、フラワーアレンジメントの専門スタッフ「小林」までご相談下さい。
自分でやれば、材料(花材)代は安いですよ。




それにしても、近隣にお騒がせしたわが家のイメージチェンジ

これが


工事に携わっていただいた多くのみなさまのおかげでこうなりました。
5月の連休になったら、階段の下に花壇でも出来ているかもしれません。
















コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL