休日のフィールド便り



 久し振りの休日となった昨日は、これまた久し振りにいつものフィールドを歩きました。



 この空梅雨の影響で、連日のように防災無線で田んぼの節水を呼びかけています。水は大丈夫でしょうか。








 こちらの田んぼは大丈夫のようです。







 二週間前は
  
 麦畑が良い感じでした。






























 風に吹かれると「そよそよ・・・ざわざわ・・・」、これがまた癒される光景でした。








 麦秋を向かえ、これらもすべて収穫されていました。









 夕暮れ時だったので

 西日を受け、麦の穂がキラキラと輝いて綺麗でした。







 それ以外は

 すべて水田の光景が拡がっています。それにしても、これを植えた方はかなりの距離がありますがほぼ直線。








 几帳面な方もいらっしゃれば

 緩やかなカーブ。これが一般的なのでしょうね。






 そして、中には

 遊び心タップリの方もいらっしゃるようです。これからしばらくは特に被写体もなく、この早苗の成長を見守ることになりそうです。





 ほんの稀に
  
 「わ癲廚離譽鵐織ーでやってくる都会の若者くらいでしょうか。かっこよくイチャイチャしてくれます。





 そして

 お楽しみは、梅雨の晴れ間に見える、面白い雲と夕日。ドラマチックな夕暮れ時が待っています。
 もうすぐ夏至、一年を通していちばん得した気持ちになれますね。









コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL