やっぱり食い気!

 



 熊本観光2日目は、路面電車と別れてバスは阿蘇へと向かった。
 途中、ファームランドでお買い物タイム。そのあとは、近くの猿回し劇場でみんなで大笑い。
 
 そんな猿たちの賢さに改めて感心しながら、バスは阿蘇パノラマラインをくねくね登って行った。
 
 心地良い揺れと、バスガイドの声が眠気を誘う。
 バスに乗ったとたん眠気が出るのは、決してぼくだけではないと思う。

 しかし、今はそれどころではなかった。車窓からは目にも眩い緑の世界がパノラマで拡がっていた。


 そんなかっこよく始まった今日のダイアリー。 
 まず、途中に立ち寄ったのが

 米塚の展望駐車場、左のお椀を伏せたような山が「米塚」だったように思います。



 この「米塚」の由来、ガイドの案内があったようですが記憶にありません。

 その代わり、ぼくが知っていたのはこれです。
 
 


 以前、訪れた時に印象に残っていました。確か中に入って見た記憶がありますが、随分前のことです。





 小休憩のあと、 ここからバスは昼食場所へと向かいました。

 草千里レストハウスで昼食をいただきました。この後は、今日の観光のハイライト「阿蘇山ロープウェーから見る火口見学」。




 しかし、

 絶好の行楽日和なのに「訃報」。火山性ガスの風向きによりロープウェーは運行休止、とても残念でした。




 そのかわり、

 三度目の正直、こんな綺麗な阿蘇を一望できたのは初めてでした。確かに火口付近は煙が上がっています。





 
 とても雄大な草千里ヶ浜、広角レンズでも収まりきれません。






 
 馬に乗って観光する人も米粒のように見えます。






 せっかくですから

 上の3コマの画像を、パノラマで合成してみました。露出の違いでつなぎ目が目立ちます。失敗。





 
 本日の観光でいらっしゃっている方は、この晴天だけが救いでした。
 そんな光景を毎日見ているこの坊や。






 この坊やのお勧めは

 阿蘇名物?ソフトクリーム。
 ロープウェーに乗れない腹いせにわいわいガヤガヤ、早速食べている光景が見えます。









 おやおや、そんな怒ったような顔、この坊やみたいに嬉しそうに食べたらぁ・・・と思ってたら








 ちょっとだけ、笑顔に。






 お隣では

 お嬢ちゃんも、ソフトクリームを勧めています。







 こっちの方が可愛く、買ってあげたくなります。





 こんなに勧めているのに

 掟破りでしょう!。ここは熊本「阿蘇」、「北海道でマルかじり!」って思いました。
 それにしても嬉しそう!きっと、大好物なんでしょうね。





 自分としては、ギンギンに冷えたジョッキで

 とりあえず、大・小一本ずつ。








 または

 一皿の、これしかないようです。






 そうはいっても、晴天の阿蘇では

 これがいちばん人気のようですね。






 この日のハイライト、楽しみにしていたロープウェーから写す「火口」。

 
 この日は、ロープウェーに乗れなかった腹いせに、こんなのばっかり写していました。
 本来のぼくの領域とはずいぶん違いました。


 
 
 *撮影にご協力いただいたのは、今回お世話になったLIXILの皆様でした。

                                       旅は、続く・・・












コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL