相棒

 


 長らく愛用していた携帯のカメラ機能が壊れた。
 その上、これまた長い間、何処へ行くのも一緒だった一眼レフカメラも、
 シャッターユニットの耐用回数も限界を越え、悲鳴を上げてしまった。

 家庭でも一緒、家電製品も次々と壊れる現象といったところだろうか。
 そんな予感がし、次の愛機をずっと探していたがなかなか見つからなかった。
 それは、自分のこだわりが強すぎたのかもしれない。

 一つ、胸のポケットやズボンのポケットに入り、軽くてコンパクト。
 一つ、首や肩から掛けられる、ネックストラップが取り付け可能。
 一つ、ローアングルもハイアングルも撮影しやすいよう、可変する液晶モニター。
 一つ、写される人が緊張しないよう、カメラらしくない可愛いデザイン。
 一つ、壊れていく一眼より、最低でも画質が上回る。
 一つ、いろんな表現が可能な、デジタルならではのフィルター効果を搭載。
 一つ、Wi-Fi機能、GPS、Webサービスが使える。
 一つ、コンデジでありながら、マニュアルな操作が使える。
 一つ、メーカーは使い慣れているので、できればCanon製。
 一つ、価格は、二万円台。

 こんな要望だから、クリアーするカメラはなかったが、

 やっとのことで、Web会員限定、しかも限定数お一人様一個まで。
 店頭には並ばない代物を買うことが出来た。





 
 カメ女にもてそうな、デザインも可愛らしい。





 どれだけ小さいかと言うと

 百円ライターより小さい。首から掛けられるストラップも付いていた。





 気になる画像は、

 記念のひとコマ目は、野に咲くタンポポの綿毛を写してみた。結構いけそうです。






 このカメラの最大の売りは、「クリエーティブショット」モード。
 1回の撮影で6枚の効果を変えた画像が記録されます。

 上のコマはノーマル。
 これ以外に









 驚くことにシャッターひと押しで、こんな画像が同時に記録されていました。
 この機能は、被写体次第で使えそう。



 まだまだ、説明書を読みながらですが、どこにでも気軽に持ち出せそうな「Power Shot N」。
 よき伴侶に出会えました。













 
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL