お盆休みも終わって

 

 連日、猛暑が続いたお盆休みも終わりました。
みなさまも、それぞれ思い出に残る夏休みを過ごされたと思います。

そして、先週末から業務が始まりましたが、今ひとつ、夏休みボケから脱皮できずに今週が始まりました。
頑張って今日から仕事に励みたいと思います。

その元気の源、ぼくの今回の夏休みはちょっと早めに休みをいただいて、日本の南端に旅をしてきました。


今回も、目的はもちろん撮影です。生きてる内に今までに見たことも無い光景に出会うためです。
この目で見て、自分なりに画像に残す旅。




その駆り立てた原因は、ある一枚の写真から始まりました。

ぼくの部屋の応接セットの壁に掛けてある一枚の絵、ではなく写真です。
昨年、琉球風水師「和来 龍」先生からいただいたパネル写真です。








それ以来、ぼくはこのシーサーをこの目で見たい!。写真に収めたいと思い続けてきました。
それほど、このシーサーの表情が珍しい表情だったからです。


おかげさまで、今回その念願が叶いました。



おまけに、八重山諸島の
  
 綺麗な南国の花々を写すことも出来ました。今回は、カミサン孝行をしながらの撮影。
初めての光景に感動し、思いを共有することが出来て良かったです。




今回、4日間の滞在中、撮影は千二百コマ以上。RAW現像にかなりの時間が掛かりそうです。
これから追々に、画像が出来次第ダイアリーに掲載したいと思います。





お盆が終わったぼくのいつものフィールド。日曜日の昨日、久し振りに行って見ました。

稲穂も随分成長しました。もう一ヶ月もすると刈り取りの時季になりそうです。


南国よりも、僕にとってはこの身近な田園が、何より四季の移ろいを感じるスポットでしょうね。


















コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL