イザ!楽島(tanoshima)へ 

 

 出発時間まで、那覇空港内の食事処で小腹を満たし28番搭乗口に向かった。
次に乗るのは、ANAからRAC(琉球エアーコミューター)15・:40発705便。

待っていると、アナウンス。
「15:40分発 琉球エアーコミューター705便で石垣空港に向かわれるお客様は、これよりバスでご案内いたします」。

バスで案内とは嫌な予感。バスから降りたら歩いてタラップを昇るスタイルです。

ということは・・・小型機。案の定、離島行きのプロペラ機でした。
しかも、この機材「ボンバルディア」。尾翼のシーサーの前、ダッシュ800と書いてあります。

ということは、整備不良で胴体着陸?・・・の不安。ぼくは、そんなイメージしかありません。




それでも無事離陸をしました。

飛行中も、あのリベットピンが抜けて跳んで行って、あの蓋が外れないかとか・・・
車輪が無事出るのかな・・・などと、心配しながら眺めていました。









僕のイメージとは裏腹に

快適なフライトでした。天気が良かったのが幸したのかも知れません。一時間ほどのフライトで着陸態勢。
車輪が出てきてほっとしました。胴体着陸も想定していました。






初めて、石垣島に上陸となりました。まじまじと、僕は機材を確認しました。







良かった、良かったと思ったのは自分だけでしょうか。
それでも、青空が迎えてくれたのは何よりです。ここでも、歩いて到着口に向かうことになります。







ここが、南(ぱい)ぬ島 新石垣空港。






まったくもって、
  
 何処もかしこも、おNEWの雰囲気と匂いがします。俄然、モチベーションが高まります。







なんと言っても

今年の開港。







荷物を受け外に出ると

やはり、南国の雰囲気が漂います。








このあとは、レンタカーを借りることになります。

今回、やっとのことで借りれたのはこの車。お盆のこの時季、車が完全に足らなくなるようです。
さて、時計も午後五時を回りました。とりあえず、走り出してみましょうか。








                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            







コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL