石垣島の観光といえば

 

 良く見ると、あっちこっち擦り傷だらけのレンタカー。
お盆休みの期間中、ここ石垣では連続4日間借りれたのは奇跡的だったようです。


二人が乗れれば何にも文句はありません。
そして、持参したスーツケースを2個積めば満席となりました。

それにしても、無理やり取って付けたかのような、かなり旧型のカーナビゲーション。
反応がこれまた遅く、4日間やっつけられました。
時には、あわゆくとんでもない処に連れて行かれそうにも。



それでは、旅の始まり。
時刻はすでに夕方五時半。普通ならこれでホテルにチェックイン!となりそうですがここは南の島。

まだまだ日が高いので、観光をすることになりました。
まずは、カミさんとガイドブックとにらめっこ。
石垣島観光ナビによると
石垣島といえば川平湾。日本百景にも選ばれているその美しさをご堪能ください。
あまりにもよく知られた場所です。

ぼくも、たくさんの写真家が写していた川平湾の美しいブルーを見ていました。
この目で見れると思うと、もうわくわくして車を走らせました。
それにしても、気まぐれなカーナビゲーション。まあのんびり行きましょう。





何とか、案内どおりに到着しました。

しかし、時間はもう六時を回ってしまいました。そして人影もまばら、西日が強く当たる看板。
撮影的には、すでにこの時点で期待できないことが理解できました。

それでも、せっかくですからカメラをセットして展望出来るところに向かいました。




目の前に現れた光景は、

確かに、写真で見た「川平湾」です。この時間、斜光でかろうじて小島だけに光が当たっています。









お天気は文句なし、これで日か高かったら素晴らしい石垣ブルーが見れたと思うと残念です。









まあ、ここに来れただけでも幸せです。いくらいい時間帯でも、雨の日も台風の日もあります。
ラッキーだったと自分に言い聞かせ、浜辺に下りて見ることに。















これはこれで、とても良い記念になりました。






しばしの間シャッターを切り

車に戻る途中、気になる木が・・・やはり材木屋です。








緑たっぷりの中、葉を落としたこの木、何の木でしょうか。
やけに西日を受け、僕に何か言いたそう。







多分、

「また今度、カメラを持って来いよ〜」って言っているような気がしました。

「次は絶対、こんな綺麗な光景を写させていただきます!」って、僕は謙虚に答えました。



車に乗ってカミさんと打ち合わせ。
確か、レンタカー会社のお兄さんが言っていた「夕日が綺麗な場所」、どうやらここから近いよう。
即刻決定。今日のフィナーレに胸躍らせ、まったりと車を走らせました。










コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL