サルビアの花の丘

 

 
 「百万本の薔薇の花を あなたにあなたにあなたにあげる・・・」と
当時、ラトビアの歌謡曲を、加藤登紀子が日本語に訳して歌っていたのは1987年のことのよう。

 もう、ずいぶん前の歌かと思っていたが、ぼくの新婚時代にヒットした歌のようだ。
「百万本のバラの花?」って大げさだなあと誰もが思ったはず、今風にいうと「どんだけぇ・・・」でしょうか。


 その百万本という膨大な数を、ざっくりとつかめる場所があるのはご存知でしょうか。
そういうぼくも、こちらのパンフレットを見るまでは知りませんでした。





 そこで、高速を走ること一時間余り、着いたところはこちら



こちらといっても、この奥にその光景があります。真っ青な青空の下での撮影、期待も膨らみます。












これでお分かりの方もあると思います。ここは「とっとり花回廊」。パンフレットによると100万本のサルビアの花畑。










来園者も、気持ち良さそうに100万本のサルビアに酔いしれているようです。













ここから撮影に没頭します。100万本のサルビアをご観賞ください。



























まさに、空の青さと木々の緑、赤いサルビアのレッドカーペット、とても刺激的でした。













100万本のサルビアの花、あまりにも刺激が強いので、今日はここまでとさせていただきます。
このあとは、また明日。

























 
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL