ジャンボ貝の正体は

 

 このところの寒さで、何もしていないのに肩こりがひどくなってしまいました。
夏に生まれた自分にとっては、とても苦手な季節がやって来ました。



という訳で、昨日の答えはこの夏の画像から。




手のひらに乗った大きな貝は、この場所から取れる貝だそうです。












ここでしか取れない貝。



アサリでもなくハマグリでもなく、とても大きな貝。










その正体とは



「しじみ」だそうです。お分かりの方はありましたか。宍道湖のシジミとは違い、まさしくジャンボシジミでした。









それにしても、どうしてこんなに大きくなるのでしょうか。



考えられることは、美味しいものなら誰もが取りはじめて乱獲が始まります。
ここまで大きくなるということは・・・誰もが好んで取らない。

ということは、食べても美味しくない・・・が正解でしょうか。










しかし



年々、減り続けている宍道湖のシジミとは真反対、このお化けシジミが取れるここは何処でしょうか。


































































































































コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL