由布島日記

 


由布島の旅日記も、やっと今回で最終章となります。

またかとお思いの方には、まことに申し訳ありません。




いくら小さな島とはいえ、撮影がメインの自分にとっては時間が足りません。
この日は日帰り観光、夕方までには石垣島まで戻る予定です。



しかも時間はお昼どき、
ちょうどタイミング良く、お腹も空いてきたところでレストランに入ることがで出来ました。









まずは、午後の部に備え



麺好きの自分は「八重山そば定食」。シンプルな鰹出汁で、とても優しい味のソバでした。










こちらは



カミさんが注文した「石垣牛カレー」。少し分けてくれましたが、とってもコクがあって美味しいカレーでした。











ガッツリといただいた後は、まったりと小休憩。



とはいっても、午後の探検と撮影が待っています。










この時間帯、もう気温も32℃くらいあったでしょうか。



ついつい、のどが渇いてこんな情景を写してしまいます。井戸と取り巻くオブジェが目を引きました。
まったりとした昼下がりの情景。









この先では



小さな広場でブランコを見つけました。取り囲む南国特有の木々が、何とも言えないイイ感じでした。










木々と言えば、



ガジュマルの樹です。かなりの老木、まるで妖精が降りてきそうな雰囲気です。













この樹はさすがに南国の木。初めて聞く名前の木でした。











これを進んでいくと



何やらカラフルな人工物体、なんでこんなところに。










近くに寄ってみると



ジェラシックパークの世界に紛れ込んだような感じ。それにしても、ど派手な船。
まさか「サバニ」と呼ばれる伝統漁船?。









もしかして、



海人の祭典、伝統のハーリー行事に出てくる「ハーリー船?」。
いろいろ想像してみましたが答えは分かりませんでした。
「なんでこんなところに?」の疑問が残ります。













それよりも



ぼくにとっては、最高のスポットを見つけました。子供の頃から大好きだった「この先を抜けると海」の情景。














わくわくしながら木々のアーチを抜けていきます。











やがて目の前が広がります。



ここらあたりから、気持ちが高ぶってくるのが分かります。あともう少しでお楽しみ。










浜に出るとこんな感じでした。



誰もいない静かなビーチ。ぼくには、これで十分過ぎる光景が広がっていました。











最高の時間を過ごして大満足。



もう少し居てもいいなあとも思いましたが帰りの時間も気になり、水牛車乗り場まで向かいました。














帰りはこの方にお世話になるのでしょうか。ピンボケと手振れで、優しそうな水牛に写っていました。
















帰りのドライバーさんは、このオジィーのようです。

来た時のドライバーさんは「石原裕次郎」似?でした。このオジィー「梅宮辰夫」似?といったところでしょうか。













前に張ってある素朴なカードを見ると、乗務員は「高嶺 力」さん。そして水牛の名前は「海」君。

一見怖そうなこのオジィーは、仕舞ってあった三線を取り出し音合わせをし始めました。










今日のお題は、



代表的な琉歌、「

川は流れて どこどこ行くの。。。
人は流れて どこどこ行くの。。。
そんな流れがつくころは 花として花として咲かせてあげたい。。。


乗り合わせた一期一会の人たちと、ぼくも小さな声で歌いました。








そして、



歌が終わろうかとするタイミングで、対岸の西表に着きました。

いやーほんとうにまったりと、ゆったりとした時間を過ごさせてもらいました。
水牛もちょっと疲れが出た様子。水牛とお別れし、ここから大原港に向かいました。










この「西表・由布島観光」のダイアリー連日の掲載。
しつこいと思いましたが、ぼくの生きた証として画像と共に残させていただきます。

長編、ご覧いただきありがとうございました。





































コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL