駅伝部の応援に行きました


3月30日 日曜日

第19回 荒神谷健康駅伝大会に駅伝部が今回もエントリー。

生憎の雨となりましたが、今年も記録員として応援に行きました。



この大会のコースは一区間約1.3Km、アップダウンあり、砂利道あり、芝生あり、
砂利道あり、階段ありと、荒神谷史跡公園の地形を生かしたカントリーコースです。

前回大会は、雨の中をAチーム2位、Bチーム3位と健闘しました。
それにしても今回も雨。そんな中、Aチームは優勝を狙っているようです。

それでは、駅伝部の記録員として当日の模様をダイアリーに残しておきたいと思います。
長編になりますので、退屈な方は最後の結果だけをご覧ください。




今回の参加は、小学生9チーム、中学生1チーム、一般の部23チームでした。



到着後、さっそく選手を探します。 喫煙コーナーに誰かがいるはず。



やはり居ました。和田選手が喫煙しています。高橋選手はベンチに座りにっこり。
この背中は園山選手。ランナーらしいTシャツを着ていました。



控室の光景です。ユニフォームに着替え、ゼッケンを付け合っています。
原マネージャーは仕事を取られたかの様子。いつもならマネージャーの仕事ですが。



そうこうしてる内に、開会式が始まりました。
特に、雨で滑りやすいのでご注意がありました。




スタート直前の様子。手前の園山選手は、余裕のおじさんスマイル。



そして、小学生の部からスタート。いつみても可愛らしい光景です。



そのあと、しばらく置いて一般の部がスタートしました。

Aチーム、Bチームの一区のランナーが見つけられません。



あとから画像を確認すると、Aチーム一区、森山選手が中間より後方です。
走る前に相当プレッシャーを感じていた様子、大丈夫でしょうか。




あれあれ、Bチーム一区、池田選手は最後尾。ちょっと抑え過ぎでは・・・と思いました。



何か調子でも悪いのでしょうか。目がうつろです。



なんということでしょうか、一区森山選手がトップで走って来ました。
これはいけそうです。



Bチーム一区、池田選手もかなり遅れてやって来ました。
後ろから二番手。



演技なのか、「もうだめだめ走行」はいつものこと。
調子がいいのか悪いのか・・・理解不能です。



すでに、Aチームの二区、園山選手がスタンバイしました。



そこへ、ぶっちぎりで森山選手がトップでやって来ました。



無事、二区に襷が渡りました。



それにしても、よーく見ると園山選手は左手に襷を持っているはず。
森山選手が右手を握って離しません。こいつらこんな関係?だったのでしょうか。



ずいぶん遅れて、池田選手から二区の和田選手に襷が繋がるBチーム。



和田選手に無事襷が繋がりました。イケそうな顔しています。



最後まで頑張った池田選手。意味ありげな余裕の笑顔でした。



和田選手のいつもの「ぴょんぴょん走行」。体が軽いので飛び跳ねています。



「オジサン走行」で頑張った園山選手、1位でキャプテン喜一郎に襷が渡ろうとしています。





キャプテンは何も心配は要りません。何せ一番の記録保持者。




和田選手も頑張りましたが、ずいぶんと遅れて二区、飯島選手に襷を渡しました。



つい先日、パパになったばかりの飯島選手。可愛い赤ちゃんを思い浮かべて走っている様子。
「ペコちゃん走行」健在です。



Aチームは早くも四区。荒尾選手が手をもみもみ、キャプテンの到着を待っています。



襷を持ちやすいように延ばして渡すキャプテン。さすがに駅伝慣れしています。




こちらも、新米パパの荒尾選手。帰ったらおむつの取り換えが待っているかもしれません。



カメラ目線を向けるなんて、とんでもない余裕なのか。
それにしても、鍛えた分厚い胸板です。



Bチームも第四区、「ペコちゃん走行」飯島選手から「おばさん走行」佐藤選手に。



きっと何かを起こしてくれそうな予感、とにかく奥様方に人気があります。



Aチームは、早くもアンカーの副キャプテン高橋選手。



荒尾選手から無事トップで襷が渡りました。



副キャプテンも安心して見ていられます。これならトップでゴールできそう。



このまま走ってくれと、祈りながらカメラを向けていました。



Bチームは入賞は無理そう。アンカーのケンタロウに、のっしのっしと佐藤選手がやって来ました。



それでも、最後まであきらめないで走って欲しいと、かすかな期待です。



この可愛らしいランナーに負けないように。



そうこうしている内に、副キャプテンがゴールに向かって走って来ました。
ゴールにテープが張ってあるということはトップの証。







トップでゴールイン、感動の瞬間。副キャプテンも嬉しそうです。
アンカーの責任を果たした充実の笑顔でした。




かなり遅れて、Bチームもゴールに向かってきました。



無事、なんとか完走しました。




すでに走り終わった選手達、みんな安心したかのような笑顔でした。



ここでも、みんな笑顔いっぱいでした。


大会関係者から、あれほど滑りやすいのでご注意を・・・



滑って転んだ選手の傷跡、大事に至らず幸いでした。




タイムの集計中の様子。Bチームの順位が気になります。




そして待つこと30分、成績発表があり表彰式に入りました。



代表三人が呼び出されました。Aチーム優勝です。



表彰状を受け取る 滑って転んで擦り剥いたキャプテン。



事もあろうに、優勝カップを受け取る園山選手。




重そうな副賞を受け取る高橋(副)キャプテンでした。


そして、最後に皆さんで記念撮影。



前列Aチームは、昨年の2位から見事優勝。後列Bチームは、昨年の2位から今年は何もなし。

二年連続の雨の中での大会でしたが、今回もそれぞれ全員が見事な走りでした。

選手のみなさん、マネージャーのあっ君、ご苦労様でした。

優勝のご褒美に、ユニホームを作ってあげたいと思います。


以上、
「木村木材駅伝部」、記録員からのお知らせでした。







































 
コメント