出雲縁結び空港は春爛漫






気持ちの良い青空が拡がった昨日は、夕方からは松江で所属する会社の役員会議。

余りにももったいない天気でしたので、ちょっと早めに会社を出発。

道すがら、前々から気になっていたスポットに寄り道しました。




ここは出雲縁結び空港にある公園。

毎年この時期になると、公園に咲く菜の花が気になっていました。

そんなに多くはありませんが、緑の中にいい感じで咲いていました。







ここは、なかなか立ち入ることのない滑走路東端、宍道湖の中にある誘導灯。
ランディングに重要な設備、暗くなったら綺麗でしょうね。









そこへ、JAL1667便(東京→出雲)がやって来ました。

通信施設の赤いポールの先端に、機体が差し掛かるタイミングを狙ってみましたが失敗。
撮影の立ち位置と、着陸の高度を間違えてしまったようです。





それでも



イメージしていた、菜の花畑に着陸する機体を捉えることができました。

車輪と重なるように人影が写っていました。ぼくと同じような目的の方もあったようです。






コンパクトデジカメでしたので



連写モードもなく、速いスピードにはついていけません。
偶然にも、見方によっては公園に不時着したかのような迫力でした。







本日のお気に入りの光景は、菜の花にふわっと浮かぶプロペラ小型飛行機。

これは確か、ボンバルディアQ400型、DHC-8402ではないかと思います。

JAC2356便(出雲→伊丹)、ジェットと違いとてものどかな離陸でした。











春爛漫の「出雲縁結び空港」。

ゴールデンウィークに入ると、子供たちの格好の遊び場となりそうです。

























 
コメント