病は気から

 


珍しく、体調不良で始まった一週間の始まり。

朝から、自分の意思とは関係なく鼻水が止まりません。おまけにくしゃみも。

ぼけた老人状態、情けない限りです。これって春の風邪だろうか。

風邪の症状を忘れたくらい、ずっと元気だった自分。


今は、家に帰れば乳児が寝ています。

普段でも神経質な自分は、ついつい神経質になってしまいます。









神経質といえば



この方も、この上なく神経質です。

これまで、30メートル以内に近づけたことはありません。




一心に餌を狙っているようですが、常に周りを警戒しています。


一歩、二歩、それでも近づきたいのでこっそりと進みます。











これが限界、これでも可能な限りズームしています。



湖面を見つめるこの姿。気づかれずに撮影できました。中々、良い感じで残せました。














しかし、それは長く続かず



この繰り返し。野生と人間なので無理な話でしょうが、彼の警戒心は解けません。



人間関係でも万に一つ、こうした関係が出来上がってしまいます。

合わないものはどうしようも無いのでしょうが、

努めて、近づけるだけ近づいてコミニケーションを取りたいと思わせる いつもの光景でした。




















































コメント