誕生祝い






すっきりと晴れ渡った一週間の始まりの今日は、おかげさまで誕生日を迎えました。





久し振りに爽やかな風が吹き抜けている出雲地方です。

朝のこの時点で気温は23.1℃。連日続いた猛暑はひと休みとなりそうな予感が。

この光景を見ながら、自分が生まれて来た時も暑かっただろうなと産んでくれた母を想いました。

そんな自分も、もうこんな歳。








それでも、今年も嬉しいことに娘の手料理で祝ってもらいました。


せっかくなので、美味しそうに画像に残すことに。

しかし、よく見ると今年はやや異変が。





飲み込みやすいように、ひと口サイズに切った冷奴。










箸で掴みやすく散らばないように、ひと口サイズに巻かれた蟹カマ入りキャベツ。











喉に詰まらせないよう、食べやすいように小振りに巻かれたロールキャベツ。


どうやら、今年の誕生日は老人の介護食に切り替えたようです。

それはそれ、父親思いの娘の事、味も薄味でぼくの健康を考えていたようです。

何はともあれ、心のこもった美味しい手料理で祝ってくれました。






ふと、横を見ると





小さいのが転がり「うっ!うっ!」と首を持ち上げ、必死に力んでいました。



何気ない平凡な日々に感謝。

こんな幸せが一番だなあと感じた、ささやかな誕生祝いの夜でした。






































 
コメント