孫の手を借りて

 爽やかに晴れ渡ったこんな日は、

いつものカメラを肩から襷に掛け、てくてく被写体探し。とても気持ちの良い空が広がっていました。








何でもない いつもの風景の中、ふと僕の目に留まった農作業の光景。
 じいちゃんが田植え機に乗って田植えをしていました。その傍らで あぜ道を一緒に歩く若者と、ツナギのポケットに両手を突っ込んで 「こんな日に、やっちゃぁいられないよ〜」とでも言いたそうな態度の長身の若者。








ところが、何と言うことでしょう!。
 田植え機がUターンする頃には、進んで苗を補給しました。片や、グレーの若者は相変わらず見てるだけ。なんだ青がイイ奴ジャン。じいちゃん思いの優しい孫でしょうか。そうするとグレーは何者?。ひょっとして、農機具屋の営業マンかサービスマン?・・・結論は出ませんでした。

この光景を見ながら、「じいちゃん!いい孫持ったね〜」って声を架けたくなりました。今の若者も捨てたもんではないですね。孫がじいちゃんの農作業を手伝う とても微笑ましい光景でした。


片や、

のほほんと、気持ち良さそうにペダルを漕ぐサイクラーのカップル。 こんなの見てたら、がんばる孫も農作業が大儀になるかもしれませんね。






しかし、

心配は無用のようです。このアートは孫の仕業だと思われます。適当に憂さ晴らししたのでしょう。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL