遠花火





台風の11号の影響で、8月最終土曜日に順延された松江水郷祭花火大会。


今年の目玉は「一時間まとめて9千発!」 

このPRに、どうしようか胸が高まった方も多かったことでしょうね。




自分も、そんな中の一人となってしまいました。

仕事が終わってから、そわそわ出掛けてみました。






近場で撮影したいところですがそれはそれ、

今回だけは、一時間の花火のために二日分の見物客。

松江市内は混雑必死でしょう。




そこで、

地元でいちばん見える場所、出雲縁結び空港から撮影することにしました。


しかし、見えるといっても直線で15キロの距離。

そんな距離から花火を写すのは、だれが考えても無謀な挑戦です。

無謀は十分承知、今年最後の花火の記録と割り切ってスタンバイしました。

画像は、ちょうど最終便が空港に着陸。あと15分後に打ち上げの20時を迎えます。

カメラに望遠レンズを付け三脚にセット。あらかじめ、カメラの設定は済ませています。

しかし、問題なのは真っ暗ななかでのピントをどう合わせるか。

近場で標準的なレンズのピントは、マニュアルで無限大∞が定番。

しかし、今宵は超望遠レンズ。手動でピントを合わせる必要がありました。













300ミリの望遠レンズ、花火を見ながらピントを追いました。

やはり、15キロも先の花火は迫力に欠けます。

ましてや、ここに集まったたくさんの見物客は肉眼。

大半の方が、これの6分の1の大きさで見えるはずです。







そこで、無謀な行為。

300ミリを600ミリにするコンバーターの登場です。





これも、一からピントを合わせ、その後はピントを固定して撮影です。

















何度も何度も失敗して、やっとピントが合ってきた大玉でした。

600ミリでは、15キロ先の大玉はこれが限界でした。







それでは、数々の失敗作をご覧ください。
























































これがフィナーレだったと思います。

この日は東からのやや強い寒い風。

煙がこち側に充満、煙と滑走路の誘導灯が邪魔してしまいました。







それでも、集まった数百人の見物客の中でこの大きさで見たのはひとりだけ。


そんなこんなで、一時間9千発はあっという間でした。


15キロ先の遠花火、これはこれで良い思い出に残りました。


今年の花火の見納め。駄作ながら記録に残すことにしました。


















































































 
コメント