[社内報] 今夏も熱く燃えた駅伝部





8月31日(日)

久し振りに夏の青空が眩しい、8月最後の日曜日。

「第3回 たてぬいカップ交流駅伝大会」が開催されました。

わが駅伝部も、今回で2回目の出場です。

昨年に引き続き、応援と記録を兼ねて会場に足を運びました。

私が見た選手たちの頑張った姿を残しておきます

以下、(出場選手名は敬称略)











到着後、間もなくすると選手集合!

どうやら、開会式がすでに終わっていたようです。




それにしても





まず驚いたのは参加チームの多いこと、63チームの参加だったようです。

昨年の倍増の感じがしました。

その中でも最前列に陣取っていて、ほっとひと安心。

ゼッケン癸兇登録名「木村木材Aチーム」、癸靴同Bチーム。

今年も2チームの参加でした。












スタート1区は、Aチームがキャプテン「きいちろう」

Bチームが副キャプテン「ひでお」

いきなり大将&副将が走るようです。

それにしても、なにやら重たい雰囲気の二人。

スタートは無理もないかなあと思いつつ、ちょっと二人を呼びました。











何だぁ〜意外なほど笑顔とひょうきん顔。

ぼくが心配するほどでもなかったようです。

えびすだいこく100キロマラソンの参加記念に作ったユニフォーム。

だれも良く似合っていました。作った甲斐があります。







あとの走者は





テントの中で、自分の出番を待つことになります。

出番までは、やはり落ち着かないと思います。










おやおや?、そうでもなさそう





テントの中では、Aチームは「じゅんや」と「みのる」がひそひそ話。

やがて、カメラに気付いてどちらも決めポーズ。

二人で何をひそひそしていたのかは分かりません。

まあ、本番ではしっかり走ってくれればそれで良し。








スタート5分前には





今回の招待ランナー、赤羽さんの姿。







走る気満々のように見えましたが





何故かぼくの隣に。。。



老人「赤羽さん、今日は一緒に走るんじゃないですか?」
女「今日はちょっと・・・」


大事な大会がこれから控えているのでしょうか。












どうやら、スターターのお役だったようです。

こりゃ近くで大きな音がしそう。











普段は号砲を聴く立場の赤羽選手。

よほど怖かったのでしょう、「バァーン!」目をつぶっていらっしゃいました。


これで選手は一斉にスタート。







それにしても早いこと





63名の選手が走り去ってしまいました。



おや?、ぼくの隣の隣に見えたのは、社内の「くにじ」の横顔。

水色のユニホーム、今年も別のチームで参加するようです。







これで、2キロの周回コースを走り襷を渡します。








Aチームがトップで来るのを期待していましたが、上には上がいたよう。

トップで襷を渡すこのチーム、ダントツで早かったですね。







しばらくして、





Aチームキャプテン「きいちろう」がやって来ました。

しめしめ、まだ上位の方。襷を受けるのは「なおき」です。

キャプテンについでタイムが速い「なおき」、期待が持てます。







Bチームはまだか?





しばし遅れて、Bチーム副キャプテン「ひでお」がやって来ました。

大会前夜、いつもなら夜遊びするBチーム2区の「ユウジ」 

今回は大丈夫なのか?











Aチーム「なおき」がやって来ました。早い早い。

待っているのは3区「じゅんや」

ともに21歳コンビの襷リレー、若い若い。












韋駄天「じゅんや」、こう見えても走りは安心して見ていられます。

仕事中とは、まったく別人のようでした。











Aチームから、かなり遅れたBチーム。

やっと「ユウジ」の姿が見えてきました。

襷を待っているのは3区、ペコちゃん走行の「ふみや」












おやおや、「ユウジ」にピントが行ってしまいました。

狙っていたペコちゃんの表情を捉えていません。

かすかに、しっかりとしてきた「新米パパ」の顔つきでした。














Aチーム「じゅんや」がスピードを上げてやって来ました。

いつも余裕の笑みがこぼれます。

その襷を待っているのは、駅伝初参加「たくと」

どんな走りを見せてくれるのでしょうか、楽しみです。










ちょっと顔がにやけていますが、もともとスポーツマンの「たくと」

きっとやってくれると思います。











失礼しました、Bチームはちょっと見失っていました。


気が付いたころには「ふみや」から、4区は「つばさ」に襷が渡っていました。

ちょっと!ニヤニヤ「つばさ」

襷を受け取ったはいいものの、だれかを探しているかのようにも見えます。











意外に余裕顔、Aチーム4区「たくと」が駅伝初参加で無事完走。



いよいよアンカーに襷が渡りました。

Aチームアンカーは、南の島のクロマティー「みのる」

これも、普段から異常に鍛え上げたキン肉マン。

余程のアクシデントが無い限り安心して見ていられます。












それからしばらくすると「トップがゴールします。ゼッケン癸横掘」のアナウンス。


平田高校男子チームがトップでゴールしました。

走るのが仕事、都大路を目指す高校生ランナー、こりゃ早いはずです。









それからしばらくして





忘れていたBチームの存在。

4区の「つばさ」から、アンカーの「ケンタロウ」に襷が繋がった後でした。

こう見えてもランナーが多く、今何区?と、こんがらがってしまいます。












トップから大分遅れて、Aチーム「みのる」がゴールインしてきました。

う〜ん!この分だと10位以内は厳しかったかなあ・・・が、ぼくの感。







それでも、Aチームは早い方です。





これからしばらくして見えてきた水色のユニホーム。

一目瞭然、社の「クニジ」です。周回遅れでこれからアンカーに襷が渡るようです。







そのあと、





Bチームも無事にゴールしました。順位は厳しいところかな。








ということで、





走り終わった選手たち。

ぼくには比較的楽そうに見えましたが、相当きつかったようです。








それでも、しばらく休憩した後は






走り終わった達成感に溢れ、みんなのとても良い笑顔が見れました。





第3回「たてぬいカップ交流駅伝大会(参加63チーム)」

気になる戦績は、木村木材Aチーム 35分44秒  堂々14位
        木村木材Bチーム 41分59秒  堂々36位  

という結果でした。

年々、良いチームに仕上がって来ました。

今回も、みなさんほんと良く走ってくれました。
マネージャーの「あっくん」も、お疲れ様。



 以上、駅伝部記録係からのお知らせでした。

































 
コメント